現代/その他ファンタジー 長編 完結済

宝石の子

作者からの一言コメント

愛されたい愛したい全ての人へ

読了目安時間:5時間22分

総エピソード数:24話

宝石の子の表紙

中世から現代に移り変わる狭間の時代。消えゆく不思議や妖精たちを惜しんだ見世物小屋シルク・フリークが隆盛を極めていた。 だが、そこで見世物にされているのは身体改造を施された見目のいい子供たち。 そんな子供たちの中にたった一人本物がいた。 宝石から生まれた不思議な少年ローズが発見されたことから始まる愛を探訪する物語です。 愛されたい子供たちと愛したい大人たちの儚く切ない、けれど幸せに向かって力強く歩み続ける彼らの物語をお楽しみください。 完結済みとさせていただいておりますが、番外編や続きなどでお会いできたらと思います。 表紙は菌類さんtwitterID @mushroomfields に描いていただいたものです。 続編はこちら https://novelup.plus/story/267391809

前へ

1-24

次へ

前へ

1-24

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 宝石の子
作者名 夜色椿
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 無性別 人外 フリーク 宝石 魔法 孤児
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年7月31日 11時00分
最終投稿日 2020年8月2日 19時26分
完結日 2020年8月2日 19時26分
文字数 160,919文字
読了目安時間 5時間22分
総エピソード数 24話
ブックマーク登録 16件
コメント 5件
スタンプ 96件
ビビッと 16件
応援ポイント 49,900pt
ノベラポイント 1,090pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • カエラム・スカルトリアム Caelum Scalptorium

    少年は本当の名前を探しに旅に出る

    0

    0


    2022年1月23日更新

    「人形」の名前を冠するロイドは高度な「彫刻魔術」を使う不思議な少年だった。 そんなロイドは単なる庭師の息子という平民の身分ながら、9歳の頃よりアクアリア王国第一王女ユーファの身の回りの世話を王から託されていた。ユーファ付執事となったロイドは、15歳になったユーファ姫を陰ながらサポートする傍ら、学業、王国宰相の内政業務と多忙な日々を過ごす。 ある日学校にいるロイドの元に庭師である「父」エンリケがやってくる。その後程なくしてロイドは学園からいなくなる。 ロイドはとある秘密を抱えていた。そしてそれは、大切な人を守るために秘密にしなければならない類のものだった。 少年は大切なものを守るため、自分の存在意義を確かめるため、旅に出る。 ※ 基本的にコメントは自由ですが、こちらの判断で削除することもあります。ご了承ください。

    読了目安時間:1時間34分

    この作品を読む

  • 怪物とヴァンパイアの女王に囲まれて僕の人生は変わった

    愛と勇気と少しばかりの厨二をお届け

    0

    0


    2022年1月23日更新

    東京八王子市緑中ヶ丘町に住む稲垣蒼太は人から疎まれて生きてきた。 いつもの様に会社で暴力に近いいじめを受けていたその時。 一体の怪物が現れた。 何故か執拗に彼を追うその怪物から逃げている最中、ひとりの不思議な魅力を持つ女性、アークヴィラに出逢う。 その出逢いをきっかけに自殺寸前だった彼の人生は大きく、大きく変わり出した。 明朗闊達、聡明で現代っ子のヴァンパイア女王 蒼太に軽くジェラシーを感じる頼もし過ぎる執事 自己紹介でバージョンを言っちゃうメイド ヴァンパイアの宿敵、シェイド そして正体、出自、生態、全てが謎の怪物達 それらと関わり、精神的に成長する蒼太とヴァンパイア一族を背負って立つ女王のふたりが最後に得るものは――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 勇者の死霊術

    死霊術の糸が交錯する、勇者と魔王の物語

    24,500

    3


    2022年1月15日更新

    ~物語は、王の娘マイティアの日記から始まる~ 「勇者を迎えにいきなさい。彼の者と共に歩むのです」復活した魔王によって滅ぼされた筈の女神、その予言が王国に下された。 女神の宿る聖剣を持ち、予知夢を見る勇者ネロスは、彼を迎えに来た王の娘マイティアと行動を共にするが、何故かネロスは王の下へ向かいたがらない。 待ちきれなくなった王がネロスからマイティアを連れ戻すが───彼の予知夢は、血塗られた未来を予見していた・・・。 女神に捧げる贖罪と懲罰 死霊術の糸が交錯する、勇者と魔王の末路とは ※挿絵を一部追加しました(2022/1/11時点 1話、4話、10話) ※この作品は、小説家になろう、カクヨムにも投稿されているものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間13分

    この作品を読む

  • 海と空と月のテラス

    パパとぼくの、ママへの秘密の贈り物

    48,433

    624


    2022年1月19日更新

    港町の高台にある古い家に、パパとぼくはやってきた。 7日間のバカンスのため。 かつて白い家と呼ばれた建物は、見る影もないほど荒れ果てていた。 10日あまりもすれば取り壊されることが決まっていたが、パパとぼくは、23年前の美しい姿に戻そうと働いた。 家の中の掃除をし、建物をまっ白に塗り直し、雑草だらけの庭をきれいにした。 その家はママが青春の一時、暮らしたことがあった場所だった。 もうすぐママの誕生日。 祝えなかったその日を、パパとぼくは祝おうとした。

    読了目安時間:49分

    この作品を読む