Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

異世界転移のお詫びに嫁をもらいました ~スキルか嫁か決断するためにおっさんは神との約束の地へ向かう~

読了目安時間:7分

我が名は怪盗バロン。この世界を憂う義賊というヤツだ

 こ、この人が戦闘狂(せんとうきょう)とウォルフが言っていたガレイムさん!?  こんな牢屋にいたら死んでしまう、いや絶対に死ぬ。 「あ、あのー。ガレイムさんは、どうして牢屋に?」 「さんとかいらねえよ。ガレイムでいいぜ。牢屋にいる理由なぁ……まあ、言ってもいいのかな」 「そんなにヤバそうな話だったらいいんです、はい」 「いや、別にもう終わった話だからいいんだけどよ。ところで、何でおっさんはビクビクしているんだ?」 「そ、そうかな? ちょっとここが寒いからかなぁー?」  俺は普通にビビっていた。  だって戦闘狂なんてロクなやつじゃなさそうだし。  でも、こうして話をしている感じは普通っぽいんだよなぁ。 「地下牢だしな、しばらくしたら慣れるさ。理由だったよな、そうだな……暇だしおっさん関係ないし、話すか」 「別に無理に話さなくてもいいんだよ?」 「いや、何か話したくなってきた。俺達はハメられた……そうじゃないな、あれは最初から仕組まれたとしか思えねぇ」 「は、はぁ……」  あまり聞きたくなかったんだけど、ガレイムは勝手に語り出してしまった。何でこうなるんだと思いながら、とりあえず聞くしかなかった。 「冒険者ギルドのな、試験があったんだよ。まとまった金が必要だったからよ、S級の試験を受けたんだ」  あれ、ウォルフはガレイムはC級とか言ってたよね。  S級の試験だと随分とランクが違う気がするんだけど。 「一応、聞きたいんだけど、S級の前ってA級だよね?」 「んぁ? 当たり前だろ。そんでだ、その試験の依頼が『火竜(かりゅう)(うろこ)』の奪還だったんだよ」 「それって国宝だったよね。盗まれたって事?」  火竜の鱗って、フォーレリアの過去の記憶で見たやつだ。  ファーレン王国の国王が国宝にするとか言っていた物だよね。  そんな事したら大変な事になるんじゃないのかな。 「まあ、そういうことだ。盗まれたから取り返せって話だったんだよ。ところが、実際に現場に行ってみたら……いたんだよ、実際に盗賊がな」 「そういうの話しちゃっても大丈夫なの?」 「ダメに決まってるだろ。でも、おっさんは全然関係ないだろうし、俺の話なんて真に受けたりしないだろ。だったら問題ないよな?」  そういう問題なのだろうかと思いながら、思わず俺は頷いた。  これは「お、おう……」としか返せない。  何だろう、妙に圧力というか変な感じがするなぁ。 「それでさ、その盗賊がクソ強くてな。男は変な魔導具を使って目くらましをしてくるわ、女のほうはウォルフが押されるくらいの怪力でよ」  あのウォルフが押されるって、どんな怪力女なんだ。  ゴリラでもウォルフに素手で勝てるか分からないよ。  この世界って化け物しかいない……のかなぁ。 「それで失敗したって事?」 「いや、火竜の鱗は取り返せた。キリリの魔術のおかげでなんとかな。それで町に戻る途中で、ファーレン王国の青の騎士団の連中に捕まったんだよ」 「ギルドの依頼だったんじゃなかったの?」 「そう伝えたんだけどな。俺達が盗んだって事になっていたんだよ、相手も盾の印が付いているし本物だった。そのままギルドに連れて行かれて、あのギルドマスター代理のバルムが『こちらで処罰をするのでよろしいですね』とか言いやがってよ」 「よろしいですねって、おかしくない?」  火竜の鱗はファーレン王国の国宝だ。  だから、王国側からギルドに依頼をしたのかと思ったんだけど、これだとギルド側は別から依頼を受けたことになるよね。  ギルドが依頼した任務なのに、ギルドの冒険者を切り捨てるようなやり方はどうなんだろう。  元の依頼自体が良くないものだったのかな。  だとしても、そんな依頼を扱うものなのかなぁ。 「そうだよな、おかしいよな。ウォルフもキリリも納得できなくて大変だったらしいけどな。けど、俺は特に暴れに暴れたもんだからよ。C級に降格されたって訳な」 「それは、大変だったんだねぇ」 「まあな。