ワールドクリエイター ~自称神の陰謀で、俺は異世界をクリエイトする!(ついでにロボ娘も)~

主人公、壁ドンを受ける。

クラスメイトは想定外

 目を開けるといつもの天井が見えた。  あれ? 俺って確か、自称神様、鈴木に異世界転生……じゃない、召喚? されたんじゃなかった?  そんなことを思いながら俺はベッドのサイドテーブルからペットボトルを取り上げた。何か妙に体がだるい。おまけにべったり汗をかいてるっぽい。 「そっか。夢だったんだ」  とてつもなく変な夢を見たから嫌な汗をかいて寝てたに違いない。俺はそう思いつつ、すぐに風呂に向かった。  両親共働きっていうのはこういう時に楽だ。朝にはちょっと遅い時間だけど、だからこそ家には俺以外の誰もいない。食事は勝手にするようにって意味なのか、冷蔵庫には食料が入ってるから平気……あれ?  何でおなかが減ってないんだろ。変だな。  昨日は確か、アニメを観ながら寝落ちしたはずで、だから夜は食べてない。はずなのに、俺の腹は減ってなかった。変だなー、と思いつつ、シャワーでさっと体を洗って部屋に戻る。  そういえば昨日のアニメ、途中までしか観てなかった。  途中で冷蔵庫から引っ張り出した新しいペットボトルを片手に、俺は端末を立ち上げていつものアニメ動画サイトをチェックした。昨日、観ていたからか、やっぱり再生が途中になってる。あくびをかみ殺しつつ、俺は画面をタップした。  するとそこには見覚えのないはずの、でも、夢に出てきた景色が映っていた。海が見える街で主人公がヒロインの一人と仲良さげに歩いている。  その街は鈴木が造るとかどーとか言ってた場所にそっくりだった。 「嘘だー!」  俺はペットボトルを放り出して頭をかきむしった。  なにこれ! 異世界転生戻り!?  あれ!? 俺、生きてるよね!?  心の中でそう叫んだ瞬間、視界が真っ白になった。 「やっほー! 凜! 元気ぃ?」  元気な声で挨拶されたかと思ったら、目の前にいきなり女子高生が現れる。俺はびきっ、とその場に固まってしまった。すると目の前の女子高生がちっ、と舌打ちする。 「やっぱ駄目か。少しは慣れろよー」  そんなことを言った女子高生が男子に変わる。現れたのは鈴木だった。判ってたけど俺は思わずほっとして深々と息を吐いた。おもっきり息を吐いた後、俺はふかーく息を吸ってから喚いた。 「慣れの問題じゃなくて! っていうか、夢じゃなかったの!?」 「凜はドリーマーか。夢じゃなく現実だと言ったはずだが?」  首を傾げた鈴木が平然と言う。このやろー……。 「あのままだとお前、今日は学校に行くつもりなかったろ?」  急に鈴木が変な話を振ってくる。  何でこのタイミングで学校の話……。俺にその話題を振るとか嫌がらせ?  多分、ものっすごい嫌な顔をしただろう俺は、うんざりしながらため息を吐いた。 「今日は行かない。寝汗が酷くてシャワーを浴びたところだったんだ」 「そのまま登校すべきだったと思うが? ってか、凜。今日は授業に出ないと出席日数がヤバいぞー?」 「は!? 何で鈴木がそんなこと知ってるんだ!」  びっくりした俺の声に頷いた鈴木が、どこからともなく薄型の端末を出して画面をタップする。裏面に貼られたシールを見た俺は背中に冷たいものが伝うのを感じた。  あの猫のシールは間違いない。うちの担任が使ってる端末だ。前に家に来た時に使ってたはずだ。どこが可愛いのか判んない、微妙な猫のシールが妙に印象的だったから覚えている。 「とりま、学校行って来いよー」  鈴木がそう言った直後、俺の周囲の景色が音もなく変化した。  俺は部屋の床に転がったペットボトルを目で追いかけた。投げた直後に戻ってきたらしい。ペットボトルはころころと転がってベッドに当たって止まった。  どうやら夢じゃなかったぽい。俺は慌てて制服に着替えて登校することにした。ホントはヤだけど、仕方ない。既に遅刻だけど今から行けば午後の授業には間に合う。  