文芸/純文学 長編 連載中

愛色日記

作者からの一言コメント

色が見えない私が、しあわせの色を探す話

 幼い頃に海難事故で姉を亡くし、色盲になってしまった不登校がちな少女、愛。精神的療養とモノクロな日常から離れる気分転換を兼ねて、母と担当医から海沿いの田舎町へ夏休みの間だけ移住することを提案される。  諦め半分、渋々承諾して訪れたのは、茄子紺色の髪が特徴的な三兄妹が住む家だった。容姿端麗で母性溢れる長女 古凪、人見知りだが活発な妹 涼風、そして無愛想に見えて実は面倒見のいい弟の涼が迎え入れる。  人付き合いも苦手で一日中緊張していた愛は、せっかく都会を離れたので夜に一人で散歩に出かけてみることに。そこで、古凪たちの友人だという男に出逢う。  色盲で色が見えないはずの愛の目に映ったのは、エメラルドグリーンに煌めく男の双眸だった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 愛色日記
作者名 真愛
ジャンル 文芸/純文学
タグ 女主人公 現代日本 日常 スローライフ ほのぼの ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月30日 1時19分
最終投稿日 2021年3月4日 22時56分
完結日 -
文字数 64,455文字
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る