for (;;) Prologue(); // エンドレス・プロローグ

作者からの一言コメント

生まれて初めて書いた小説です。宜しければ

「布団入って寝た……。目が覚めたら草原にいた……」  朝起きると、そこは一面に広がる草原だった――。  突然、放り込まれた世界。  しかも、 「γεια σας」  ――言葉がいっさい通じなかった。  チュートリアルもまともに受けられない世界で、『谺 樹(コダマ イツキ)』は神の悪戯にどう立ち向かい、どう進んでいくのか? ※暴力的な表現が含まれますので、苦手な方はそっとお閉じくださいませ。  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 生まれて初めて書いた小説で、右も左もわからない状態でしたが、なるべく『読みやすいように』を意識して書いてみました。 ご意見、ご感想、その他なんでもコメントいただけると励みになります。  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 『小説家になろう』さま、『カクヨム』さま、『アルファポリス』さまでも掲載中です。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
for (;;) Prologue(); // エンドレス・プロローグ
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2019年6月4日 6時00分
最終投稿日
2019年6月17日 0時00分
文字数
37,352文字
ブックマーク登録
1件
コメント/スタンプ
2件
応援ポイント
600pt