家を出てドアの鍵を外からかける。  ……何かこれも久しぶりかも。今は通販があるから自分で買い物に出ることは滅多にないし、食べ物は一応、用意されてるから出る必要がない。だから俺は安心して部屋に閉じこもっている。 「眩しい……」  外は薄雲がかかってたけど、引きこもってる俺には目に痛いくらいの日差しに感じられた。徹夜でゲームクリアした後に太陽を見たときと同じ感じがする。  俺が通っているのは徒歩圏内の高校だ。一応、公立高校ではあるけど、進学校じゃない。だから授業もそれほど難易度は高くない……んだけど、俺は基本的に勉強が苦手だから、今の段階でもついていけてない。それでも出席日数が足りていれば、何とか進級はさせてもらえるレベルの学校だ。  はー、とため息を吐いて俺は授業中の学校に入った。イジメとかはされたことはないんだけど、基本、俺は空気みたいな存在だと思われてるっぽい。普段はいないからレアキャラくらいには思われてるかもだけど、それも俺を見かけた人だけだと思う。クラスメイトにすら名前も覚えてもらってない自信がある。  とりま、学校行って来いよー。  鈴木の言ったことを思い出しながら、俺は自分の教室に入った。ドアをノックして開けると授業中だった数学教師が名前を訊ねてくる。俺が名乗ると遅刻だぞ、とだけ言ってから、目で机の方を見る。俺はそそくさと自分の席についた。  クラスメイトたちが座る机の間をすり抜けて自分の机、一番後ろの窓際、俺にとっては楽な位置の席に着く。椅子に腰掛ける前に数学の教師は授業を再開し、一瞬だけざわめいたクラスメイトたちもすぐに口を噤んだ。  午後の授業はあと二時限しかない。でも、午後だけでも出席しておけば、その日は出席したことになる。本当ならアウトだと思うけど、そのくらいこの学校は緩い。  残りの二時限の授業が終わったところで、俺は帰るために席を立った。学校にいると何だか落ち着かない。周りに人がいるのが怖い。共学だから女子もいるせいかも知れない。確か、鈴木も女子と接した時の緊張度が上がる、とか言ってたっけ?  とにかく帰ろう。俺は来た時と同じく、そそくさと教室を出ようとした。その瞬間、周囲が真っ白になる。 「なっ! 鈴木ー!」 「何これ!」  俺の叫びともうひとつ、別の叫びが重なった。俺ははっとして声がした方を向いた。  この子は教室のドアのところですれ違いかけていた、確か同じクラスの女子だ……ったはず。多分。 「凜、おつかれー。そしていらっしゃーい、えーと」 「嫌ぁああ!」  鈴木が喋る前に女子がパニックを起こしたのか叫ぶ。俺は慌てて鈴木と叫んでいる女子を見比べた。 「まだ無理かー……。仕方ないな」  鈴木が困ったように笑った直後、白い部屋から女子の姿が消えた。って、俺は! 「ちょっと! 俺も帰してくれよ! 何で俺だけ!」 「凜は学校には行けたんだからいいだろー? おつかれー」 「おつかれー、じゃない! それにさっきの子は何だ!?」  俺は鞄を落として鈴木に詰め寄った。すると鈴木がまあまあ、と俺の肩を叩く。 「今のはちょっと訳ありで、どーしてもウェルカムしたいんだよなー。でもまだ無理っぽいなー」 「俺だってウェルカムじゃないってば! っていうか、何なんだ!?」  混乱していた俺は必死で鈴木に詰め寄りまくった。 「凜と同じクラスの女子、名前は井﨑心暖(いざきここの)。成績優秀だけど体育は苦手。進学校に進まなかった理由は、体育全般が駄目っぽいかららしいなー」  鈴木はまた、担任と同じ端末を見ながら言う。いやいや、と俺は慌てて手を振った。 「待って! 彼女のプライバシーは俺は聞きたくない! 聞かない自由を俺にください!」  涙目になって俺は訴えた。だって井﨑さんって名前だって、今初めて判ったし、その子のことも別に興味はない。でも、鈴木は問答無用で喋りそうな気がする。それって俺に対して優しくない! 「ん? あー。それもノープロだからー。井﨑心暖は人間じゃない」 「……はい?」  