現代/その他ファンタジー 短編 完結済

神代列車

作者からの一言コメント

夜に揺られて夢をみましょう

夜空を進む電車の中で目を覚ます。 そこは「神代列車」。 神様の代わりに正しい場所に進む船。 兎の婦人が現れて貴方と共に揺られてく。 一夜の夢の電車のお話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 神代列車
作者名 僕話ヒノトリ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 女主人公 現代日本 童話風現代話
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月27日 21時00分
最終投稿日 2019年9月27日 23時06分
文字数 5,057文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 3,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡389,100

    〇2,484

    SF・連載中・70話・395,818字 新星

    2020年10月18日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 社畜と契約魔獣が織り成す異世界冒険譚

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・18,440字 安堂羽羽

    2020年10月21日更新

    VRMMOがゲームのジャンルとして手垢まみれになった時代。 人生に疑問を持ち始めた社畜の主人公・広瀬陽之は、大学生時代に熱狂したVRMMORPG《フィフスマギナ》のサービス終了を当日に知る。 サービス終了二時間前にログインするのだが――消えてしまったセーブデータ、いつまでも経ってもログアウトできない状況、記憶とどこか異なる世界への違和感に戸惑いながらプレイを続ける。 そして、データと共に消えてしまったはずのかつての仲間・契約魔獣と再会を果たした時、陽之はモンスターテイマー職たる魔獣操師(マギナハンドラ)のハルとして、ゲームの世界で再び旅を始める。 帰る方法と、きっと世界のどこかに居るはずであろう仲間・契約魔獣たちを探すために。 だが、彼は知らなかった。 契約魔獣たちがどんな思いで彼と共に居たのかを。 社畜と契約魔獣が織り成す異世界?冒険アクションファンタジー。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※当作品は、小説家になろう、カクヨムにおいても重複投稿しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世紀末ダークファンタジー

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・6話・13,378字 カオス饅頭

    2020年10月22日更新

    第三次世界が終わってから何年が過ぎただろう。世界は一部の特区を除き、荒野をアウトローが支配した。 その為人々は安心を求めて寄り添い合うのは簡単な流れだったのだ。それが例え間違った形でも。 文明を発展させる事を諦めた有力者たちは不死者を作り出し、人々を導かせようと考えた。 しかし、それは不死者になる事で『アルカナ』という能力に目覚めた人類が戦う新たな争いの幕開けでもあったのである。

  • 絡み合う嘘と嘘。騙されているのは誰?

    ♡58,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・64話・171,056字 新名 新

    2020年10月22日更新

    ある年の冬、北海道沖に浮かぶ小さな離島が一晩で無人島と化した。 この出来事に関する情報は一切伏せられ、半年以上経っても何が起こったのか明かされていない――。 ごく普通の生活を送ってきた女性――小鳥遊蒼《たかなし あお》は、ある時この事件に興味を持つ。 事件を調べているうちに出会った庵朔《いおり さく》と名乗る島の生き残り。 この男、死にかけた蒼の傷をその場で治し、更には壁まで通り抜けてしまい全く得体が知れない。 それなのに命を助けてもらった見返りで、居候として蒼の家に住まわせることが決まってしまう。 蒼と朔、二人は協力して事件の真相を追い始める。 正気を失った男、赤い髪の美女、蒼に近寄る好青年――彼らの前に次々と現れるのは敵か味方か。 調査を進めるうちに二人の間には絆が芽生えるが、周りの嘘に翻弄された蒼は遂には朔にまで疑惑を抱き……。 誰が誰に嘘を吐いているのか――騙されているのが主人公だけとは限らない、ファンタジーサスペンス。 ※作中に登場する地名には架空のものも含まれています。 ※痛グロい表現もあるので、苦手な方はお気をつけください。 ※本作はカクヨムで掲載している完結済作品の改稿版です。 1話が2000〜3500字程度になるよう分割しているため話数が増えて各話タイトルも変わっていますが、ストーリーに変更はありません。 (同じものを分割せずになろうにも掲載しています)