エッセイ/評論/コラム 設定・プロット 連載中

中世風ファンタジーだろうが、銃撃ちたい! ~ファンタジー舞台で近代文明出しても知識マウントされない方法を模索するぜ~

作者からの一言コメント

異世界でも銃を撃ちたい。撃ちたくない?

 ファンタジー世界で銃を撃つ方法など、 「幻想世界を舞台に、近代文明を出す方法」  を、考えようじゃないか。  あくまでも備忘録。 「自分ってこうやって設定考えてるんだな」  と自身のキャラや設定の構築法を再確認する場所。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 中世風ファンタジーだろうが、銃撃ちたい! ~ファンタジー舞台で近代文明出しても知識マウントされない方法を模索するぜ~
作者名 椎名 富比路(しいな とみひろ)
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 異世界 ファンタジー 冒険 設定 資料 アイデアノート 備忘録
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月27日 17時21分
最終投稿日 2021年1月22日 16時28分
完結日 -
文字数 28,683文字
ブックマーク登録 23件
コメント 109件
スタンプ 94件
ビビッと 5件
応援ポイント 35,450pt
ノベラポイント 55pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なぜ魔女は箒がないと空を飛べないのか

    ♡37,800

    〇430

    異世界ファンタジー・連載中・55話・206,800字 秋生 字連

    2021年1月22日更新

    魔女になるための修行で一人暮らしを始めようとしていた少女ルチカ、ひょんなことから彼女が助けた女の子ハンナは異世界からやってきたというのだ。 ハンナを元の世界に帰すためにルチカは自分の世界の闇に触れて巻き込まれていく。 魔法の起源、異世界召喚術の謎、そして魔法使いがなぜ箒で空を飛ぶようになったのか。 大人たちの思想の争いに少女二人が出した結論とは・・・ こちらの作品は自作のノベルゲーム『魔女は空を飛べない』の再構築小説版になります。 現在ノベプラにて連載中(現在は一部完結)の『もしもし かみさま』にも登場したルチカとハンナの前日譚の物語です。(正式にはノベルゲーム版の方が先に完成していたのでもしもしかみさまの方が後日談ということになりますが) 現在毎週金曜日更新中 表紙イラスト:かすみ

  • 誰かが――哭いている

    ♡92,500

    〇913

    現代/その他ファンタジー・連載中・21話・53,268字 谷識大河

    2021年1月23日更新

    人外の霊的脅威が日常となった世界は、大歴1020年を迎え更なる混迷期へと突入する。 5年間の留学を終え、アイライン王国から九十九皇国へと帰国した天才気導師――真金心治は留学前に保護者となっていた堂島と再会する。 九十九首府の霊的治安を取り締まる霊安局へと入った真金は、幼馴染の巫帯葉子、同い年の久遠雷矢と同僚となり、堂島を課長とした霊安局捜査部第六課が正式に発足された。 若き天才、鬼才で構成された第六課は、突発的に出現する無数の霊魔の討伐が主な役割ではなく、悪辣非道な霊事件や呪いをばら撒く外導師の捜査と排除を専門とする少数精鋭の特殊部隊だった。 霊魔、外導師、呪い、妖魔――そして哭神 霊異が人を蝕み、そして生まれた負の感情を餌に世界の病みはより深まる しかし気導師たちが絶望することはない。いや、絶望すらも受け入れ、前を向こうとするだろう。 誰かが――哭いている その事実が彼らの歩みを鈍らせない 作品は割と硬派な感じですが、イラストやゆるめの外伝なんかを挟みつつまったりやっていければと思ってます。 本作は基本的に日本に似た異世界の国――九十九を舞台としております。実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る