詩/短歌 短編集 連載中

心赴くままに

作者からの一言コメント

自由に生きたいのです_(:3 」∠)_

読了目安時間:2分

総エピソード数:4話

心赴くままに 心の言葉を 書き連ねていこう 心からの言葉を 今日まで生きてきた心の声で 好きなように唄おう * ノベプラの詩ジャンルが活性化してなくて驚きました:(;゙゚'ω゚'): なろうでもそうだったけど、日間が!!!100までない!!!!! そんなら悲しいことってありかよぉヽ(;▽;) っていうことで詩集を始めました。 ノベプラでは初投稿なので、お手柔らかに。 完全に思いつきなので、急にタイトル変えたり完結させちゃったりしても怒らないでね…………。 心赴くまま生きている人間なので(笑) *基本的に18時投稿でございまする……。

総エピソード数:4話

作品情報

作品名 心赴くままに
作者名 夢咲 星希
ジャンル 詩/短歌
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年7月10日 18時00分
最終投稿日 2022年8月5日 19時36分
完結日 -
文字数 899文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 12件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 868回敬遠された月出里逢

    無名の少女が史上最強となるプロ野球もの

    12,950

    1


    2022年12月4日更新

    現実より多くの人々が野球に熱狂し、男女問わずプロの舞台にさえ飛び込む別の現代。 無名選手の月出里逢(すだちあい)は高校3年の秋、野球への未練を完全に断ち切る為、分不相応だと自覚していながら敢えてプロ志望届を提出し、その年のドラフト会議の日を迎えた。テレビの前で同年代や大学・社会人の有名選手が次々と指名されていくのを溜息交りに眺めていたが、六巡目で逢はまさかの指名を受ける。 逢を指名したのは、日本球界12球団で"最弱"と名高い天王寺三条(てんのうじさんじょう)バニーズ。そして逢の指名を促したのは、かつての高校球界のスター投手で、現在は女子大生でありながらバニーズのオーナーも務める三条菫子(さんじょうすみれこ)。1学年違いの逢と菫子はお互いたった一度だけ練習試合で対戦したことがあった。 体格に恵まれず、実績的にも本来なら指名に値しない逢だったが、実は人間離れした身体能力を持ち、そして、その身体能力さえも霞む程の類い稀な才能を秘めていた。菫子は逢の破格の潜在能力を見抜き、球団再建に加え、ある別の目的の為に逢を引き寄せたのである。 これは、実力も精神もまだまだ未完の大器である月出里逢が、幾多の困難を乗り越え、やがてとある怪物投手と共に"史上最強"と謳われるまでの英雄譚。そしてそんな彼女と共に困難を乗り越える者達と、彼女に挑む者達の群像劇。 (1~3日に1回くらい?のペースで1回2000文字前後くらいを予定) (更新はAM12:00かPM18:00くらいになることが多いです) twitter:https://twitter.com/best_yayoilover 表紙絵や挿絵、設定画など:https://www.pixiv.net/users/57502957

    読了目安時間:6時間53分

    この作品を読む

  • 小さな海のその下で

    異世界‪✕‬女子‪✕‬動物✕近未来

    54,950

    730


    2022年12月3日更新

    見渡す限りの海だった。 世界は海に沈んだ。 人々は、沈んだ街の上に浮かぶ小さなあばら家で、少ない資源を分け合いながら、奪い合いながら暮らしている。 でも、だけど、そんな世界でも、人々は確かに強く生きている。 そんなこの町の数少ない娯楽の一つ【イルカレース】 ウズはイルカレースの騎手をしている。 ウズには目標が二つあった。 一つ。亡き父の遺した借金を返済する事。 二つ。いつか有名になり、いなくなった母を探し出す事。 今日もウズは相棒のイルカ、キューイと共にレースに出走し続ける。 例えどんなに勝てなくても。 そう、ウズとキューイは、とてもとても弱いレーサーだった。 だけど、ウズとキューイには泳ぐ事しかできないから。 どんなに負けても、一人と一頭は泳ぎ続ける。 ……その日、そいつと出会うまでは。 ☆表紙画像☆ Picrewの「振り向くあの子」さんで作成させて頂きました! https://picrew.me/share?cd=8BvS35v9Qu #Picrew #振り向くあの子

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む