異世界ファンタジー 長編 連載中

終焉の幼女エルルと死なずのライザ

作者からの一言コメント

命の限り、死なずの終焉を。

読了目安時間:8時間42分

終焉の幼女エルルと死なずのライザの表紙

魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』——『ライザ・テオドール』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしているロリコンであり、幼女となったエルルに一目惚れしてしまう。 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす『機械』と『魔法』のファンタジー! そして至る、世界の真実。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にするモノとは——? 【お知らせ】 ・第2話完結!!読むなら今! ・★マークが付いた話には美麗な挿絵があります! ・全てのイラストは、最後にもまとめて掲載しています!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 終焉の幼女エルルと死なずのライザ
作者名 囲味屋かこみ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル シリアス ギャグ 女主人公 異能 幼女 ほのぼの 挿絵あり HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年3月1日 22時24分
最終投稿日 2021年5月4日 22時32分
完結日 -
文字数 260,857文字
読了目安時間 8時間42分
ブックマーク登録 354件
コメント 170件
スタンプ 774件
ビビッと 145件
応援ポイント 1,591,897pt
ノベラポイント 36,796pt
応援レビュー 10件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 自主企画「悪の祭典」

    一番「悪い奴」は誰だ!

    134,300

    159


    2021年5月8日更新

    悪人が登場する作品を投稿して執筆者および読者の投票により「一番悪い奴」を決める自主企画です。詳細は3月17日発表の募集要項をお読み下さい。 表紙及びTwitterのイラストは東雲いづる様よりいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 蒼き瞳の異能破壊者

    異能を壊す力を持つ主人公のバトラブ!

    2,700

    0


    2021年5月7日更新

    太古の昔、一人の人間である最初の異能発言者(ファーストアビリティ-)が世界を歪ませる程の大規模異能を発動したことにより、様々な種族やエルフなどがこの世界に来訪した。 数多の戦争を繰り返したが、当事者の最初の異能発言者により和平が行われてその大戦争が終結した。 それから数千年の月日が経ち、世界は異能を使って様々な進化と発展を繰り返し、異能者を育成する機関が増えつつあった。 東の大陸と言われる巨大なユースリティア大陸の聖都地域にある第一異能学園に通う少年リク・ワンストは、新学期を迎えて二年生へと進級した。 ある時、学園で不可思議な事件が発生し、それの調査を行うリク。 そしてその際にリクは運命的な出会いを果たす。 彼女の名前はアテナ・セブンス。異能者の中でも特に優れている家系であり、世界で十人しか存在しない最高超越者の一人だった。 アテナとリク、二人の出会いが全ての物語の歯車を動かすことになるのだった! 異能破壊者の二つ名を持つ少年と最高超越者と呼ばれる少女による、バトルコメディ!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間56分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • スキルのある異世界について考えた諸々【異世界ファンタジー設定コンテスト応募】

    スキルの概念を軸に考えました。

    0

    0


    日時集計中

    世界観として納得できて、かつ現代から転生しても楽しめるような世界がいいですよね。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 残響の天使

    剣を捨てた剣士と翼を失った天使が紡ぐ物語

    50,600

    0


    2021年5月8日更新

    天使と魔族が争った魔力戦争。 天使と人間が争った天地戦争。 二つの大戦を経たこの世界は、人間の時代を迎えている。 天地戦争終結から100年後。かつて「世界最強の剣士」と謳われたツバサは、魔力を持たぬ人間という種族には決してそぐわない、超常的な身体能力を有していた。とある理由で剣を手放し、今はどこまで続くか分からない不老の人生を世捨て人のように過ごしている。 ある日、旧知の仲間がツバサの元に訪ねてきた。その用件は、新たなる戦いを予兆するもので――――。 これは、天使が空翔ける神話の終焉録。 最後の主役は、翼を失った大天使と、剣を握れなくなった人間の剣士。 神話の終わりに。 この空の果てで、何を残しますか。 【キャラクターイラスト】 いべりこ様 https://www.pixiv.net/users/10344748 【兵器・甲冑イラスト】 陸一じゅん様 https://twitter.com/Daikiti_June ★マークは挿絵有り。不定期で挿絵が追加されていきます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:9時間44分

    この作品を読む