恋愛/ラブコメ 長編 連載中

気になるあの子はヤンキー(♂)だが、女装するとめっちゃタイプでグイグイくる!!!

作者からの一言コメント

可愛ければ、なんでもいい☆ 男の娘でも

読了目安時間:10時間50分

気になるあの子はヤンキー(♂)だが、女装するとめっちゃタイプでグイグイくる!!!の表紙

万年童貞の新宮 琢人(しんぐう たくと)はひょんなことから、通信制の高校に入学。 入学式で出会ったのは琢人のどストライクゾーン、貧乳、金髪、緑の瞳、色白、ハーフの美少女 ……ではなく、ただのヤンキーの男の子。 古賀(こが)ミハイル ミハイルを見つめていたことで、「ガン飛ばした」と因縁をつけられて、彼女いや彼から「なぜだ?」との問いに、琢人は純粋に答えた。 「かわいいとおもったから」 その一言で、琢人とミハイルとの歪んだ出会いがはじまり、琢人との思惑とは裏腹にミハイルからのアプローチがすごい! しかも、女装すると琢人のめっちゃタイプな女の子に大変身! 口調まで琢人好みに変えてくれるという神対応! でも、男装?時は塩対応……。 あ~だから男の娘だとわかっていても、可愛ければいい! 禁断ラブコメディー、ここに開幕!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 気になるあの子はヤンキー(♂)だが、女装するとめっちゃタイプでグイグイくる!!!
作者名 味噌村 幸太郎
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男の娘 福岡 ボーイズラブ ラブコメ あまあま 創作BL 女装 ヤンデレ R15 ツンデレ BL 女装男子 かわいい 女装男子 ヤンキー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月8日 16時38分
最終投稿日 2021年7月27日 13時00分
完結日 -
文字数 325,048文字
読了目安時間 10時間50分
ブックマーク登録 65件
コメント 14件
スタンプ 378件
ビビッと 15件
応援ポイント 176,100pt
ノベラポイント 1,530pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • セシャトのWeb小説文庫 a la carte dans Novel up

    Amuse - toi Bien!

    57,200

    300


    2021年8月3日更新

    現在、活動をされているWeb小説作家の方々の作品を本物語であざとさの化身、妖怪甘味狂いの古書店「ふしぎのくに」店主であるセシャトさんが紹介させていただく、リアルタイムハーフノンフィクション、ノベルアップセレクションだったり。三ツ葉きあさんより素敵なイラストを頂き突発にて勝手に公開 当方から紹介させていただいた作品から何点か書籍化作品がでてくれた事は大変嬉しく思います。 世の中にはとても面白いWeb小説が沢山あります。それらを一つでも多く紹介、発信していければという事で神様より生み出された尖ったノベプラ部隊の厳選紹介小説です。 ※紹介させていただく作品や作者様には了解を取っております。 また、さまざまな方と交流し、紹介をさせていただきますので突然、これを見られている貴方、あるいは貴女へアポイントに向かうかもしれません。 さぁ、一緒にWeb小説の世界を覗き見ましょう。 ちなみに、何かあればセシャトさんに言ってください。 ⇨責任転嫁

    読了目安時間:2時間10分

    この作品を読む

  • 終末街の無軌道少女隊~ゾンビや化物が跋扈する封鎖された城郭都市で、重犯罪人の女性たちが好き勝手に生き抜くそうです~

    反社会派web小説の金字塔!(独断)

    100

    0


    2021年8月3日更新

    これは一癖も二癖もある元女囚人達と、集団唯一の良心である一般人の少女が、何にも囚われず好き勝手に生きる新感覚日常物語である。 時をさかのぼること数年前、世界屈指の犯罪大都市に、突如として摩訶不思議な力を行使する異形の化物共が現れる。 囚人街と蔑まれた都市は、一夜にして終末街へと早変わりをした。 事態を重く見た時の政府はすぐさま軍隊を投入するも、じわじわ被害が拡大していく。 時を同じくして、各地から信じられない報告が相次いだ。なんと哀れな犠牲者達が再び起き上がり、仲間であるはずの人間を次々と襲い始めたというのだ。 後にゾンビ症と呼ばれ、意思を持たぬはずの死体が空腹に突き動かされ、新鮮な人肉を求め彷徨い歩くという、未だかつて人類が経験した事の無い最悪の事態だと判明する。 あまりの被害の大きさに政府は即応集団のみならず、各地方面軍を招集。次いで国際社会の呼びかけ応じる形で、多国籍連合軍を結成した。更には足りない人員を埋めるため、減刑を餌に囚人をボランティアと称し当該地域へ投入する事で、事態の収拾に当たっていた。 しかしなんの成果も挙げられず、ゆっくりとだが確実に被害地域は広がっていった。 一進一退の攻防を続けて約一月。遂に最終防衛ラインが都市外部へと差し掛かろうという所で、世界と都市の人々の運命を決定付ける、ある決断が下された。 化物の進行を止めるため、政府によって秘匿されていた独立特務機関である『九曜機関』の手によって、荒端境と呼ばれる大結界を使い、都市ごと化物とゾンビを隔離したのだ。数万人の生存者を残したままに。 その後すぐに、万が一に備え建てられた、通称『隔絶の城壁』で都市周囲を完全に封鎖。この壁によって化物の進行を防いでいると、表向きには発表されていた。 そして現在。都市に点在する生き残り達の集落から離れた、小高い丘の上にある豪邸。そこでは政府から見捨てられた数人の女囚人たちが、身を寄せ合って共に過ごしている。 様々な事情を抱える彼女達だが、今日も地獄の一丁目で、現状に折り合いをつけ生活しているのだった。 不幸と騒乱を、周囲にまき散らしながらであるが……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む