現代/その他ファンタジー 長編 完結済

魔法少女に手錠をかけないで

作者からの一言コメント

魔法少女ものです。

読了目安時間:49分

二十七年前、『青い月』の出現と共に、不思議な力を持つ女性たちが次々現れた。  彼女たちは見た目の成長が小学生程度で止まってしまう代わりに、人知を超えた力『魔法(マギカ)』を手にした。  人々は彼女たちをその異能力と見た目から、『魔法少女』と呼んだ。  この物語は、そんな魔法少女を取り締まる小津警察署『魔法少女特殊対策課』に唯一人の男性巡査として所属することになった新米警官と、その上司である魔法少女たちの活躍を綴ったものである…………ってそんな真面目な話ではない。  もっと正しく表すならば、この物語は見た目幼女の女性陣から逆セクハラと、周囲からの言われなき痛い視線を受ける、いたいけな新米警官である俺『神代 鉄子(かみしろ てつし)』の苦悩の日々を綴ったものである。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 魔法少女に手錠をかけないで
作者名 ふぅけ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ アクション/バトル 男主人公 現代日本 魔法少女
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月28日 15時45分
最終投稿日 2020年11月29日 21時15分
完結日 2020年11月29日 21時15分
文字数 24,627文字
読了目安時間 49分
ブックマーク登録 2件
コメント 3件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • キョウセイのF

    よろしくお願いします。

    800

    0


    2021年6月25日更新

    ある日、目が覚めたら知らない天井だった。 記憶喪失で戸惑う中、マーガレットと名乗る女性にいろいろ情報を聞き出そうとすると外から何者かに襲撃されたような音が聞こえてきて――。 ここはどこなのか。どうして自分はFに襲われているのか。そもそもFとは何か。――自分は一体誰なのか。 度重なる悲劇と喜劇を繰り返し、真相に迫る。 完全にうp主の趣味で書いております。 非常に人を選ぶ内容が含まれておりますので閲覧の際はご注意ください。 毎週金曜日12時更新します(予定) この小説には暴力シーンやグロデスクな表現(カニバリズムを連想させるような表現等(該当話:10話))が含まれていますので閲覧の際はご注意ください。 序盤はホラー描写が多々あるためタグに入れておりますが後々の展開はホラーから外れますのでご了承ください。 アルファポリス様にも掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間25分

    この作品を読む

  • おんりょうめもりー ~死人達の記憶と刀の少女~

    おもし

    34,950

    5,745


    2021年6月25日更新

    私は笑った。 私は泣いた。 私は怒った。 私は死んだ。 私は殺した。 人の噂は屍霊を造る。 人は負の感情を抱き死ぬと屍霊となり人を殺す。 そして、例えそれで目的を果たしても自分を抑えられなくなり人を殺し続ける。 誰かが食い止めなければならない。 哀れで悲しい変わり果てた人あらざる者たちを。 不思議な石の力を使って。 秘められた個々の能力を使って。 大切な人との思い出を蘇らせて。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この作品はいわゆるジャパニーズホラー的なものではありません。比較的ライトなホラーです。 この作品で取り扱っている都市伝説は、聞いた名前のものでも設定などはオリジナル要素を多めにして登場させております事はご承知くださいませ。 5章までは一応一括りでつながっています。 様々な事件の裏側でもつれ合う糸。 最終的に明らかとなる真実やいかに。 挿絵の追加状況は活動報告にて行います。 挿絵は誰かに委託しているわけではありません。デザインからラフ、色塗りまですべて自分で行っております。 2019年の秋頃に修正の為非公開にしておりましたが2020/8/9に投稿を再開いたしました。 更新は0時前後と12時前後にすることが多いですが、基本的に不定期です。 2021/4/10現在、完結いたしましたので、修正や添削など行っておりますが、ストーリーに大きな変更はありません。 ※この作品は只今「小説家になろう」「ノベルアップ+」「カクヨム」のみでの公開となっております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間58分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る