Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

夜ひらく

読了目安時間:3分

夜釣り

翌日、仕事が休みだった俺は一人、夜釣りをしに海にきていた。 予報は晴れだったのに、月も星も雲に隠れて海は夜の闇に沈んでいるかのようだ。それでも背後にある街灯のおかげで、釣り人が立つ処が闇に閉ざされることはなかった。 釣りを始めて二時間が経つが魚は釣れない。 「今日はダメだな」 隣にいた先客がそう独言て帰り支度を始めた。 去り際に、俺に向かって 「あんたも今日は諦めて、早いとこ引き揚げた方がいいよ」 そう言った。そしてさらに耳元でささやいた。 「奴が見える時は長居しない方がいい。日付けが変わる前に早く帰れ」 俺は先客に視線を向けた。だが相手の表情までは見えない。 誰のことを言っているのか尋ねようとしたが、その人は急ぎ早に行ってしまった。 辺りを見渡すと、他に数人いた釣り人もいつの間にか帰ったらしい。残っているのは俺とずっと離れた処にいる一人だけだった。先客が言った奴とはその離れた処にいる人のことなのか… よくわからないが、薄気味悪くなった俺は釣り道具を片付けた。 背後の道路に寄せて停めておいた車に荷物を乗せる。 時計を見た。 時間は日付けが変わる少し前。 俺はタバコに火をつけた。 煙を吐きながら最後の釣り人がいる方を見た。だがここからはその姿は見えない。 何気なく道路の先を見やった。 この道路は街灯で明るい。 明るいはずなのに先は暗い。まるで灯りのない夜の海のようだ。 なんでだろう。 俺はその闇を凝視した。 カタカタカタ その闇の奥から音がした。 カタカタカタ 何か引いているような音。 闇の中から何かがこちらへ近づいてくる。 眼を凝らしてみると、老婆が乳母車を押して歩いていた。 闇から現れた老婆は今では街灯の下をこちらへ向かって歩いている。灯りの下にいるのに、老婆の周りは仄暗い。 カタカタカタ 大きな乳母車を押している老婆の、無造作にまとめられた白髪はほつれてもつれている。 古めかしく色褪せたショールをひきづりながら近づいてくる。 何故だろう。 街灯の下、明るい道を歩いているのに、闇を纏うかのように老婆の周囲は暗い。暗いのにその姿ははっきりと見える。 その矛盾に身震いがした。 これは見てはいけないモノだ。 本能がそう告げた。 ガタガタガタ 俺は身体の震えをとめることができなかった。 カタカタカタ 闇を引き込みながら老婆が俺の側を通りすぎる。 気づかないでくれ! 心の中で思いながら、息を潜める。だが身体の震えは止まらない。 ガタガタガタ カタカタカタ ガタガタ カタカタ 身体の震えと乳母車を引く音が重なる。 カタッ 俺は持っていたライターを落とした。 小さな音だったが老婆は聞き逃さなかった。 老婆は顔を上げたかと思うと、俺の方を向いた。 眼があった。 あったと思った。 だが老婆には眼球がなかった。 代わりにあるのは二つの虚無の闇だった。 だが、俺は老婆の視線から眼を離すことが出来なかった。 老婆の顔に穿たれた二つの虚無から溢れてくる闇。 その闇の中に浮かび上がる、二つの眼球。 「その眼をみてはいけないよ…人でいたいならね」 背後で声がして、ハッと我に返った。 後ろを振り返るが、誰もいない。 再び老婆をみるが、すでに先を歩いていて、やがて闇に溶けていった。 その後、俺は急いで車に乗りその場を離れた。 いつの間にか落としたと思われる、火のついたタバコのことを思い出したのは、1日経ってからだったが、近辺で火事があったというニュースは聞かないので、大丈夫だと思う。 恐怖で落としたライターは高価な物だったが、どうでもよかった。 あの老婆は幽霊とかそういうモノではないと思う。強いて言うなら妖怪の類いか…。 「その眼をみてはいけないよ」 あの言葉がなかったらどうなってたのだろう。 男の声だったような気がするが、今ではあまり思い出せない。 あれ以来、釣りはしていない。

