異世界ファンタジー 長編 完結済

異世界ヒーローデイズ

作者からの一言コメント

うし!

異世界ヒーローデイズの表紙

「変身ヒーローが異世界転生してミノタウロスに!? 代わりにダークエルフが勇者に変身します!?」  変身できなくなった元ヒーロー鋼志郎。彼に代わり、勇者に憧れるアホの子セラヒナが騎走バイザーホルゼに変身して正義を貫く冒険譚。  変身ヒーローの経験を活かしてサポートする鋼志郎と、青臭い正義を掲げるセラヒナ。ミノタウロスとダークエルフという異形のコンビは旅の中で様々な出逢いを経て、少しずつ成長していく。  正義とは何か。  ヒーローとは何なのか。  その答えを見つける二人の旅路、どうか見届けてやってくださいませ。 ※イラストは山猫シガク様(@Lynx_shigaku)より頂きました。 ※この作品は小説家になろう様にも掲載しています。 ※GA文庫大賞第12回後期三次落選【黒鋼の勇者(クロガネのヒーロー)】をネット投稿用に改稿、調整した作品です。 ※総合ランキング日間1位 9/14         週間1位 9/16          月間1位10/6  あとがき投稿日に日間 週間 月間総合ランキング同時1位ランクインしました。 皆様の応援のおかげです。心より感謝をこめて、ありがとうございます!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 異世界ヒーローデイズ
作者名 Yuiz
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 転生/転移 ヒーロー 勇者 ミノタウロス ダークエルフ バトル 変身 魔術 ドラゴン バディ 工事 男主人公 どんでん返し
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年9月11日 19時00分
最終投稿日 2020年10月9日 7時00分
完結日 2020年10月9日 7時00分
文字数 70,191文字
ブックマーク登録 75件
コメント 215件
スタンプ 558件
ビビッと 27件
応援ポイント 496,957pt
ノベラポイント 11,338pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ファンタジー世界でのヒーロー物

    ♡5,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・19話・17,980字 米ちゃん

    2021年1月26日更新

    とある剣と魔法のファンタジーな異世界。 この世界の征服を企む国際的テロ組織『ジーオンズ』が、各地でその猛威を振るっていた。 ジーオンズは、魔法によって戦闘能力を超人的に引き上げる武具、魔道甲冑を開発。 この世界各国の騎士や兵士や、冒険者ギルド所属の冒険者たちは、ジーオンズの戦闘力に太刀打ちできなかった。 たが、ライサンズ王国が独自に、魔道甲冑の開発をして、ジーオンズの脅威に対抗しようとしていた。

  • いつも大変お世話になっております。

    ♡6,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・40話・177,591字 伊達サクット

    2021年1月26日更新

    表紙絵:シャルロッテ(有料オーダーサイト「skima」にて三玉むぢむぢ様に依頼) ※本作は、元は「小説ストーリーテラー」(現在閉鎖)に掲載していたものです。 小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n4691ds/)、pixiv(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7001373)でも掲載しており、既に完結済みです。 また、カクヨム(https://kakuyomu.jp/works/1177354054934775296)でも並行して投下していきます。 ※掲載されている表紙・挿絵の画像は全て作者様から掲載許可を頂いております。誠にありがとうございます。 ※設定等 https://ameblo.jp/standshot/ <あらすじ> 天界に住む勝利の女神・ウィーナは、下界の民に勝利と敗北を振り分けることにより、世の中を調和へ導く役目を持っていた。 しかし、ある時、下界に魔界を統べる握力大魔王が侵攻してきた際、ウィーナは下界に降り立ち、直接下界の民に加担して握力大魔王を滅ぼしてしまう。 神は直接人前に姿を現し、人に加担することを禁じられているため、ウィーナは天界の神々の決定により、罰として死者の魂が集う世界・冥界に追放された。 冥界に落とされたウィーナは、生活の糧として冥界に巣くう悪霊退治の仕事を始める。 それは、自らが敗北の運命を課して滅びていった無念の魂への贖罪も兼ねていた。 冥界に来て十年が経過し、彼女の組織は大きくなり、彼女の下で働きたいという多くの戦士達が集まっていた。そんなある日、冥界に、冥王すら敵わない過去最強の悪霊が出現することとなる――。