Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

異世界転移のお詫びに嫁をもらいました ~スキルか嫁か決断するためにおっさんは神との約束の地へ向かう~

読了目安時間:7分

少し嫌な予感がします

「はぁー。何だよ、お前らその微妙な空気は」  ガレイムがそんな顔をしているからだろうと、突っ込む気持ちを押さえて何があったのか聞いてみる。 「ガレイムこそ、レノに何か言われたの?」 「何ってさ、聞いてくれよ! レノが『もう私の事はいいから、兄様は自分のすべき事をしてください!』って言われて、もう俺はショックで苦しい!」  レノの部分が微妙に似ているし、大げさに頭抱えて言わなくても分かっているからやめてと言いたいけど言えない。  まあ、レノからしたらガレイムの事を思っての事なんだろうけど、こっちに被害がくるから優しく言ってあげて欲しいところだ。  するとウォルフがガレイムに言う。 「だったらよ、カイトたちと行って来いよガレイム。子供たちがいるところに」 「まだレノは体調が万全じゃないんだよ。俺がついてやらないと駄目だろうが」 「そう? レノならそんな頑張る兄の事をどう思うのか、あんたは分かっていると思うけど?」 「うーん……そうか、なるほどな! よし、俺が行ってやるよ!」 「はーい、それじゃ決まりね。こっちはあたしとウォルフに任せておいて。子供たちのほうはお願いね。あと、ガレイムはちゃんとお礼を言っておきなさいよ」  決まるとキリリとウォルフは二階に上がっていった。  あっさりとガレイムを言いくるめるのは凄かったな。  自然な流れで、ガレイムに行かせるようにするとは。  ガレイムが急に改まると、頭を下げる。 「レノの病原の根を治してくれて、助かった。本当に感謝している。この借りは必ず返す!」 「快方に向かっているみたいだし、良かったよ」 「……本当に良かったです。後は薬も不要で、自然に回復するのを待つだけです」 「そうみたいだな。顔色も良くなったし、心配し過ぎると怒られるからよ」  何となくガレイムがそばでしつこいくらい心配しているのが想像できた。  そりゃ、レノも怒るだろうなぁ。 「それじゃ、これで行くメンバーは決まったね。問題はどうやって外に出るかって所なんだけど……」 「……普通に外に出てはいけないのですか?」 「町の入り口で捕まっちゃったからね」 「いや、怪盗と間違えられたんだろ。カイトは問題ないって。俺は昨日までのはずだったんだけどよ、丁度バロンが来ただろ。まあ、問題ねえよな!」  ガレイムは笑っているけど、そういうものなのかな。  勝手に出た扱いになると思うけど。  でも、バルムとの衝突で多分牢屋もほとんど壊れているだろうし、恐らくそんな例外的なルールも無いだろうから、現場判断になるんだろうなぁ。 「それで大丈夫なの?」 「問題ねえよ。衛兵がいたら、隠れて外に抜け出すから少し待っていてくれ」  まあ、問題ないって言うならいいか。  ルリが俺を見て言葉を待っているようだった。 「じゃあ、ガレイムのほうは任せるよ。俺とルリは正面から外に出よう」 「……はい、では行きましょう」 「よし、いこうぜ! 案内してやるよ」  ガレイムに付いて行くと北門まですぐに到着した。  武器を携えて鎧を着込んでいる人達の出入りがちらほら見える。  あまりガチガチな鎧じゃなくて、軽量で動きがあまり阻害されない必要な部分だけって感じだった。  過去で見たのは中世でよくあるような鎧を着ている騎士もいた。  ロザリアに跪いた騎士たちは映画の特撮みたいな感じだったよなぁ。  今、目の前にいる人達を見ていると異世界にいるなって思う。 「おっ、ギルドの奴らしかいねえじゃん」  ガレイムがそう言うと門の入り口に立っている人のほうへ走っていった。  確かに南門で会ったような槍を持っている衛兵はいなかった。 「おい、何でお前らがそこにいるんだ?」  ガレイムの知り合いの様だった。  冒険者ギルドの仲間同士ってことなんだろう。 「なんだ、ガレイムか。もう牢屋のお勤めは終わったのか?」  相手は笑いながら茶化す様に言っている。 「うるせえよ。衛兵はどうしたんだよ」 「何か知らねえけど、ギルドマスターに呼ばれているみたいだぜ。代わりにギルドの依頼でオレらが衛兵の代わりを請け負ったのさ」 「へぇー。そりゃ、散臭い話だな」 「胡散臭いつーかさ。