連載中 長編

彼岸の花束

作者からの一言コメント

謎が謎を呼ぶダークファンタジーミステリー

目を覚ますと、男は記憶を失っていた。 男はなんとか記憶を思い出そうとしたが何も思い出せず、途方に暮れ、辺りを見渡すと辺りには謎の血溜まりが広がっている。 見に覚えのない血溜まりに一人困惑する男。 そして男は近くの岩に退屈そうに座っている不思議な格好をした女を見つける。 話しかけてみると女は唐突に『私があなたを殺した。でもあなたは生き返った』とだけ告げた。 正体不明の女との邂逅。 それにより、物語は少しずつ動き始める。 【男と女の過去】 【崩壊した世界の謎】 【不死の男を女が殺し続ける理由】 複雑に絡まった謎が物語が進むにつれて徐々に紐解かれていく。 荒廃した世界観で紡ぎ出すダークファンタジーミステリー、続きは本編で。 ※毎日17:15分に更新、8月31日完結

前へ

次へ

作品情報
作品名
彼岸の花束
作者名
木原 唯
ジャンル
ミステリー
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年7月22日 17時15分
最終投稿日
2019年10月18日 21時00分
文字数
159,952文字
ブックマーク登録
122件
コメント/スタンプ
662件
応援ポイント
385,880pt
ノベラポイント
36,143pt
応援レビュー
4件