SF 長編 連載中

触手星人のススメ

作者からの一言コメント

女子高生×触手星人による不純異星交遊録

読了目安時間:18時間56分

人類初となる異星人とのファーストコンタクトは〝触手責め〟から始まった――。 UFOや未確認動物など、オカルト系が好きな女子高生・九条ゆかり。 普通の日常を送っていたゆかりの前に、自宅の天井を突き破って空飛ぶ円盤が落ちてきた。 銀色に輝く謎の円盤の中から現れたのは、ウネウネと動くピンク色の髪をもった旧型スクール水着姿の美少女。 〝リリー・テンタクル〟と名乗った彼女は髪が変化した〝触手〟を自由自在に操る地球外生命体であり、リリーとの出会いがゆかりの日常を非日常へと変えていく――。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 触手星人のススメ
作者名 きいせくるみ
ジャンル SF
タグ コメディ 女主人公 現代日本 近未来 百合 宇宙人 触手 オカルト クトゥルフ ノベプラオンリー R15
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年2月10日 22時26分
最終投稿日 2021年5月10日 13時33分
完結日 -
文字数 568,182文字
読了目安時間 18時間56分
ブックマーク登録 17件
コメント 11件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 45,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • アンハッピーワールド

    ループする度に不幸になる、少女の物語。

    15,800

    10


    2021年6月25日更新

    時間を巻き戻す能力を持つ少女、一笠杏(いちがさあんず)。 その特権を使うには『お友達』をひとり殺さなくてはいけません。 星ノ宮第一中学校演劇部。 仲良し4人組のちょっぴり刺激的な日常の開幕です。 「辛い思いや、嫌な思いをせずに、毎日を過ごせれば満足です」 「楽しいことや楽なことだけ掬い取って生きていくのです」 「それが、わたしの幸せです」 ループするたび不幸となる 理不尽な世界で繰り広げられる、学園青春サスペンス!

    読了目安時間:2時間38分

    この作品を読む

  • 異能者の惑星

    SFファンタジーです

    1,000

    0


    2021年6月25日更新

    辺境惑星タラゴンでは、4人の異能者と6人の地球人がサバイバル生活をしていた。なぜ彼らはこんな辺境の地でサバイバルをしているのであろうか? 時は22年前、人類が新たに住める惑星を探して、8人のクルーを乗せた宇宙船ポラリス号が地球を飛び立った……

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 燃えよカイエン ~野生な精霊拳士の珍道中~

    拳法×精霊+もふもふで贈る冒険アクション

    6,100

    205


    2020年4月11日更新

    【全104話 完結】 精霊紋章、略して霊紋。 霊紋を持つ者は、超人と呼ぶに相応しい身体能力と異能を併せ持つ。 中原の覇者であるロザン皇国は東都イタミに、ある日ふらりと一人の少年が姿を現す。 カイエンと名乗るその野生児は、常識がなく、金の持ち合わせもなく、しかし霊紋を持っていた。 イタミに到着するなり巻き込まれた陰謀劇をはじめとして、カイエンの行く手には一騎当千の強者が次から次へと立ちふさがる。 果たしてカイエンは強敵との戦いに打ち勝ち、ひと癖もふた癖もある仲間と共に『世界を見て回る』旅を貫くことができるのだろうか。 「目と耳と鼻と口しかない奴は、どうにも見分けがつき難くてなぁ」 「大抵の人間はそれだけあれば十分よ」 「いや、でも、牙も爪も角も尻尾も無いんだぜ」 「その要素に期待するのは金輪際諦めた方がいいわね」 これは、精霊を宿した野生児が巻き起こす、壮大(になるかもしれない)拳法ファンタジーである。 (「小説家になろう」でも投稿しています)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間50分

    この作品を読む

  • 微笑う死神の追憶

    それは、果てのない無限の旅路

    8,700

    0


    2021年6月23日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む