んー? ちょっと待って。何だか聞いてはいけないことを聞いた気がするけど。 「ちょっと待った! それ以上は駄目! 俺は聞きたくない!」  嫌な予感がして俺は必死で鈴木を止めた。けどそんなの関係ないって感じで鈴木が言う。 「井﨑心暖はサイボーグだ」 「ああああー! 言っちゃったー! ていうか、聞いちゃったー!」  俺は頭を抱えて床にしゃがみ込んだ。よりによってクラスメイトがメカ! あり得ない!  でも仮にも鈴木は神様だっていってたし、それにこんな風に俺を白い部屋に召喚? するし、余計な嘘は吐かないとは思う。  思うけど信じたくないし知りたくなかった! 「混乱しているところ悪いが、井崎心暖をウェルカムしたいから、もっかい学校に戻って交渉してくれ」 「は!?」  とんでもないこと言いやがったコイツ!  学校でほとんど誰とも話したことないのに、何でいきなりそんなハードル高げなこと言うんだ!?  イミフなんですけど! 二次元の女の子ならともかく! 「だーいじょうぶだって。今のショックで、交渉は可能になってる。ほら、ファイト!」  にっこり笑ってウインクされた……。鈴木……。似合わないんだけど……。  って、待って!  ムリムリムリムリ! 絶対ムリ! 「無理!」  って、叫んだ瞬間、俺は白い部屋ではなく、教室の入り口にいた。その隣には真っ青になってるさっきの女子、井﨑心暖という名前らしい子がいた。 「さっきの!」  俺が何か言う前に井﨑さんがそう言って俺を指差す。それまで空気だった俺の存在が、急に周囲に注目されたことがはっきりと感じ取れる。その瞬間、俺の背中はぞわっとした。 「来て!」  はい。ご愁傷様です、俺。  泣きそうになってる俺の腕をつかみ、井﨑さんが廊下をずんずん進んでいく。  注目されてるー! 嫌だー! 『大丈夫だ、凜! ガンバ!』  いつの間に! 腕から聞こえてきた声に俺は悲鳴を上げそうになった。俺の左腕にはウェアラブル鈴木が装着されてる。声はそこから聞こえてきたらしい。  嫌だー! 助けてー! 目立ちたくないー!  俺は心の中で悲鳴を上げた。ホントに悲鳴を上げたら余計に注目される!  しかも井﨑さん、周囲の目とか全く気にしてないっぽい!  ちょっとは気にしてよ! 「こっちは安全ね!」  もしかして井﨑さんにはウェアラブル鈴木の声は聞こえないのかな。いや、それどころじゃない! 彼女、勝手に走って階段上がってるし! 俺も引きずられて階段を駆け上がる羽目になってしまった。 「俺の安全は保護されてない!」  段差にけつまずきそうになりつつ、俺は頑張って主張してみた。鈴木の言ったことは多分、本当だ。そうでないと井﨑さんが俺を引きずるみたいにして軽々と走れるはずがない。それに井﨑さんが走る先は少しずつ人の数が減ってるのも確かだ。 『アレだなー。メカ的な何かでサーチしてんじゃね?』  ウェアラブル鈴木が俺が言うより早く思ったことを言う。それ今、俺が言おうとしたことなんだけど! このウェアラブル鈴木も俺の考えてること読んでるし!  そんなことを思ってる間に井﨑さんは猛スピードで階段を駆け上がり、屋上に続くドアの前に辿り着いた。でも今時、屋上のドアが開いてる校舎があるわけ……。  うわー! この人、ドアノブねじ切ったー! あ、人じゃないんだっけ。  壊したドアノブを引っ張った井﨑さんが、開いたドアに俺を放り捨てるように投げる。ちょっ、危ない! 俺が慌てて転ばないようにしてる間に、背後でバーン! って音がしてドアが閉まったかと思うと、もの凄い勢いで井﨑さんが詰め寄ってきた。  俺は引っ張られるままに放り出される感じになった。よろけて慌てて振り返ると、井﨑さんが目をつり上げて腕を伸ばし、俺の背後にあった壁に勢いよく手をつく。  何で女の子の方が壁ドンするのか教えて!  けど、俺の心の叫びは井﨑さんには届かなかった。井﨑さんの両腕に頭が挟まれてるんだけど、ちっとも喜べない! むしろ怖い!