ただ、途中から熱くなってきてよ、楽しくなって暴れ過ぎたのは悪かったな! それで、俺だけ牢屋入りって訳よ」 「ま、まあそれは、自業自得かも?」 「そうかもしれねえ。それでな、どうしてこんな話をしたかって思うだろ?」  知らない間に少しガレイムとの距離が詰まった気がした。気のせいか、逃がさないような雰囲気っていうのかな、そんな空気を感じる。 「え、ええ、まあ……話たがりなのかなと」 「一人で寂しかったからな……って、そんな事じゃねえ! いいか、俺には妹がいるんだ。そりゃもう目に入れても痛くないくらいのな! 自分で言うのも何だが、天使のような可愛さなんだよ……」  と、ガレイムは妹の事を延々と語っている。  可愛いのは分かったけど、いい加減に飽きてきたよ。 「妹が可愛いのは分かったけどさ、それがどうかしたの?」 「それがどうかしたの? だとぉ!?」  ちょっと尋常じゃないガレイムの表情を見て、怯えた俺は諦めて言い直すことにした。こ、怖いし、話が進まないし、どうすればいいの。妹の事ばかりで……そうか、そういう事か! 「えっと、天使のような可愛い妹がどうかしたの?」 「そうなんだよ、そうだよ! 俺の可愛い可愛い妹のレノがな、例の怪盗に狙われたんだ! 俺がそばにいてやりたかったけど、生憎(あいにく)とこんな場所で何もしてやれなかった」  ガレイムは睨んでくるけど、俺が何かやりました?  会ったのも今が初めてなのに、よく分からない圧がかかってくる。  俺が妹だとして、こんな兄が居たら少し鬱陶(うっとう)しく感じるかもなぁ。 「妹が大事なのは分かるけど、そんなに心配していると嫌がられたりするんじゃないの?」 「うっ!! おっさん、よく分かったな! 最近、反抗期なのか何かと文句言われるんだよ。兄は悲しいぞ!」 「話を聞いたら、誰だって同じ事を言うと思うよ……」  ガクッとうなだれてしまうガレイムだけど、そのまま話を続ける。 「とりあえず、それは置いておく! 怪盗がレノをさらおうとしたけど、それは無理だった。何故なら、レノは大・大・大魔術使いだからだ!!」  急に起き上がって、謎の天を(あお)ぐポーズを決めるガレイム。  ……何だかレノって子が少し不憫になってきたんだけど、本当に妹の事になると駄目だね。戦闘狂とか言われているみたいだけど、単にシスコンってやつか。 「それなのに、怪盗はレノから逃げ切った! あの大魔術使いのレノからな! そのおかげでレノは体調を崩して絶不調なんだよ。そんなことをやらかした、怪盗の『おっさん』を許せるか? いいや、絶対に許せねえ!!」  天を仰ぐような態勢から一転、突然の手刀で俺の喉元を狙って突いてきた。  本当だったら当たっているんだろうけど、分かっていた(・・・・・・)から、身を翻して避けた。  俺の背後にある牢の鉄格子(てつごうし)を掴んだままガレイムは驚いた顔をしていた。  当てられなかったのが悔しいのか、握り締めた鉄格子からガタガタと音が聞こえる。  一回、衛兵の不意打ちを食らっているからね。  何か変な感じだったし、そこまで分かっていて今の攻撃を受けていたらさすがに間抜け過ぎる。 「おい、おっさん! お前が『怪盗』だったんだな? どおりで変な魔力だと思ったんだ。こいつのはおかしい(・・・・)って、俺の直感が言ってるんだよ!」 「ままま、待ってよ! 変な魔力って何? 話を聞いて!」 「怪盗の話を黙って聞けか! 覚悟しろよ!」  ガレイムが鉄格子から手を離した時、外側からその手を掴む者がいた。 「ふむ。いけないね。これは、間に合ったというべきかな?」  何の特徴もない、四十くらいの『おっさん』と呼ばれる人物がそこにいた。その人は少し笑いながら俺を見ていた。 「なるほど。これは勘違いする訳だ」  目を細めた姿は獲物を狙うかのような迫力があった。  その姿はただのおっさんだとか、とんでもない。  この人はたぶん……。 「誰だ! おい、手を離せよ! こいつもおっさんかよ!」 「たぶん、君が想像している通りだよ。私が『怪盗』と呼ばれているおっさんさ」  不敵な笑みを浮かべているけど、顔が何の特徴もないおっさんだったのであまり迫力はなかったけど……俺は魔眼で()てしまった。  あのルリを超えるくらい濃い魔力を持っている。 「我が名は怪盗バロン。この世界を(うれ)義賊(ぎぞく)というヤツだ」

