エッセイ/評論/コラム 短編集 完結済

勇者が魔物で、魔物がニートで。

作者からの一言コメント

ゆうしゃよ!しのうとするとはなさけない!

【エッセイ:不定期更新】 これは元社会人《現ニート》である【鬱っぽいけど、そうでもなさそうな】ヲタク著者がゼロからやり直すためのおはなし。 悪い大人の見本ですが、よろしければ笑ってやってください。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 勇者が魔物で、魔物がニートで。
作者名 赤津ナギ
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 心と身体フェア シリアス 勇者 現代日本 ノベプラオンリー 日常 ニート 魔物 エッセイ オタク パロディ R15 ありがとうノベプラ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月9日 2時47分
最終投稿日 2020年7月3日 0時00分
文字数 47,000文字
ブックマーク登録 22件
コメント 53件
スタンプ 82件
ビビッと 0件
応援ポイント 32,100pt
ノベラポイント 110pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 新人魔法士たちが集まる研修、そこで……

    ♡1,365,965

    〇27,251

    現代/その他ファンタジー・連載中・91話・354,300字 秋真

    2020年11月23日更新

    ある『出来事』から日常は一変する。 その出来事の後、 各地に現れた魔法を使える者たち。 それぞれの『属性』に応じて魔法を『呼ぶ』。 国は彼らに「魔法士」の資格を与え士業に列し、その管理下に置いた。 混乱した社会。治安の悪化。 各地の人々はそれぞれの地域の都市圏ーエリアーに強制的に移住させられる。そこでのAIに管理された快適な生活。社会は落ち着きを取り戻しつつあった。 都内私立大学法学部に通う大学1年生、羽田悠貴。 テニスサークルにバイトに、とそれなりに満喫しているもののどこか満たされない日々。 サークル同期での学年合宿へ向かう悠貴たち。 そこで起こった出来事が悠貴の運命を変える。 ※※※※※※※※※※※ 初めまして、秋真(あきま)と申します。 都内で司法書士として働いています。 仕事の移動中の妄想をふとした時に小説にしてみたいと思って書き始めてみました。更新は暫くは仕事の関係で不定期になるかもですが週に何回かは更新していきたいと思っています。 現役司法書士が移動中の電車で描く妄想世界。 皆様方の暇潰しに少しでもお役立て頂ければ幸いです。 若輩者ですが宜しくお願い致します! ※こちらの作品は小説家になろう様、NOVELDAYS様にも投稿させて頂いています。

  • 家出少年と怨霊幼馴染の暴走青春ジュブっ

    ♡37,000

    〇1,000

    現代/青春ドラマ・連載中・5話・10,698字 真坂

    2020年11月23日更新

    冨貴乃東寺は今困っていた。 生まれて生きて16歳高校男児。 両親は先日子を捨てて夜逃げした。しかし東寺は気付かずに四畳半の自室で一人畳で大富豪をしていた。 彼はその日、自宅のドアがバンバン叩かれてヤクザ者に借金の返済を迫られる。両親が残した借金は3000とんで20万。とても払えないと踏んだ東寺は家の隠し通路から逃げ出した。 幽霊と一緒に。 「ねえねえふっきー! お金も無いのにどこ逃げるの?」 「親探すしかねーだろ!」 「多分その親もお金ないよ」 「警察に保護……はさておき、いくぞ。レッツ都会! コンクリートジャングル!」 「東京バナナひゃっほー!おらワクワクしてきた!」 幼馴染の幽霊、福住小菜は10年前に一家無理心中で家族に殺されてから家に来てもう10年の付き合いになる東寺の相棒であり、怨霊であり、友達である。 冬のあるイベントの日、カボチャのマスクをして、全身黒タイツを着て、機関銃を持ってちびっこを脅しに回るイベントで、小菜はその時だけ生き返り、まるで生きているように外を駆け回っていた。 そんな彼らだけが知る特別な世界。 家出(夜逃げ?)少年と怨霊?幼馴染コナの涙あり笑いありな現代社会舐め舐め大冒険は始まった!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る