Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

夜ひらく

読了目安時間:3分

死臭

「私、人が亡くなるのがニ週間くらい前からわかるんです」  仕事を終えて、駅の近くの居酒屋でお酒を呑みながら、ご飯を食べている時だった。後輩のM子が言った。  M子の話によると、人は死ぬニ週間くらい前から死臭を放つらしく、その臭いでM子はその人の死期が近いことを知るのだそうだ。  だが、普通はそんなに早くから死臭はしない。でも嗅覚が鋭くて、死期が近い人の身体の内部(内臓)が発する腐敗臭(死臭)を、敏感に感じとる人が稀にいるらしいと、以前誰かから聞いたことがある。  きっとM子はそうなのだろう。 「嗅覚が普通より敏感なんだね」  そう言うと、M子は複雑そうな笑みを浮かべた。 「子供の頃からそうだったんですけど、でもその臭いがするのは年配の人が多かったので、加齢臭だと思ってたんです。でもこの仕事に就てからそれが死臭なんだって気づいたんです」  私たちはナースだ。普段から病気の人と接し、普通の人よりも死を間近に看てる。 「回復に向かっているように見えても、その臭いがすると二週間くらいで病状が悪化してステります(ステルベン=亡くなるという意味)」  必ず。  例外はない。  M子はそんな風に言った。  今日は立て続けにステルベンがあった。  新人ナースのM子には、ハードだったかもしれない。 「そう言えばさ、レントゲン技師のK君っていいよね」  私は話題を変えた。レントゲン技師のK君は年配の人に優しい、爽やかな好青年だ。仲間うちでは、彼はM子に気があるのではないかと噂している。  M子は可愛く、二人はお似合いだと思う。  余計なお世話かもしれないけど。 「M子 今彼氏いないって言ってたよね。K君なんかどう?」  私が尋ねると、M子は困ったような表情を浮かべた。 「K君はいい人だと思うけど…今は仕事で手一杯で、彼氏とか無理です。それに…」  M子は暫し沈黙のあと、言葉を続けた。 「…今日話した時 気づいたんです。K君から臭ってくるんです」  今日 仕事中、レントゲン室に患者を迎えに行って会話した時に、K君の口元から死臭がしたというのだ。  私は困惑した。K君は見た目には健康そうに見える。 「K君 病気ってこと? そんな風には見えないけど…K君に話して検査してもらう…?」  私の言葉にM子は首を横に振った。 「無駄だと思います。そんなこと言ったら変な人だと誤解されるのがオチです。それに…」  M子は言い淀んでから話を続けた。 「例え病気じゃなくても、死に捕まった人からは臭いがするんです」  言ったあと、M子はしまった!という顔をした。  M子はため息をついて 「先輩変なこと言ってごめんなさい。もう忘れて下さい」  それきりM子は話をするのを止めてしまい、私たちは気まずい雰囲気で店をあとにした。  それから二週間後。  K君が死んだ。  病死ではなく、オートバイでの事故死だった。  朝の申し送りでK君の死を知った私は夜勤明けのM子に視線を向けた。心なしか蒼ざめて見えるのは夜勤疲れのせいなのか。  K君の事故死は偶然で、実は病魔に侵されていたのかもしれない。確認してないからわからない。  M子が言ったように病気でなくても、死の運命が間近に迫った人からは死臭はするのか…?  それとも…  M子が感じる死臭は人が発するものではなく、その人の背後に迫る、死神が放つ臭いなのかもしれない。  そんなことを考えながら、私は知らず知らずの内に、手で自分の口を押さえていた。

この話は他のサイトでも公開しています

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • Horror Dinner 〜××高校の放課後怪奇譚〜