壁ドン入れるの忘れてたので最後に足しました。 壁ドンあると思い込んでました……。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 長い道のりの先、光を掴み取るRPG。

    ♡79,800

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・455話・617,090字 万十朗

    2020年4月12日更新

    記憶喪失の少年は、少女と出逢って“デュー”になる。 記憶の手がかりを探す旅から始まるややノリが軽めのにぎやか冒険ファンタジーです。全五部構成。 RPGを遊ぶような感覚で、成長、変化、繋がりをお楽しみくださいませ。 挿絵はたまにあったりなかったりします。

  • 世界がどうであれ、三人はずっと、仲が良い

    ♡434,400

    〇2,430

    異世界ファンタジー・連載中・238話・402,449字 らっく

    2021年1月22日更新

    小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いをお互いに抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語でもあります。 プロローグは漫画。 彼女達の旅と成長、世界に関わっていく様子をぜひ見守ってやってください。 挿絵イラストレーター高架:https://www.pixiv.net/users/2031328

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ※作者は厨二病です

    ♡7,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・43話・69,201字 白木はる

    2021年1月17日更新

    部下の失敗の身代わりとなり、栄光ある帝国騎士団の地位を失って国外追放された❬メア❭、そんな彼女が世界を救う冒険に出る。 誓い、それは力か···呪いか··· ※作者は厨二病です。

  • 百合✖️ダークファンタジー 

    ♡2,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・99話・251,424字 水篠ナズナ

    2021年1月23日更新

    「私はあなたを絶対に許さないッ!!」 シュトラス王国第一王女カノン・シュトラス・ディスペラーの専属メイドであるエト・カーノルドは、選考の場で、貴族の中でも身分の低い自分を選んでくれた事を光栄に思いカノン様に一生ついていくことを誓った。 上位貴族の同僚には、ぞんざいに扱われてもカノン様に仕えられるのであれば、小さな嫌がらせは全く気にならなかった。 しかし王女16歳の誕生日に事件が起こった。 王女の側使いの女性が1人死んだのだ。 死因は服毒である。 死んだ女性はよくエトに嫌がらせをしていた者なのでエトによる怨恨ではないかという噂が持ち上がってしまった。 「私は、私はそんな事やっていません!」 否定したが同僚達は不信感を募らせるばかりだった……。 そして王からは数日の謹慎を言い渡された。 「大丈夫、私は貴方を信じているわよ。必ず私が犯人をみつけるから安心して」 王女にそう言われて心は少し軽くなり、彼女を信じて待っていようと決めた……しかし。 王女側使いの死、それは悲劇の始まりにしか過ぎなかったのだ……。 ーーこれは普通のメイドである少女が敬愛する主の為に様々な苦難を乗り越え残酷な運命に抗う物語である。 1章はメイドになるまでの物語で、2章からメインの内容となります。 2章の中盤から暗い話になりますのでご注意下さい。 2020 6月6日3章スタート!! 他サイトでも連載中。