文芸/純文学 短編集 連載中

迷宮掌編集

作者からの一言コメント

さあ、物語の迷宮へ

読了目安時間:39分

総エピソード数:58話

迷宮掌編集の表紙

およそ数十〜千文字程度の掌編集。 各話完結。 純文学、恋愛、青春、ミステリ、SF、幻想、怪奇、ファンタジー等々、ジャンルは様々。 幻想・怪奇が多いかもしれません。 ※これまでに書いた掌編を投稿します。

総エピソード数:58話

作品情報

作品名 迷宮掌編集
作者名 てい
ジャンル 文芸/純文学
タグ 幻想 怪奇 ショートショート 恋愛 青春 ミステリ SF
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年1月19日 23時52分
最終投稿日 2022年8月13日 22時30分
完結日 -
文字数 19,271文字
読了目安時間 39分
総エピソード数 58話
ブックマーク登録 8件
コメント 2件
スタンプ 119件
ビビッと 8件
応援ポイント 63,200pt
ノベラポイント 14pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    92,788

    88


    2022年8月17日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • 学園ミステリ 空き机の祥子さん

    日常系学園ミステリです。

    1,472,357

    33,592


    2021年9月21日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。 第二章七不思議編の最後まで読んでいただけると、ちょっとした驚きがあるかも。そしてラストにもどんでん返しが。

    読了目安時間:4時間51分

    この作品を読む