文芸/純文学 長編 完結済

赤いわたしとたぬきの緑

作者からの一言コメント

一人の女の子と一匹のたぬきの一生の物語。

読了目安時間:5時間28分

総エピソード数:162話

赤いわたしとたぬきの緑の表紙

女の子の『笹島 赤』とたぬきの『緑』の暖かくて少し切ない物語です。

総エピソード数:162話

総エピソード数:162話

作品情報

作品名 赤いわたしとたぬきの緑
作者名 クレイン
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス ほのぼの 現代日本 学園 日常 たぬき 青春 感動 動物 小学生 中学生 田舎 ノベプラオンリー HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月11日 9時00分
最終投稿日 2020年12月17日 11時02分
完結日 2020年12月17日 13時22分
文字数 163,869文字
読了目安時間 5時間28分
総エピソード数 162話
ブックマーク登録 27件
コメント 100件
スタンプ 143件
ビビッと 18件
応援ポイント 81,750pt
ノベラポイント 1,610pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 泣かないで、と言えなくて。

    その人らしさ、を取り戻す為の旅。

    6,600

    38


    2022年8月14日更新

    介護士 佐々木直が出会ったのは、職場いじめを経験し精神崩壊の後、幼児退行を起こした三木 春光という一人の男性。 親子の間に亀裂が走った事も分からない春光は、自意識とそれを失う一歩手前の綱渡りの状態で過ごしていく事になる。 一人の芸術家と医者の交流を描きます 自作小説『はっちゃん」の本編開始以前を描きます。 登場人物の佐々木さんを主人公としたスピンオフです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 六線譜

    完全新作。どこにも出してないものです。

    242,050

    0


    2022年8月13日更新

    ありもしない。あってはならない。あり得ない話。虚像。 しかしながら、近い未来、起こりうる話。

    読了目安時間:9時間16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 兎人ちゃんと異世界スローライフを送りたいだけなんだが

    世界一可愛い兎人族はここにいますよ

    326,860

    7,003


    2022年8月14日更新

    ■ウサギ成分を多く含む『ほのぼの×ダークファンタジー』作品です。 仕事を退職してから半年が過ぎた頃、自宅で寝ていた青年が目を覚ますと、異世界の森に転移していた。 右も左もわからない青年を助けたのは、垂れたウサ耳が愛くるしい白銀色の髪をした兎人族の美少女だ。 青年と兎人族の美少女は、すぐに意気投合し、共同生活を始める。その後、二人に夢ができる。 それは無人販売所を経営して『三食昼寝付きのスローライフ』を送ることだ。 青年と兎人ちゃんたちは苦難を乗り越えて、夢の『三食昼寝付きのスローライフ』を実現するために日々奮闘するのであった。 三百六十五日目に大戦争が待ち受けていることも知らずに。 ●第1章:異世界生活 (1話〜43話) ●第2章:出逢い (44話〜84話) ●第3章:成長 (85話〜180話) ●第4章:恋愛 (181話〜) ●外伝:白兎月歌 (1話〜50話) ●第5章:大戦争 (未定) ◆2021年08月17日:小説家になろうにて投稿を開始しました。 ◆2021年12月09日:第10回ネット小説大賞の読者ピックアップに掲載されました。 ◆2022年05月12日:第10回ネット小説大賞の一次選考通過しました。 ◆2022年07月19日:ノベルアッププラス様で異世界ファンタジーランキング日間1位を獲得しました。 ◆2022年07月20日:ノベルアッププラス様で総合ランキング日間1位を獲得しました。 ◆2022年08月02日:ガトラジで作品が紹介されました。 ◆2022年08月10日:第2回一二三書房WEB小説大賞の一次選考通過しました。 ※小説家になろう様、カクヨム様、アルファポリス様でも連載中です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:37時間9分

    この作品を読む

  • 紫亜乃ちゃんは、復讐したいのです!

    ひんぬーいじり、許すまじ!

    5,400

    5


    2022年8月13日更新

    ——「紫亜乃(しあの)、僕はさ、この状態から進行していった先にある究極の甘えって、紫亜乃の胸の突起に僕が吸い付くことだと思うんだ」 急いでジタバタして逃げようとする私を、優鋭(ゆうえい)さんはガッチリと掴んで離さなかった。 「まぁまぁ、そう慌てなさんな。知っての通り、僕は紫亜乃が嫌がることはしないよ。なぜこんなことを僕が言い出したのか、ちゃんと論理だてて説明する。この話を聞けば、むしろ紫亜乃の方から突起を差し出してくるから」—— 頭がよくて口の立つお兄さん彼氏にイジられてばかりの女の子が、日々復讐に明け暮れる。年下彼女の可愛い仕返し奮闘記!

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む