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 文学少女

    緋雁✿ひかり

    ♡1,000pt 2020年6月16日 0時46分

    ガレイムも強そうでしたけど、怪盗バロン……ルリにも匹敵するような魔力とはまた、凄い強キャラが登場しましたね! 義賊かぁ。 とりあえず助けてもらったし、カイトにとって悪い人物ではなさそうですが、果たして? 妹のレノの話も出ましたし、今後のキャラ達の絡みが楽しみです♪

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    緋雁✿ひかり

    2020年6月16日 0時46分

    文学少女
  • あかべこ

    うららぎ

    2020年6月16日 5時19分

    シスコンのガレイムは後々(笑) カイトの魔眼での見立ての通り、怪盗バロンは強キャラです。 が、次回に目的が明らかになります。 そして、話に出てきたレノも色々ごにょごにょとなります(笑) ここから先はキャラ達のからみが見どころになりますかね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うららぎ

    2020年6月16日 5時19分

    あかべこ
  • 女子高生

    マナシロカナタ(かなたん)

    ♡500pt 2019年12月14日 22時00分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ラティナ(うちの娘)

    マナシロカナタ(かなたん)

    2019年12月14日 22時00分

    女子高生
  • あかべこ

    うららぎ

    2019年12月14日 22時31分

    いつも応援ありがとうございます! 何とか更新できましたけど、次回は早めに投稿したいところですね。盛り上げていくように頑張りますよ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うららぎ

    2019年12月14日 22時31分

    あかべこ
  • マンボウさん

    岩永和駿

    ♡200pt 2019年12月14日 20時15分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    待ってました!

    岩永和駿

    2019年12月14日 20時15分

    マンボウさん
  • あかべこ

    うららぎ

    2019年12月14日 22時30分

    いつも応援ありがとうございます! 待ってました!スタンプを見ると投稿したかいがあるというものです!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うららぎ

    2019年12月14日 22時30分

    あかべこ
  • マンボウさん

    野上

    ♡50pt 2019年12月14日 19時42分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    お疲れ様です

    野上

    2019年12月14日 19時42分

    マンボウさん
  • あかべこ

    うららぎ

    2019年12月14日 19時49分

    応援ありがとうございます! お疲れ様スタンプ、ありがと様です! なるべく早めの更新を頑張りたいと思うので よろしくお願いします!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うららぎ

    2019年12月14日 19時49分

    あかべこ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界に行きたかったので、ネット通販で『異世界の扉』買ってみた。

    もしも自由に異世界へ行けたら……

    4,400

    0


    2021年8月2日更新

    ある日、異世界に憧れる少年、天道遥翔はネットの通販サイトで異世界に行くことが出来る扉が販売されていることを知り、全財産をはたいて購入した。 しかし、一週間経って届いた商品は段ボールを切り貼りして作られた鳥居の様ななにか……いや“ゴミ”だった。 その場に居合わせた幼馴染みたちは詐偽にあったのだと遥翔を責めるが、当の本人はそれを『異世界の扉』だと信じて疑わず、説明書通りに『異世界の扉』を起動するのだった。すると、あろうことか『異世界の扉』が光り輝き遥翔たちのを包んだ。 そして、気がつくと彼らは見知らぬ場所に転移していた。 皆があり得ないと一蹴した『異世界の扉』それは本当に異世界に行くことのできる扉だった。 これは様々な異世界を冒険する少年少女の物語。 「小説家になろう」様「アルファポリス」様「カクヨム」様でも投稿しています。

    読了目安時間:10時間34分

    この作品を読む

  • Change the World 番外編集

    番外編の物語をまとめています☆

    200

    0


    2021年8月2日更新

    本編から外れた物語──番外編。 そこで語られるのは、誰かの人生。大きく目立ちはしないものの、確かに生きた時間。 そんな物語(じんせい)を集めてみました。あなたもそっと、見てみませんか? ───── ※不定期更新。本編優先です。 ※小説家になろうでも掲載していますが、退会と共に削除される予定です。 ※一部、小説★カキコで掲載していたものもあると思います。ただ、どれを掲載していたかは覚えていません。 ※童話系もなんでもひっくるめてます。オールジャンル(`・ω・´)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    56,300

    297


    2021年7月28日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 月影の砂

    五人の少年少女の英雄物語

    59,000

    215


    2021年8月1日更新

    突如として現れた邪悪なる魂、おとぎ話に語られる《絶望》。それは最初の英雄と呼ばれる五人の手によって封印された。 やがて千年の月日が流れ、五つに分けられた封印のクリスタルから絶望の魂の一部が解放されてしまう。 絶望は一人の少年を乗っ取り、己の野望を果たすためにひっそりと動き始める。 封印が解けたことに気づいた月の女神は、解き放たれた絶望を倒すために五人の少年少女に特別な力を与える。 のちに最後の英雄と呼ばれるこの五人のうちの一人、ルーセント・スノーは唯一絶望を倒すことができる守護者を与えられた。 田舎町の道場で剣術を習っていただけの少年は、仲間を探すために世界をめぐり、国を守るために将軍として軍を率いて、いまだ見ぬ絶望に立ち向かっていく。 ――――――――――――――――――――――――― <おしらせ> Teapotノベルスにて、書籍化に向けての応援を募集しています。 https://teapot-novels.com/vote/#item-494 ここから応援をお願いします。 現在、読みやすくするために修正中。1-終話まで完了(2020/12/29) ※一部の修正が完了しました。二部以降も修正したいですが未定です。一部と矛盾してるところも出てくるかもしれません。 サブタイトルの話数表記を変更しました。(2020/12/19) ※縦組みを想定して行間を詰めて書いています。 いつもスタンプ・ポイント、ブクマ等ありがとうございます(≧∇≦)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間9分

    この作品を読む