異世界ファンタジー 短編 連載中

不健康優良児~健康だけが取り柄のボクはどうやって生きていったらいいんですか?~

作者からの一言コメント

!!注意!!賢い人は見てはいけないやつ。

バカな作者による、 登場人物オールバカキャストで送る、 バカな物語です。 つまり、おバカオンリー! この世界はバカで出来ている。 ********-***********-*** ⚠️注意⚠️ 【読んではいけない】に該当する方は お引き取り下さいませ。 【読んではいけない】 ●賢い方 ●IQが高い方 ●作品を読んで泣いたり感銘したり感動したい ●作品から人生の教訓を得たい ●巧妙な伏線が巡らせてある話を求めている ●リアリティーを追求される方 ●こんなのありえない!!が許せない方 ●一ミリのエロも許せない方 ●バカが許せない/バカに抵抗がある ※気分を害させる恐れがありますので、申し訳ありませんがお引き取りください。決して読んではいけないのです。 【是非とも読んで欲しい方】 Q「これ読んだらバカになるよ?」 「バカが移るかも?」 A「元々バカだから大丈夫!」 「寧ろバカになりたい!」 Aの回答ができる方は是非是非宜しくお願いします!ネット上のエアー熱い握手を交わしたいです!! 【読んではいけない】に問題ないよ、という方のみ続きをお願い致します。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 【??内容??】 ⬛️絶対遵守 ⬛️生き残る ⬛️健康だけが取り柄 ⬛️取り柄が逆転 ⬛️脳筋 ⬛️マッスル ⬛️マッチョ ⬛️ハーレム ⬛️BL?? ⬛️残念系美少女 ⬛️一応コメディ ⬛️王様のいうことは絶対! ハチャメチャですね😵💧 なんでもありのおバカな世界! ロクな伏線もないのでさらっとご覧ください。 難しいことは一切考えてはいけません!! 作者がお絵描きばかりしている為、 てきとー(つまり不定期)な更新となります。 因みに作品もお絵描き同様、てきとーに書いています💥💣️💥 ので、書きながら修正していくことがあります。 ほんとすみません。 ごめんなさい。 (予め謝罪しておきます) ご理解のある方のみ、どうぞ宜しくお願い致します!!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 不健康優良児~健康だけが取り柄のボクはどうやって生きていったらいいんですか?~
作者名 神村 星
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ ギャグ 最強主人公 男主人公 近未来 ハーレム 残念系美少女 脳筋 マッスル 王様のいうことは絶対 男子高校生 一年後 絶対遵守 生き残る
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年8月2日 3時19分
最終投稿日 2020年8月30日 16時03分
文字数 2,367文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 3件
応援ポイント 900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡345,900

    〇2,334

    SF・連載中・66話・369,815字 新星

    2020年9月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡385,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話・781,463字 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る