宝石の子

読了目安時間:8分

エピソード:2 / 24

セレナ

 侯爵家の令嬢セレナ・シュトラールは馬の嘶きを聞いた気がして、窓から外を見る。冬を迎えた庭は常緑の木以外葉を落とし、花もなく閑散としている。その広い庭に軍馬が入って来ていた。馬上の人を見てセレナはふと笑う。しばらく顔を会わせていなかったが変わっていない。軍服を着ているということは、どうせまた厄介事を持ってきただけですぐ帰るだろうと思いつつも、期待してしまう乙女心をため息で消す。ヴェルデはまだ少尉、約束の佐官には程遠い。そうとわかっていても浮かれてしまう足でセレナはエントランスに続く階段をぱたぱたと下って行く。すでにエントランスホールでメイドに案内を頼んでいたヴェルデはセレナを見て、うれしそうな顔で笑った。 「お久しぶりね。エスポワール少尉」  セレナは細くしなやかな指でヴェルデの衿に付いた階級章をなぞる。 「ご、ごめんね、セレナ。約束はまだ果たせそうにないんだ」 「別にかまわないのよ? 私はここでお兄様と暮らしていることに何の不満もないもの。それでも、軍服でしか来ないのはどうかと思うわ」  セレナはまだ十八で急いで結婚したいわけではなかったが、十六のころに幼馴染で四つ年上のヴェルデからプロポーズをされ、佐官になったら考えてもいいと曖昧な返事をした。それをはっきりとした約束にしたのはヴェルデがシルク・フリークの摘発時に問題を起こし、降格された時だった。ヴェルデを憎からず思っていたセレナははっきりした約束を交わすことで変わってほしいと願った。以後、問題は起こしていないが一度下げられた地位から這い上がるのは簡単なことではない。だからこそ、ヴェルデは必死に勤めていたが、そのせいでセレナのもとを訪れるのが仕事の合間のちょっとした空き時間や、こういった頼みごとの時しかなくなったのは否めない。 「言い訳もできないよ」 「でも、いいの。今日はこうして来てくれたし、あなたの活躍はよく耳にしているわ。また面倒事を持ち込みに来たって言うなら話は別だけど?」  セレナの切れ長な青い目で見上げられて、ヴェルデは苦笑いを浮かべる。セレナの勝気そうな笑顔が徐々に失望に変わっていく。 「その、またなんだ……」 「あなたっていつもそうね!」  一瞬でも期待した自分が莫迦だった。セレナは青いスカートをばさりと翻してそっぽを向く。 「本当にごめんね! 今度、おいしいお菓子を買ってくるから!」 「まぁいいわ。長引く案件かしら?」  セレナは顎をつんと上げて気の強そうな青い目でヴェルデのやさしげな緑の目を見る。 「長引くと思う。できたら人に聞かれたくない」 「はいはい、わかりました。お菓子は私が食べたことのないお店のものにしてね」 「ど、努力するよ」  貴族の令嬢らしからぬ菓子作りを趣味にしているセレナの要求はかなり難しいが、身から出た錆だ。相当怒っているのは間違いない。セレナの部屋ではなく、公的な応接室に通されただけでも怒りの程が知れる。用事があるときにしか顔を出さず、さっさと帰るのが悪いのもわかってはいる。この案件が片付いたらできる限り早く私服で訪ねようと思う。 「さ、これでいいかしら?」 「うん、ありがとう。用件の前に僕が君を愛しているってことだけ伝えても?」 「軍服を脱いでいるときにして」  冷たい低い声で言われてヴェルデは軍服の襟を正す。できるだけなどと言っていないで、すぐにも出直した方がよさそうだ。 「わかった。公私混同はよくないよね。用件なんだけど、シルク・フリークで保護した子どもを二人養育してほしい」 「普通の保護施設にいれるのではなくて私に話を持ってきたということは本物……ということかしら?」  ヴェルデはゆっくりと頷く。セレナの勘が鋭いところは話が早くて助かる。 「十二歳の少年なんだけど、胸に拳大のルビーがあって、涙の代わりに宝石がこぼれ落ちる。歯が一本もなくて、喉を潰されているから喋ることもできないけど、聡明な子で読み書きができるから意思の疎通は問題ない」 「嘘のような話ね……」  セレナはため息交じりに呟く。 