SF 長編 連載中

BACKWORKER'S ROCK

作者からの一言コメント

バディ×アクション×クリーチャー

読了目安時間:25時間28分

総エピソード数:179話

BACKWORKER'S ROCKの表紙

“メメント”と呼ばれる異形が闇に跋扈する世界。裏稼業〈異法者〉の青年エヴァン・ファブレルは、相棒レジーニとともに人知れずメメントと戦う日々を送っている。エヴァンはメメント討伐のために強化された戦闘員〈マキニアン〉だが、記憶の一部を失っていた。 ある日、メメントを任意に生み出している疑いのある無法集団が現れ、エヴァンとレジーニはその調査に乗り出す。集団の正体は脱走した囚人たちだと突き止めたが、そのリーダー格の男は過去のエヴァンを知るマキニアンだった。 洋画テイストの爽快バディ・アクション小説。

総エピソード数:179話

総エピソード数:179話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 BACKWORKER'S ROCK
作者名 七ツ枝 葉
ジャンル SF
タグ アクション/バトル 男主人公 近未来 異能 シリアス バディ クリーチャー 恋愛
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年4月11日 20時00分
最終投稿日 2022年9月26日 21時30分
完結日 -
文字数 763,868文字
読了目安時間 25時間28分
総エピソード数 179話
ブックマーク登録 84件
コメント 114件
スタンプ 353件
ビビッと 65件
応援ポイント 385,900pt
ノベラポイント 1,200pt
応援レビュー 4件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 此の世の終わりで、君と最後の珈琲を

    終末世界でコーヒーを探す少女たちのお話

    44,500

    100


    2022年9月27日更新

    大崩壊と呼ばれる文明の滅亡から、数十年後。生き残った人々は、大企業が残したシステムに依存し、その企業によって生み出されたキカイと呼ばれるロボット群から怯えながら、生き延びていた。かつては千葉と呼ばれた下総の国、サトミと呼ばれるコロニーで、カフェを営む少女、貝渚(カイスカ)ロイネと、彼女の育ての親であるキカイ、貝渚キコは、絶滅したと思しきコーヒーを追い求めて、奇々怪々な危険地帯である下総の国を探索する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間21分

    この作品を読む

  • 毎日掌編を書く場所(in2022年)

    ネタくれたら書きます

    700

    0


    2022年9月26日更新

    元は日記とかも書く予定だったんですが、予想以上に掌編の確率が高かったので2022年はほぼ掌編で月頭に日記って構成になると思います。 ジャンルはマジでその日の気分で決めてるので迷いましたが、とりあえずSFにしとく。 投稿時間は夕方~日付変わるまでのどっか。 pixivファンボックスで清書版を投稿してます。 元を頂いている診断メーカーはコチラ→https://shindanmaker.com/828102

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 姫のためなら~♪ 姫のためなら~♪ 僕は他の世界へ迄飛んで行く~♪ (改修版)

    双子の姫に呼ばれたおデブの仲頴の運命は~

    75,600

    826


    2022年9月26日更新

    主人である高校生の少年上田仲頴(うえだ ちゅうえい)なのだが。ある日突然彼の枕元に毎夜、毎夜の如く女性。それも? 二人の上に双子の姉妹が訪れ枕元に立ち、というか? ベッドに座り、添い寝をしては、思春期である主人公。ヒーロを誘うのだ。己、自分達姉妹をね。助け、救え、だけではない。主人公である、おデブな仲頴が、思春期であるから。自分達が添い寝をする度に邪な汚らわしい、不純なこと、行為をしたのだから責任をとれと呟く。いや、告げる、ではなく凛と神々しくエルフのお姫さま二人は、某シネマ。それも? 特撮怪獣映画の双子のヒロイン達のように、声を合わせ責任をとれと下知、だけではい。仲頴の両親に合い。自分達は人種でないエルフの娘、皇女になるのだが。『貴方達二人の子である仲頴に。この清い身体を悪戯されたのだから。責任をとって欲しいと嘆願。押しかけ女房になる。なるのだから宜しくお願いしますと告げる。 すると? 仲頴の両親は己の顔色を変え、人種の物ではい者に家の一人息子をやる訳にはいかぬ。無理だと告げることはない。ないのだ。 そう? 容姿が余りにも優れぬ、芳しくない己の息子の将来。多分? 家の息子は死ぬまで独り身。孤独死をするのだろう。だろうな? と。己の心を痛め危惧し、不安になっていた両親だから。エルフの姫さま二人が仲頴が死ぬ迄。そう、老後も介護してくれると申すので、ありがたや! ありがたや! と、貰って頂くのだよ。 だから主人公、異世界ファンタジーのヒーロになった。加わったおデブな仲頴は、己の頭と力を駆使してエルフの姫さま二人、劉弁と劉協の巫女殿下二人を後漢の時代の動乱、波乱万丈から救えることができるだろうか? とにかく異世界と近代日本の学園、街中を舞台にした現代ファンタジーな物語で御座います

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間15分

    この作品を読む

  • 幸せな高校生活を送ろうと、日夜ゾンビと戦う過酷な世界で生きようと、今日も俺は夢を見る

    割としっかりしていて今でも気にいってます

    25,400

    1,200


    2022年9月24日更新

    人間の三大欲求とされる睡眠という名の欲求。 俺はこの睡眠において、少しおかしな特性を持っている。 夜の9時には抗うことすら許されない程の強烈な眠気によって夢の世界に入り込み、例えどんなに眠かろうと、必ず朝の6時に起きてしまう。 その合間に起きることは無く、例え、どんないたずらをされようと、俺が目を覚ますのは決まって6時だった。 そして、決まっていつも同じような夢を見る。 夢で見る世界はいつも決まって同じ舞台だった。俺の知っている都市は壊滅的な状況に陥っており、外に出れば荒廃した世界がただ広がるだけの世界。そこに笑いあい、怒りあう人間の姿は無く、居るのはゾンビと称された元人間だけであった。 そんな世界で、俺は頼れる仲間と共にその荒廃した都市に蔓延るゾンビ達と日夜戦っていた。 不思議な不思議な夢で、その世界の俺はその世界を夢だと認識することは無く、同じように夢で見る平和な高校生活をまるで懐かしい思い出でも見ているかのように現実とは思ってもいなかった。 俺は約一年間に渡って、この奇怪な現象に悩まされてきた。 そして、もう二度とこの変な症状は治らないんだなと諦めかけていた時、俺の前に一人の少女が現れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:53分

    この作品を読む