詩/短歌 短編集 連載中

詩集・胡蝶蘭

作者からの一言コメント

この声が枯れるまで、君を愛したかった。

恋愛系の詩を思い付くまま。 悲恋もあります。 更新は思い付いたときに不定期で行います。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 詩集・胡蝶蘭
作者名 六佳
ジャンル 詩/短歌
タグ 恋愛 悲恋
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月28日 15時14分
最終投稿日 2020年10月24日 15時00分
文字数 1,495文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 820pt
ノベラポイント 30pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋か復讐か

    ♡373,822

    〇22,052

    異世界ファンタジー・連載中・51話・139,301字 佐倉 こよみ

    2020年10月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 そこへ偶然訪れた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強と謳われるアリスの元で四年の修行を経たシオンは、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 最初の村で会った記憶喪失の少女・レヴィが、新たな冒険仲間として行動を共にすることになった。 復讐を頼りに生きているシオンだったが、レヴィと様々な地を旅していくうちに、もう一つの生き甲斐が芽生え始める。 しかし、それを嘲笑うかのように燃え上がっていく復讐の因子。それはシオンの内側に植えつけられていた。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 週1更新します。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡71,400

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・55話・283,541字 普門院 ひかる

    2020年10月31日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 詩のような、詞のような

    ♡200

    〇0

    詩/短歌・連載中・4話・1,631字 椿花

    2020年10月31日更新

    詩のような、詞のようなものを書いていきたいです。 もし、曲にして頂ける方がいましたら、プロフィール欄からTwitterのDMまでご連絡ください。

    タグ:

  • 一日一個の詩を書いてみようという挑戦。

    ♡24,000

    〇100

    詩/短歌・連載中・122話・17,068字 有村秋風

    2020年10月31日更新

    一日一個の詩を書いてみることに挑戦したもの。書きたいように書きなぐっているのでテーマはバラバラです。 三行くらいのとても短いものばかりなので日めくりカレンダーみたいなものだと思ってください。放っておいても勝手に生えてくるイメージで「茸」とつけてます。浮かんだものを書きなぐりながら、自分の技術の向上を目指しています。 検索かけたら他にも同じことしている方がいらっしゃるようなので何番煎じかは分かりませんが。

    タグ:

    短詩