「証拠もなく信じてもらうのは難しいだろうからこれを持ってきた。少年の目からこぼれ落ちた宝石だ」  ヴェルデは机上にハンカチを広げる。色鮮やかな宝石が輝いた。 「トパーズ、トルマリン、サファイア、エメラルド、アメシスト……」  美しいカットが施された大小様々な宝石をセレナはゆっくりとなぞる。偽物には見えない。 「一少尉がハンカチに包んで持ち歩くようなものじゃないでしょう?」 「そうね……保護施設ではその子の安全を守ることができないっていうことかしら?」 「そういうこと。お願いできるかな? できたらその子がかわいがっている五歳の男の子も一緒に引き取ってもらいたいんだ」  セレナは思案するように細い顎をなぞる。ここまで難しい頼み事は初めてだ。 「その五歳の子は普通の子なの?」 「うん。僕と同じようにオッドアイなだけで、改造もされてないし健康そのもの。不思議なくらい天真爛漫な普通の子どもなんだけど、喋れないあの子が唯一心を開いているから引き離したくない」 「兄弟なの?」 「違うよ。兄と呼んで慕っているし、特別に思っているのは確かなんだけど、よくわからない」 「そう……」  ひどい境遇で寂しい魂同士、身を寄せ合っていたのだろうか。 「とりあえず、お兄様に話を通してもいいかしら? 私の一存じゃ決められないわ」  ヴェルデが頷くのを見て、セレナは召使いを呼び戻し、兄を呼ばせる。 「子どもたちの名前は?」 「宝石の子がローズ、五歳の子がルミエール。ローズは本名じゃないみたいなんだけど、それ以外わからないって」 「ローズ? 男の子よね?」  セレナの細い眉が怪訝そうに寄る。 「うん。女装させられているし、とても長い白髪で儚い少女のような容姿をしているけど男の子だよ。興行主が付けたんだと思う」  その言葉にセレナは切なくなる。自分の名前さえわからないほど幼いうちから虐げられていたのだろうか。その時、兄のジェド・シュトラール侯爵が応接室のドアを開けた。少し屈んで鴨居をくぐったジェドは相変わらず上から下まで真っ黒な服を着ている。 「ああ、ヴェルデだったのか。あんまり来ないからセレナがへそを曲げて大変だった」 「お兄様!」  ジェドにまでなじられて、ヴェルデは所在無く縮こまる。両親がすでに他界しているセレナにとって年の離れた兄のジェドは保護者同然だ。セレナは恥ずかしそうにジェドに抗議している。ジェドは本来あまり喋るほうではなく、そんなことを言うこと自体珍しい。よほどだったのだろうと思うと申し訳なさが募る。 「それで、話とは?」  ジェドはセレナの抗議を受け流して、長い足を持て余し気味にソファに座る。ジェドは身長が高すぎていつも椅子の高さが足りていない。 「あ、あのね、お兄様、ヴェルデが保護した子どもたちを引き取りたいの。いいかしら?」 「お前が決めたのならかまわないが……ヴェルデがわざわざお前に助力を求めた理由を教えてくれるか?」  ジェドは少し乱れていた長い黒髪をかき上げる。 「その子たちのうちの一人が本物なのよ。胸にルビーがあって、涙が宝石になるのですって」  セレナはハンカチに包まれた宝石をジェドに見せる。ジェドは鷹のように鋭い目で宝石を一瞥し、小さく息を吐く。 「そうか……可能な限り秘したい。そういうことだな? ヴェルデ」  かつて近衛兵として軍の中枢にいたこともあるジェドはすぐに理解してくれたらしい。 「そうです。ローズは長く人として扱われてこなかったようで対処が難しいかもしれませんが、ローズの身の安全のためにもできる限りこのことを知るものを少なくしたいのです。ご協力いただけますか?」 「できる限り協力しよう」  ジェドはすと青い目を伏せる。長い睫毛が顔に影を落とした。 「ありがとうございます。すぐに移送してもいいでしょうか?」 「かまわない」  ジェドのコントラバスのように低く重い声にセレナが慌てて立ち上がる。 「すぐにお部屋を用意させなくちゃ! お兄様は着替えてね。今日も死神みたい。