前にいたここの衛兵は愛想悪かったよな、何だか冒険者(おれら)を嫌な目で見るような感じがな」  ガレイムに追いつくと、話している人がルリを見ると急に声を高く上げた。 「こ、これはルリ様! おかげで骨折していた腕もこの通りで! ありがとうございます!」  男がペコペコ頭を下げていると、周りにいた人達や町に戻って来た冒険者たちが集まって来た。  皆が口々に「ルリ様!」と感謝の言葉で埋め尽くされた。 「お、おい! お前らどうしたんだよ! ルリが困ってるだろ!」  ガレイムの言う様に、ルリが困った表情を俺に向けた。  どういう事なんだろう。  怪我を治したのはルリというのは話では聞いていたけど、この群がる様な集まりができるほどの事なんだろうか。  いや、そうか。  ルリが無償で怪我を治療したから、こうなったんだ。  治療には寄付金がいると言っていた。  この町には、神官もいなければ怪我を回復できる人がいないし、薬の在庫もほぼ無い状態。疲弊しきっていた所に、無償(・・)で怪我人を回復させたんだ。  絶望の中にいた当人たちからすれば、それこそ神様のように見えるだろう。 「ルリが何か言わないと終わらないよ、これ」  ルリが黙ってうなずくと、皆に向かって声を上げた。 「……皆さん、感謝の気持ちは受け取りました。申し訳ないのですが、わたしたちは用事があるのでここを通りたいのです。よろしいでしょうか?」  そのルリの声で、ピタッと声が止んだ。  目の前に群がっていた冒険者たちが道を開ける。  その様はまるでモーゼが海を割った現象を思わせるように、綺麗に道が出来上がった。 「……皆様に、はは、んっ。……神のご加護を。カイト、ガレイムさん、行きましょう」  軽くお辞儀をすると、ルリは先頭を歩いていく。  それに俺とガレイムは慌てて付いて行った。 「扱いが凄い事になってるな。俺もルリ様って言わないと」 「……もう、カイトは意地悪です……」  少し拗ねたような声で言うルリが可愛らしくて、俺は少し笑ってしまった。 「おい、お前ら! どうでもいいけど、ルリを困らせるんじゃねーぞ!」  後ろを歩くガレイムが大声で言いながら、「しっしっ」と手で追い払うようにしていると冒険者たちが本来の場所に戻る様に散って行った。 「俺は様なんて言わねえからよ」 「……はい、そうしていただけると気が楽です」  ガレイムの言葉にルリはまた困った顔をしていた。 「まあ、でもアイツらの態度も分かるぜ。そこらのクソ神官とはレベルが違いすぎる。レノと同じ年で大したもんだよ」  石畳で舗装された道を歩いていると先に大岩が見えた。  後ろには森が広い範囲にわたって続いている。  ゲームだと岩を爆破すると洞窟の入り口が現れたりするんだけど、さすがに無いか。 「何かさ、あの大岩怪しく見えるのは俺だけ?」 「……わたしは怪しいとは感じませんけど……」 「普通じゃねえの? 岩なんてよ、そこら中にあるからな」 「そうなの? 俺がおかしいの?」  ルリは首を傾げるだけだし、ガレイムは何言ってんだコイツって目で見てくる。 この大岩、絶対怪しく見えるんだけどなぁ。  まあ、バロンから聞いた話もあるから怪しく見えるのかな。  大岩の目の前に到着すると、やっぱり何かありそうな感じするんだよなぁ。 「じゃあよ、早いとこやってくれよ」 「……カイト、頑張ってください」  まあ、頑張ってくださいって程の事じゃないんだけどね。  言われた通り、やってみますか。 「こうして、岩に手をつけて……『バロン』!」  岩に変化は起こっていない。  言われた通りのはずなんだけどなぁ。 「何も起きないね」 「やり方が悪いんじゃねえのか?」 「……どうやらこの大岩ではなく、こちらの森のほうみたいです」  ルリが指差す場所は、大岩の右側に見える森だった。  そこは空間が歪んだように見えている。 「この歪んでる部分から森に入れって事か」 「……そうみたいです」 「よし、なら行こうぜ! ちょっくら確認してくるわ」  ガレイムが勢いよく歪んだ空間に飛び込んだ。 「ちょっと、ガレイム! 仕方ないなぁ。ルリ、行こう!」 「……はい、少し嫌な予感がします」  ガレイムの後を追うように中に入ると、普通の森の中だった。  広場のような空間でとても明るい。  辺りには木々があるけど、それだけだった。  そこにはガレイムがいない。 「……カイト。ガレイムさんがいません」  ルリの声に反応するように、ガレイムの叫び声が遠くから聞こえてくるのだった。

