異世界ファンタジー 長編 完結済

椅子と付き合った話(椅子こん!)

作者からの一言コメント

幸せいっぱいな椅子さんとの恋愛小説

読了目安時間:13時間33分

総エピソード数:138話

椅子と付き合った話(椅子こん!)の表紙

「どうしても恋愛しないと処刑されるなら、私椅子と付き合うから!」 44街は恋愛至上主義者や恋愛総合化学会等の団体が幅を利かせていた。  しかし突然の『恋愛強制条令』により、相手を求めてクラスター発生!  散々突き放しておいて、渦中に入れなんてそんなのってないよ!    戸惑う彼女の家に椅子さんが現れる。人間は好きになれなかったけど椅子さんは魅力的!  椅子との写真を撮り新しく提出が義務付けられた恋人届を出しに向かうものの、対物性愛は受け取り拒否だという。 恋愛のすばらしさを唄う街で、物や、人外は当然の差別を受けていた。  家の近くに降ってきたヘリのパイロット、アサヒに同情され、名前だけでも自分を描かないかと提案されるがやはり椅子に抱いた思いを曲げたくない。喋るようになった椅子さん、そしてアサヒ、恋人制度に反対する活動家の娘と知り合い、学会の『本当は自由ではない恋愛制度』への疑問と向き合う。 反発によって起きる事件や口封じのための誘拐事件の悲しみを乗り越えようとみんなで頑張るうちに、主人公の椅子との関係も、街中に認められていく。 椅子こん1 https://nico.ms/sm39976391?ref=twitter #sm39976391 #ニコニコ動画 なろうに派生作品が出来ました。→https://ncode.syosetu.com/n0719hb/

総エピソード数:138話

総エピソード数:138話

作品情報

作品名 椅子と付き合った話(椅子こん!)
作者名 対物性愛
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 恋愛 異世界 ファンタジー ときめき ファンタジー 戦い HJ大賞2021後期 シリアス 戦記 ほのぼの アクション/バトル 女主人公 人外 最強主人公
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年9月2日 13時55分
最終投稿日 2022年2月27日 21時30分
完結日 2021年12月22日 1時41分
文字数 406,443文字
読了目安時間 13時間33分
総エピソード数 138話
ブックマーク登録 6件
コメント 0件
スタンプ 12件
ビビッと 2件
応援ポイント 7,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 棘薔薇呪骨鬼譚

    平安時代 × 古代中世中華ファンタジー

    1,500

    0


    2022年7月6日更新

    ★平安時代 × 明治大正ロマン × 古代から中世の中華文化 × ファンタジー★ 主人公は先祖代々皇帝家に仕えてきた〈影〉の存在、杏守《あんずのもり》家の娘、翼禮《よくれい》。 一族は全員仙術師という特殊な存在で、京《みやこ》には他に仙術師は存在しない。 翼禮の血にはかつて最強と謳われた魔女にかけられた|呪《のろい》が大隔世遺伝によって受け継がれており、産まれた時から意志に反して身体に出現する〈棘薔薇《いばら》〉に苦しんできた。 暗殺をもいとわない仄暗い仕事を請け負いながらも、表向きは平穏な普通の家族として生きていたある日、皇帝家が簒奪され、新たなる王朝が誕生した。 国としての変革の時。それは翼禮も無関係ではなかった。 なんと、杏守家が新皇帝によって〈影〉の任務から解雇されてしまったのだ。 しかし、翌日、翼禮だけが再雇用されることとなり、それには理由があることを悟った。 杏守家にはある秘密があり、それが新皇帝にとって脅威とみなされたのだ。 この雇用はある意味監視。人質も同然であった。 両親が意を決して断ろうとした瞬間、翼禮は言った。 「喜んでお引き受けいたします。両親が賜ってきた恩を、わたくしがお仕えすることで少しでもお返しできましたら幸いでございます」と。 見極めてやろうと、そう、翼禮は思ったのだ。 先祖代々仕えてきたにもかかわらずばっさりと一家を切り捨てた新皇帝とやらを。 彼はまだ気づいていない。 〈影〉の中でも、一番厄介なものを懐に入れてしまったことに。 翼禮が請け負った仕事は京《みやこ》の安全を保つこと。 京の周囲にはいくつかこの世とあの世を繋ぐ太門《たいもん》という門がある。 その門周辺には妖魔《もののけ》や凶鬼《きょうき》が巣食っており、人間を食料として襲うという事件が多発していた。 魔物を倒せるのはそれ相応の力を持った者だけ。 翼禮は市井の人々を助けるため、山へ入り、太門に向かった。 すると、そこには普段とは違う、大きな力の痕跡が……。 これは間違いなく、魔物たちの王族、〈禍ツ鬼《マガツキ》〉に違いない、と、翼禮はたった一人、山の奥へと入っていった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間14分

    この作品を読む

  • ハニーローズ ~ 『予知夢』から始まった未来変革 ~

    予知夢から始まる未来変革記

    268,600

    5,545


    2022年7月6日更新

    「背筋を伸ばして凛とありたい」 トワイス国にアンナリーゼというお転婆な侯爵令嬢がいる。 アンナリーゼは、小さい頃に自分に関わる『予知夢』を見れるようになり、将来起こるであろう出来事を知っていくことになる。 幼馴染との結婚や家族や友人に囲まれ幸せな生活の予知夢見ていた。 いつの頃か、トワイス国の友好国であるローズディア公国とエルドア国を含めた三国が、インゼロ帝国から攻められ戦争になり、なすすべもなく家族や友人、そして大切な人を亡くすという夢を繰り返しみるようになる。 家族や友人、大切な人を守れる未来が欲しい。 アンナリーゼの必死の想いが、次代の女王『ハニーローズ』誕生という選択肢を増やす。 1つ1つの選択を積み重ね、みんなが幸せになれるようアンナリーゼは『予知夢』で見た未来を変革していく。 トワイス国の貴族として、強くたくましく、そして美しく成長していくアンナリーゼ。 その遊び場は、社交界へ学園へ隣国へと活躍の場所は変わっていく…… 家族に支えられ、友人に慕われ、仲間を集め、愛する者たちが幸せな未来を生きられるよう、死の間際まで凛とした薔薇のように懸命に生きていく。 予知の先の未来に幸せを『ハニーローズ』に託し繋げることができるのか…… 『予知夢』に翻弄されながら、懸命に生きていく母娘の物語。 HJ小説大賞2020後期 1次通過 ※この作品は、「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」「ノベリズム」にも掲載しています。 表紙絵は、菜見あぉ様にココナラにて依頼させていただきました。アンナリーゼとアンジェラです。 タイトルロゴは、草食動物様の企画にてお願いさせていただいたものです!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:76時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る