    恐怖は彼の食事である

    5,100

    5


    2021年9月19日更新

    毎週火曜日・金曜日・日曜日に更新。 田舎町が舞台となった不気味なホラー。 【あらすじ】 四方を山に囲まれた田舎町、月無町。 小さく平凡な町に見えるそこは、幽霊などによる被害が絶えなかった。 町にある唯一の高校、××高校の敷地内にある旧校舎には幽霊が出る。その幽霊は、どんな願いでも叶えてくれるらしい。 そんな噂話を信じた幽ヶ谷鬼灯《かすがだに・ほおずき》は、自分の願いを叶えてもらおうと旧校舎を訪れる。 そこで出会った幽霊ユーイルは、他人の恐怖を食って生きるらしく……? 「幽霊を引き寄せる体質をどうにかしてほしい? そんなオレ様に都合の良いモノを持ち込んでくるとは大変結構。どれ、オレ様の為に働け」 幽霊を引き寄せる特殊体質を利用され、鬼灯は悪霊の食事として恐怖を提供することになる。 悪習、異界駅、立ち入り禁止の場所……果たして今日の彼のご飯は一体何?

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

  • 禁地教授の混沌たる事件簿

    偏屈教授と大学生の怪奇サスペンス

    10,500

    120


    2021年9月19日更新

    禁地花太郎教授は奇妙な大学教授だった。見る人によって姿が変わり、狂気じみた語りで生徒たちを大いに振り回す弩級の変人。僕こと大野安慈はそんな風に振り回されるながらも教授と会話を交わす生徒の一人だった。だがある日を境に僕は知ることになる——名状しがたき恐怖と、見も毛もよだつ狂気にまみれた現実を。ある「箱」の噂が、僕の日常を血に染めていく。 「助けてください……教授!」 「君には呑まれる勇気があるかい——深淵に」 これはしがない僕と混沌を宿す教授が怪異に立ち向かう、そんなお話だ。 5/13 第一章 コトリバコ編完結しましたー ※グロテスク表現あり

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • プラネット・アース 〜地球を守るために小学生に巻き戻った僕と、その仲間たちの記録〜

    地球の運命は、小学生たちに託された。

    687,912

    25,095


    2021年8月26日更新

    まさに社畜! 内海達也(うつみたつや)26歳は 年明け2月以降〝全ての〟土日と引きかえに 正月休みをもぎ取る事に成功(←?)した。 夢の〝声〟に誘われるまま帰郷した達也。 ほんの思いつきで 〝懐しいあの山の頂きで初日の出を拝もうぜ登山〟 を計画するも〝旧友全員〟に断られる。 意地になり、1人寂しく山を登る達也。 しかし、彼は知らなかった。 〝来年の太陽〟が、もう昇らないという事を。 >>> 小説家になろうからの大幅修正・転載版です。 改稿による若干の違いがありますが、お話の流れは変わりません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間34分

    この作品を読む

  • わたろぼ~私がロボって言うのは秘密です。そう言う設定にしなさいって博士が言ってた。~

    附録《羊っ娘はーちゃんの憂鬱》公開

    145,750

    50


    2021年8月21日更新

    「こんばんわー。夜分すみませーん。てへぺろ(真顔)」 魔法(呪文)を唱える『天然系美少女アンドロイド』に振り回される女子高生のちょっぴりエッチで愉快な物語 お嬢様キャラが崩壊していく『あかね』と、自由奔放な天然キャラのロボ『みかん』のダブルヒロインでお送りするちょっぴりエッチな学園ロボットSFコメディ!!(って言う設定にしておけって、博士が言ってた) ~あらすじ~ 胡桃沢(くるみざわ)あかね16歳。 東京都内でもトップクラスの慶蘭(けいらん)女子高校1年生。 成績優秀、品行方正、スポーツ万能と非の打ち所のない美少女だけれど、あくまでもこれは表の顔。 本性は乙女ゲーム、アニメ好き、中でもBLが大好きな『腐女子』だ。もちろん、これは自分だけの秘密で、友達、家族には絶対にバレてはならない。 そんなある日、突然あかねの前に『自分はロボだ』と言う女の子が現れた。 子供の居ない家庭にロボを提供するビジネスを開始することに向けての試作品であると言う。あかねと一緒に暮らして、人間の女の子のデータを取得する目的だと言う。 画:空想代理人達のアトリエ/松本烈〈わい〉様、嶋田美由様

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間56分

    この作品を読む