泣かれても知らないわよ。ヴェルデ、十二歳と五歳よね?」 「うん、けど、ローズはすごく小柄で、八歳くらいの体格しかないし、できたら……ああ……」  ヴェルデの言葉を最後まで聞かずにセレナはぱたぱたと走って行ってしまった。 「セレナがせっかちですまんな」  ジェドが申し訳なさそうに苦笑する。 「いえ、慣れていますから……」  ヴェルデは肩をすくめる。 「ところでローズといったか……その子ではなく、もう一人の子はどういった子だ?」 「オッドアイなだけでごく普通の少年です。両親を見つけ出せる可能性もあるとは思いますが、難しいでしょう。ローズが唯一心を開いているようなので、可能な限り引き離さずにおきたいのです」 「ふむ。他に留意点は?」 「ローズは女装させられ、女性名を与えられていますが、男児ですので、本人が望むようなら男の子の服を与えてあげてください。喋れませんが、筆談のできる聡明な子です」 「わかった。善処しよう」 「恩に着ます」 「かまわない。ジュールによろしく伝えてくれ」 「はい、では連れてきますね」  ヴェルデは軍帽をきっちり被り、敬礼をして去って行った。ジェドは一つに縛った長い黒髪をついと流して小さくため息を吐く。高い身長のせいか、彫の深い顔のせいか、子どもにはいつも怯えて泣かれてばかりだが、大丈夫だろうか。表情が乏しいのが悪いともセレナに度々言われるが、柄ではない。そもそもシルク・フリークで人として扱われずにいた子どもが人に怯えないというのが無理かもしれない。セレナがうまい事采配するだろうと思っていても少し心配だった。ジェドは少しでも子ども好きのする服装に着替えようと部屋に向かう。いつもの隙間なく黒い服ではセレナに言われたように死神に見えてしまうかもしれない。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 小さい先輩と大きい後輩の何気ない非日常

    百合ときどき百合

    1,900

    200


    2022年4月29日更新

    先輩は(いろんな意味で)小さかった。 後輩は(いろんな意味で)大きかった。 あどけない少女二人は、日々ヘンテコな非日常に誘われて行く。 死にそうで死なない。安心安全な〝非日常〟は如何ですか? 押し寄せる不幸の連続。 溜め息に次ぐ溜め息。 果たして、少女二人の〝普通〟な明日はどっちだ。 これは、〝小さい先輩〟と〝大きい後輩〟が織り成す、〝何気ない非日常の日々〟を綴った物語である。 ※この作品は不定期連載です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    「クロの戦記9」大好評発売中!!

    6,952,776

    84,658


    2022年4月22日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2022年02月26日 角川コミックス・エース様よりコミック第3巻発売 2021年12月28日 HJ文庫様より「クロの戦記8 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2021年12月24日 本編完結しました。 2021年09月01日 HJ文庫様より「クロの戦記7 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2021年06月25日 角川コミックス・エース様よりコミック第2巻発売 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年12月04日 角川コミックス・エース様よりコミック第1巻発売 2020年12月01日 HJ文庫様より「クロの戦記5 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:68時間23分

    この作品を読む