現代/その他ファンタジー 長編 連載中

「街の人に聞いた! 今週の『キニナル❤️お人好し』第1位!」に輝いたのは、「なんちゃって行政書士」のわたくしのお兄様なのです

作者からの一言コメント

現在、他行中(→「ツイてない…」)

読了目安時間:14時間55分

人と妖(あやかし)のハーフ「半妖」およそ千人が、人に紛れ暮らす街「東京特別4区」で、天啓を受け行政書士となった春主水(はる もんど)。  古より生き永らえ帝都支部を導く「永遠の後期高齢者」の支部長や、先輩行政書士の文太さんら周囲の支援を受けつつ、パート勤務の傍ら「なんちゃって行政書士」として、人と半妖達のお役に立つべく活動を開始いたしました。  「お人好しは才能」と言い切る支部長の薫陶を受けながら、「人と半妖が気兼ねなく楽しく暮らせる」未来を夢見て、今日も誠心誠意・コツコツと、地道に地味な案件に悪戦苦闘しております。 (★不肖、わたくしこと「妹」の美冬がご紹介申し上げました。お兄様共々、何とぞよしなに、衷心よりお願い申し上げます。残念ながら、「爆笑」はございません。誠に申し訳ないことでございます)

前へ

次へ

作品情報

作品名 「街の人に聞いた! 今週の『キニナル❤️お人好し』第1位!」に輝いたのは、「なんちゃって行政書士」のわたくしのお兄様なのです
作者名 英晴
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 法務 下町 人外 家族 日常 現代日本 R15 ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月19日 23時00分
最終投稿日 2021年8月14日 0時05分
完結日 -
文字数 447,726文字
読了目安時間 14時間55分
ブックマーク登録 20件
コメント 194件
スタンプ 418件
ビビッと 26件
応援ポイント 284,406pt
ノベラポイント 1,345pt
応援レビュー 2件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 最底辺であがく僕は、異世界で希望に出会う~自分だけゲームのような異世界に行けるようになったので、レベルを上げて、みんなを見返します

    最底辺から最強目指しても良いですか?

    160,500

    260


    2021年9月20日更新

    流星雨が降り注いだ夜、モンスターが徘徊するダンジョンが、世界中に出現した。 平和な日々は終わりを告げ、ダンジョンに潜り、モンスターを狩る事は、人々の義務となった。 最低ランクの能力しか持たない僕は、馬鹿にされながらも、強者の荷物持ちとして、ダンジョンに潜る日々を送っていた。 希望も何も無いそんな日々は、偶然手にした一枚の紙によって、終わりを告げた。 これは、最弱だった僕が、最強を超えて、二つの世界を救うまでの物語。 イラストは、ココナラのちろりるら様に描いて頂きました。 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも公開中

    読了目安時間:42時間56分

    この作品を読む

  • オレと巫女たちと守護神

    少年と巫女たちと守護神のお話

    6,800

    0


    2021年9月20日更新

    猿田比古神社の後継者で中二のオレは、幼なじみの幸が悪しき縁に憑かれていると猿田比古神から知らされ、悪しき縁を魔除けの秘技で断ち切った。これがきっかけで幼なじみの幸と奈都が春休みにオレと妹の耀子とともに修行することになった。幸と奈都は耀子と同じに生霊を感じる心を持っていた。 一日遅れて知りあいのユウコ姉ちゃんが修行に加わった。彼女は脳の血管に奇形があり心を病んでいた。宮司の父と神々の指導でオレは彼女の心の世界に入り、彼女の心を満たした。母と鈿女神の指導もあり彼女の心は快方へむかった。 祈祷祈願者の生霊が幸と奈都に憑いた。オレはお祓いの祈祷をして生霊を祓った。伊奘諾神と伊奘冉神は生霊を放つ祈祷祈願者の心を満たし、オレに、人は心を満たすために生きていると教えた。罔象女神は、修行は他の多くの心を見て、オレの心でそれらを満たすことだと教え、神の心をオレに授けた。思兼神は、他の心に神の思いと心を伝えるために神の心を使えと教えた。オレたちは祭事と修行を重ねた。 修行の労をねぎらい皆で夕食をした帰り、オレは交通事故で大怪我をし入院した。猿田比古神は、破端霊が応現神になれるオレを狙ったといった。オレの心は応現神を理解しつつあった。 示談交渉で病室を訪れた弁護士から破端霊が現れてオレたち消滅しようとした。父の知人の弁護士から須佐之男神が現れ、オレの心と同調して破端霊を討った。耀子と幸と奈都とユウコ姉ちゃんはオレと同じ心の持ち主でその戦いを見ていた。 大怪我にも関わらずオレは病い平癒の神々の守護で二ヶ月余りで退院した。月読神は、心が豊かになれば心と心がつながり、他の心の世界へ行き来でき留まるのも可能だと教えた。オレたちは祭事と修行を重ねた。そして、皆が凡人だと思っていた父が心でオレたちに語りかけた。父はオレたちが応現神という凡人になれるといった。オレは、神々がオレたちを神々の後継者に認めたのを感じた。

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る