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 強欲なる勇者の書 ~ 魔王城勤務の針鼠 ~

    魔王が勇者を返り討ちにした世界で。

    12,400

    10


    2021年7月31日更新

    金糸のような髪に琥珀の瞳。 私の人生に影響した出来事は数多いけれど、彼との出会いは最悪だったと胸を張って言える。 そう。あれはまだ私がいたいけな少女だった頃――去った戦争で母国を失った私は、七年弱という長いサバイバル生活を経て家族ともども悪徳宗教にまんまと騙された挙句、なんの因果か人売りに攫われて競売にかけられる一歩手前まで追い詰められていたのだった――! (1章回想) 奴隷!? 好きでなりたい訳ないでしょうが! 何が何でもこの会場をぶっつぶ……いえ、抜け出して自由になってやる! 強欲なる勇者の書。 紫目の少女と強欲な針鼠が辿った後悔と希望の記録。 これは、勇者がいなくなった世界のお話だ。 素直じゃない少年少女が真っ直ぐ前を向く為の旅路だ。 失くした記憶と、過去の贖罪と、未来の因縁と。全てをない交ぜにしてページは進む。 そして、私を知っている彼の事を――私は、知らない。 1章:私と彼の最悪な馴れ初め 2章:浮島での就職活動 3章:白魔術士と黒魔術師 4章:(いま書いています!) ※1 誤字報告など歓迎しています。 ※2 「カクヨム」「小説家になろう」でも投稿中の作品です。 ※3 他サイトに公開話が追いついたため、ここからゆっくりの更新となります。 週に一度程度、読んで頂けるとありがたいです(2021.02.28)。 表紙イラスト:傷の惑星 さん( @KizuNoWakusei )

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間37分

    この作品を読む

  • 海賊戦艦キサナドゥ~姫と繰侍と異世界人~

    ファンタジーロボットものです。

    2,200

    0


    2021年7月31日更新

    日本から異世界『アメリア大陸』やってきた高校生、田畑真は空を飛ぶ海賊戦艦、キサナドゥに居候しながら空を飛ぶロボット・ザンクルールのパイロットになり異世界で生き別れたはずの彼女、霧江戸杏を探す。しかしその杏はキサナドゥの宿敵、アフランシ・ダイケンの愛人となっていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • プロレスリング・ショー ワン・ナイト・スタンド

    プロレスを題材にしたオムニバス作品です

    70,300

    805


    2020年2月19日更新

    Please DO NOT Try this at home! プロレスを知らない、興味の無いという貴方にこそ読んでほしい! 男達の血と汗と涙が沁み込んだ白いリングの光と闇。 栄光と挫折。賞賛と罵倒。オムニバス形式で贈るプロレスリングの世界! RIP Animal Warrior 1960/9/12-2020/9/22

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • シルク、深淵の探求者(シルクシリーズ第一幕)

    一風変わった異世界ファンタジーになります

    5,000

    100


    2021年6月18日更新

    竜族、蜴族、鳥族。 三つの種族が住まうのは、地上より遙か地下。地上での生存はできなくなり、三つの種族は十の階層に分かたれた空間で過ごしていた。 竜族は神とも崇められるほどの絶対的存在、蜴族はそれを崇め、対して鳥族はどの種族よりも卑しいとされる血族。 しかし、この三種族のどれにも当てはまらない者、竜と鳥の混血となる者がいた。 彼は亡き友の想いを継ぎ、地上へ、空へと飛び立つことを決意する。 彼の名は、シルク。 -- 宗教色強めの作品になります。既存作品とはかなり毛色の異なるものではありますが、よかったらどうぞ。 第二幕: https://novelup.plus/story/873563933

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む