連載中 長編

ナイトゲイザー

作者からの一言コメント

夜の町で怪物と戦う少年少女達の物語

(読者様からのアドバイスで、1話、2話の構成を少し変えました。ストーリー展開は特に変わらないです) カリンスク粒子という特殊な霧に包まれた夜の町を舞台に、少年少女達は戦う。 イドと呼ばれる巨大な生き物を狩るために、そして町の人々の命を守るために…夜を駆ける。 これは、人知れず闇を纏って戦う少年少女達の、喪失と成長の物語。 ※中高生の頃に考えてた(妄想していた)お話を、小説にしてみました。いわゆる俺TUEEE系ではないですが、中二成分は強めかもしれません。 読みやすいようにがんばって書きます。 ご意見、ご感想など聞かせてもらえると嬉しいです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ナイトゲイザー
作者名 あべしん
ジャンル SF
タグ 少年少女 アクション/バトル ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月30日 19時49分
最終投稿日 2020年8月11日 19時51分
文字数 17,179文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 19件
応援ポイント 9,800pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡280,500

    〇2,184

    SF・連載中・60話 新星

    2020年8月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • あの夏コン参加作品です。

    ♡5,100

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話 咲蘭

    2020年8月12日更新

    「花火は魔法の光なのよ」 花火を見るとあの夜を思い出す。 それは──僕の小学校最後の夏休みの出来事。 僕が恋した女の子は、隣家の不思議ちゃんだった! 蝉時雨の中で、今夜八幡祭りの花火があがる。 そんな──夏の日の物語。 ※あの夏コン参加作品。

    タグ:

    あの夏コン

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 超能力者×陰陽師!? バトル×恋愛!!

    ♡1,991,831

    〇80,234

    SF・連載中・291話 くにざゎゆぅ

    2020年8月13日更新

    ~ノーコン超能力者と陰陽師とジェノサイド少年でバトルやラブを!~ 不思議な力を宿すロザリオの出どころを探るために、海外赴任の両親と別れて日本に残ったヒロイン・ほーりゅう。叔母の監視下とはいえ、念願の独り暮らしをすることに。 そして転入した高校で、怪しげな行動を起こす三人組に気づく。その中のひとり、男子生徒の胸もとには、自分のものとそっくりなロザリオが。これはお近づきになって探るしかないよね?! ヒーローは拳銃所持の陰陽師!? ヒロインはノーコン超能力者の天然女子高生! ライバルは一撃必殺のジェノサイド少年!! ラブありバトルあり、学校や異世界を巻きこむ異能力系SFファンタジー。 舞台は日本…なのに、途中で異世界に行っちゃいます(行き来します) 学園コメディ…と思いきや、超能力×陰陽術×エージェントまで加わってのバトルアクション! そしてヒロインは超鈍感…でも、恋愛はできるのです!! キスメットは、運命という意味。彼らの辿る運命を見守ってくださいませ☆ ※暴力描写・恋愛描写は、物語上必要な量を盛り込みです。タグのR15は保険です。 ※ジャンルは迷ったうえで、スペキュレイティブ・フィクション(SF)にいたしました☆

  • その都市の空は蒼かった

    ♡10,700

    〇310

    SF・連載中・12話 星乃 蓮

    2020年8月13日更新

    とある一人の天才エンジニアによって実現された拡張現実技術は、瞬く間に世界へと広まった。今や人々の生活にはVERT-ベルトが不可欠のものとなり、拡張された現実世界のなかで新しい世代の生活を送っている。眼鏡をかける手軽さで、三次元空間に固定された種々の情報技術の恩恵を享受しているのだ。ある時、Galass-Data-Serverの奥底に眠っていた遺志が動き始めた。ゆっくりと、しかし着実にその異変は現実世界へと侵食を始めるなかで、ただ一人の青年がその変化を感じ取っていた。ファンタジーという幻想が喪われた科学技術の世界で、新たな黄昏の神話が刻まれる。