この話は私のブログに載せている話で、怖話というサイトにも載せています。 話は知人が体験した話を元に創作したものです。

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • Horror Dinner 〜××高校の放課後怪奇譚〜

    恐怖は彼の食事である

    5,100

    5


    2021年9月19日更新

    毎週火曜日・金曜日・日曜日に更新。 田舎町が舞台となった不気味なホラー。 【あらすじ】 四方を山に囲まれた田舎町、月無町。 小さく平凡な町に見えるそこは、幽霊などによる被害が絶えなかった。 町にある唯一の高校、××高校の敷地内にある旧校舎には幽霊が出る。その幽霊は、どんな願いでも叶えてくれるらしい。 そんな噂話を信じた幽ヶ谷鬼灯《かすがだに・ほおずき》は、自分の願いを叶えてもらおうと旧校舎を訪れる。 そこで出会った幽霊ユーイルは、他人の恐怖を食って生きるらしく……? 「幽霊を引き寄せる体質をどうにかしてほしい? そんなオレ様に都合の良いモノを持ち込んでくるとは大変結構。どれ、オレ様の為に働け」 幽霊を引き寄せる特殊体質を利用され、鬼灯は悪霊の食事として恐怖を提供することになる。 悪習、異界駅、立ち入り禁止の場所……果たして今日の彼のご飯は一体何?

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

  • 禁地教授の混沌たる事件簿

    偏屈教授と大学生の怪奇サスペンス

    10,500

    120


    2021年9月19日更新

    禁地花太郎教授は奇妙な大学教授だった。見る人によって姿が変わり、狂気じみた語りで生徒たちを大いに振り回す弩級の変人。僕こと大野安慈はそんな風に振り回されるながらも教授と会話を交わす生徒の一人だった。だがある日を境に僕は知ることになる——名状しがたき恐怖と、見も毛もよだつ狂気にまみれた現実を。ある「箱」の噂が、僕の日常を血に染めていく。 「助けてください……教授!」 「君には呑まれる勇気があるかい——深淵に」 これはしがない僕と混沌を宿す教授が怪異に立ち向かう、そんなお話だ。 5/13 第一章 コトリバコ編完結しましたー ※グロテスク表現あり

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • わたろぼ~私がロボって言うのは秘密です。そう言う設定にしなさいって博士が言ってた。~

    附録《羊っ娘はーちゃんの憂鬱》公開

    145,750

    50


    2021年8月21日更新

    「こんばんわー。夜分すみませーん。てへぺろ(真顔)」 魔法(呪文)を唱える『天然系美少女アンドロイド』に振り回される女子高生のちょっぴりエッチで愉快な物語 お嬢様キャラが崩壊していく『あかね』と、自由奔放な天然キャラのロボ『みかん』のダブルヒロインでお送りするちょっぴりエッチな学園ロボットSFコメディ!!(って言う設定にしておけって、博士が言ってた) ~あらすじ~ 胡桃沢(くるみざわ)あかね16歳。 東京都内でもトップクラスの慶蘭(けいらん)女子高校1年生。 成績優秀、品行方正、スポーツ万能と非の打ち所のない美少女だけれど、あくまでもこれは表の顔。 本性は乙女ゲーム、アニメ好き、中でもBLが大好きな『腐女子』だ。もちろん、これは自分だけの秘密で、友達、家族には絶対にバレてはならない。 そんなある日、突然あかねの前に『自分はロボだ』と言う女の子が現れた。 子供の居ない家庭にロボを提供するビジネスを開始することに向けての試作品であると言う。あかねと一緒に暮らして、人間の女の子のデータを取得する目的だと言う。 画:空想代理人達のアトリエ/松本烈〈わい〉様、嶋田美由様

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間56分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    944,211

    3,841


    2021年9月19日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間48分

    この作品を読む