恋愛/ラブコメ 長編 連載中

夕刻、迎えることできず。

作者からの一言コメント

幼馴染編完結 次エピソードアンケート中!

夕刻、迎えることできず。の表紙

未来へと踏み出すための、軌跡をなぞる物語……。 日常という光の裏には、必ず非日常という闇がある。 この男、“百目鬼静司(どうめきせいじ)”もまた裏街道を行く、不良少年の一人。 「オイ、今俺が負けるって言ったよな? いい度胸だ。売られた喧嘩は買うのが主義。一人残らず殴り倒してやるつってんだよ!」 誰もがその名を聞けば、震え上がるのは必然であり、触れることは一切のタブー……。 しかし今、それは破られようとしている。 高校の屋上で奇妙な先輩、“水無瀬澪(みなせみお)”と百目鬼静司が出会ったとき、日常は音を立て崩れ、非日常が幕を開けた。 不良少年とどこかズレたヒロインたちの、非日常系ラブコメをお楽しみください……! イラスト:白瀬結衣 様 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 夕刻、迎えることできず。
作者名 紅 真
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ シリアス 男主人公 現代日本 HJ大賞2020後期 ヤンデレ ハーレム 不良 喧嘩アクション ズレたヒロイン 非日常系ラブコメ ノベプラオンリー コメディ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月13日 18時48分
最終投稿日 2021年2月28日 23時30分
完結日 -
文字数 149,390文字
ブックマーク登録 15件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 14件
応援ポイント 16,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 付き合ってる?いいえ、付き合ってません。

    ♡17,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・110話・84,047字 尿路結石

    2021年3月1日更新

    鳥谷部オウカ:高校二年、男子。フツメン。そこそこモテる。 花野木アスカ:高校二年、女子。美少女。めっちゃモテる。オウカに限り下ネタOK。 二人は家もお隣同士の、幼稚園からの幼馴染である。 「ねぇ、オウカ」 「なんだ、アスカ」 「私、今日告白された」 「マジで? 誰にさ?」 「サッカー部の野田先輩。主将やってる」 「なに、告白って? お前の靴を隠したのは実は俺なんだとか言われたの?」 「なんでそうなるのよ。愛の告白よ。好きだって言われたの」 「愛してるじゃなくて好きなら、好意の告白では?」 「あげ足とらないでよ。どうしよっかなって。付き合おうかな?」 「好きなの?」 「別に好きじゃないけど、男子と付き合ったこと無いし」 「なら止めとけば? 評判悪いよあの先輩」 「どう悪いの?」 「……イケメン」 「それ良い評判じゃないの?」 「あとはほら、サッカーが上手いとか」 「それも誉め言葉じゃん」 「……」 「嫌なの? 私が先輩と付き合うの?」 「……別に」 「そう、じゃあ付き合うの止めるわ」 「……俺は別に」 「あーあー、いつになったらオウカは幼馴染離れしてくれるのかしらねー」 「……アスカこそ、いつになったら放課後に直で俺の部屋来るの止めるんだよ」 「来なかったら、寂しい癖に」 「そっちこそ」 ……これは、どう見ても付き合ってるのに付き合ってないと言い張る幼馴染男女の、傍から見たらイチャついているだけの日常会話を、ただただ記す物語である。 ※カクヨム様、小説家になろう様にも掲載してます

  • 北の地でのちょっと切ないラブストーリー

    ♡3,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・42話・92,182字 コーキ

    2021年3月1日更新

    北国の街札幌で調理師として働く孝太。 ある日、日課の天体撮影をしていた彼は夜の公園で一人の女子高校生と出会う。 その彼女の容姿は孝太の彼女だった栞と見間違えるほどよく似ているのだった。 違うと言えば左目元の小さなほくろがないくらい…… そんなはずがない…… だって栞は…… 栞を失った、あの日から3年。 止まってしまっていた孝太の心が動き出す。 高校時代からの親友である司、佳と共に綴るちょっと切ないラブストーリーです。