現代/その他ファンタジー 長編 完結済

赤備えの琥珀さま

作者からの一言コメント

お客さまは、全員異世界人!?

読了目安時間:5時間21分

赤備えの琥珀さまの表紙

 桐生暁人は新居を探していた。  地上250階の超高層タワーマンションに貼られた、家賃月2万円の広告にフラフラ~と引き寄せられたのが運の尽き。  次々と起こり来る怪現象(主に謎の来客)に立ち向かうことになる。  獅道琥珀  仮想CV:釘宮理恵&大友龍三郎  河童小娘  仮想CV:佐倉綾音  アンジェリカ  仮想CV:高垣彩陽  稟  仮想CV:川澄綾子  ピンクちゃん  仮想CV:小松未可子  上樹瑠璃  仮想CV:沢城みゆき  コーラル・ライオンロード  仮想CV:折笠愛  イラスト協力:はいでたかふみ    @Takafumi_Heideさま。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 赤備えの琥珀さま
作者名 宮明寺勝大
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 鎧女子 河童小娘 人魚 鬼っ娘 鉱物生命体 異世界転移? ラッキースケベ お風呂 不条理
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年8月11日 23時23分
最終投稿日 2019年10月12日 9時01分
完結日 2019年10月12日 9時01分
文字数 160,607文字
読了目安時間 5時間21分
ブックマーク登録 8件
コメント 5件
スタンプ 74件
ビビッと 0件
応援ポイント 8,380pt
ノベラポイント 60pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 夜の王

    眠りから覚めたミイラはヴァンパイア!?

    1,000

    0


    2021年9月23日更新

    とある博物館に展示されていた夜の王というミイラが死んでいないことが発覚した。 学芸員のデイジーは大量の資料を調査した結果、一つの仮説を立てる。 『夜の王はヴァンパイアだから長い年月の間眠っているのではないか』 彼女はその仮説を証明するため夜の王に自らの血を飲ませる。 そして夜の王は目を覚ます…… 現代で目覚めたヴァンパイアは何を思い、なにを語るのか。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • だいちゅきな妹のために神様になりました! それで、神ってなんですか?

    よくわかる宗教の作り方

    55,800

    2,920


    2021年9月23日更新

    めちゃくちゃ昔。 農業というものが始まったころくらい昔。 川の近くに住む原住民ロットエル人は、好戦的なデハンス人に侵略され、下級市民として迫害される毎日を過ごしていた。 そんなロットエル人の少女リィは、怪しいイケメンのお兄さんライラクと再会し、とんでもないことを告げられる。 「ロットエル人の誇りを取り戻すため、世界の創造主(神)になってくれ!」 リィは盲目の妹が安心して暮らせる世界を作るために、嫌々ながら神になることを決意する! でも……。 「それで、神って何なんですか? 神の教えって、なにを教えるんですか?」 前例がないなか、リィは神様として活動しながら、ライラクと共に0から宗教を作り上げていく。 だがリィは、患ったら二年で死んでしまう不治の病に侵されてしまうのだった。 これはまだ、神という概念が存在しなかった時代の話。 ジャンル別日間一位頂きました! やったね!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • オストリーバ興亡史~ある転生辺境伯の生涯

    中世ヨーロッパ的な世界が舞台です

    41,700

    0


    2021年9月23日更新

    帝国主義華やかなりし頃の『大陸』。オストリーバ帝国宰相であった主人公は大陸大戦の末期に、軍部や民衆の反乱により拘禁され、その混乱の中で銃殺される。 次に目が覚めると、そこは『中世』のわが祖国、オストリーバ神聖帝国に新しい命を受けていた『彼女』。帝国内の小さな領邦の荘園の領主の娘として生まれた主人公ハルトウィン=ゼーバルトは女領主として育てられ、戦乱の帝国の中で再び政治の手腕を試される。 さして豊かでもない荘園。さらには異民族・異教徒の侵略。帝国内での領邦同士の内紛。さまざまな問題が彼女の目の前に山積みされていた。 果たして彼女はこの局面を切り抜けることができるだろうか......?! ※アルファポリス様でも連載中です。

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • 奈落の王と嘆きの女王

    「右の核を撃たれたら左の核を撃てよ!」

    814,900

    12,107


    2021年9月22日更新

    西暦2022年。世界各地で遺物と呼ばれる異文明の痕跡が見つかり始めて半世紀以上が過ぎようとしていたこの時代、世界は東西の冷戦を経て今なお戦禍の炎に包まれていた。遺物は兵器に革新をもたらし、その技術によって作られた拡張人型機動戦車――EPTと呼ばれる大型の人型兵器が戦場の主役になっていた。大国政府がこぞって遺物の収集と確保を推し進め、その過程で巻き起こる領土紛争や小国への蹂躙。人類に破滅を告げる時計の針は確実に加速していた。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは一切関係がありません。 この作品に特定の国家、人種、民族、宗教、政治団体、企業、その他あらゆる組織や個人、思想を誹謗中傷する意図はありません。 また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:44時間19分

    この作品を読む