恋愛/ラブコメ 短編 完結済

ミステリーを書きたいヒロインは賭けをする

作者からの一言コメント

賭けといってもギャンブルではないので……

読了目安時間:1時間11分

月岡照は「どんなことにも8割まで出す」という全力を出さない信念をもって高校生活を過ごしていた。しかしどこか刺激的な日々を求めている自分もいることも自覚している。 ある日、月岡照は喫茶店「あふろ」でバイトをしていると、同じクラスの美少女、常盤京がその店やってきた。そして、彼女から「財布を忘れた」と告白を受けて仕方なく肩代わりをすることになる。 ミステリーを書きたいヒロイン常盤京はその日の出会いをきっかけに月岡照にあるお願いをして2人はある盟約を交わすこととなる。 ラブコメですがエッチな要素ないです。ほんとすいません。 この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ミステリーを書きたいヒロインは賭けをする
作者名 七味 こう
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ほのぼの 男主人公 学園 現代日本 日常 ミステリー要素あり 青春 恋愛 ラブコメ 女主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月20日 17時00分
最終投稿日 2020年9月21日 15時00分
完結日 2020年9月21日 15時00分
文字数 35,602文字
読了目安時間 1時間11分
ブックマーク登録 4件
コメント 12件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 140字のふたり

    それでも私は恋をしている

    583,285

    4,547


    2021年9月20日更新

    コロナ禍で、部活ができなかったり、登校できなかったり、制約ばかりの生活の中、それでも恋をしている高校生たちの姿を描く140字小説。 冬から春、そして夏へと、四季の移ろいをたどりながら、ふたりの何気ない日々をつづります。 * * * * * * * 読者様のアンケートを元に、最もきゅんきゅんするエピソードを厳選した 「140字のふたり ベストセレクション」 を公開中。純度の高いきゅんをお求めの方はどうぞ。 * * * * * * * 「どっかの高校放送部員が朗読してみた」さんが、1月編「紹介」を朗読してくれました! ためらいがちな彼女の質問と、笑っている目がずるい彼の答えと。 ぜひ耳でも味わってみて下さい! https://www.youtube.com/watch?v=0EC-we12Hog * * * * * * * 表紙イラストは、アメユジさんに制作いただきました。 アメユジさんのポートフォリオはこちら。 https://ameyuji.myportfolio.com/ 大人の絵本のような素敵な世界です!

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

  • ほろにがブラウニーとあまあまボンボン

    甘党リーマンとパティシエの恋のお話。

    600

    0


    2021年9月20日更新

    自他共に認める甘党サラリーマンの桜井紘夢は、年に一度の大イベント(バレンタイン)にほろ苦くて美味しいブラウニーと出会う。 近隣の洋菓子店は把握している筈なのに。知らなかったお店に興味を惹かれ仕事上がりに向かうことにすると、そこにいたのは自信を喪失中のイケメンパティシエ、小木雄大。売り上げが奮わず落ち込む彼へわざわざ買いに来た味だと慰める紘夢が言われたのは、「相談役になってください」だった。 相談役と言われながらもただ好物を食べるだけ。しかもプロの味を無料でご馳走になるだけ。それなのになぜか好かれてしまい、日々メッセージのやり取りをおこなうのが普通となる。 おかしな友達……そう思っているのに、距離感のおかしな小木にどんどん気持ちが惹かれていく桜井。 甘い物を見れば直ぐに彼が思い浮かぶ自分に呆れていると、職場の先輩と出掛けたスイーツビュッフェで「恋してるって顔をしてる」と指摘されてしまう。いやいや相手は男の人――そう否定しても、先輩に指摘されることが的を射ていた。 しかしこの気持ちを伝えたらこの繋がりは終わってしまうかも知れない。 せめてものお礼に得意な料理でもてなそう。桜井が最後の思い出のつもりで、ホワイトデーに自室へと招くと―― 「好きです」 甘いボンボンと共に渡された、甘い甘い小木からの告白。 バレンタインに出会ってまるっと一ヶ月後のホワイトデー、甘い物好きの俺にパティシエの彼氏が出来ました。 そんな言葉で締めくくられる、二人の長いようで短い一ヶ月のお話。 [BOYSFANコン/お題:リーマン]で参加しております。 ムーンライトノベルズで3年ほど前に投稿&完結したお話の改稿版。あちらではこの先のお話も続いています。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ゾンビの王冠

    次話より新章突入。パンデミック後日談へ。

    56,050

    1,425


    2021年9月20日更新

    ゾンビパニックなんていつ始まったのか。 ニュースも前兆も知らずに気付いたらなっていた駆け出しゾンビが朦朧とした意識で遮二無二病院の薬を手当たり次第飲んで警察に捕まらずに放浪していたら、一週間くらいで脳だけ正常の見かけ倒しゾンビになっていた。人につくかゾンビに媚びるか、大丈夫。ゾンビはまだそんなにいない。 ゆっくり考えればいい。 いや、本当にそうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    84,500

    50


    2021年9月18日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中連合都市“バラクシア”の首都、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    読了目安時間:10時間6分

    この作品を読む