異世界ファンタジー 設定・プロット 完結済

電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−  の世界設定

作者からの一言コメント

こんな、滅びに瀕した世界なんです。

読了目安時間:24分

電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−  の世界設定の表紙

電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル− の世界設定です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−  の世界設定
作者名 林海
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界設定コン ほのぼの 男主人公 電気と魔法 カタストロフィー 滅亡 救世主 電気工事士
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月4日 16時57分
最終投稿日 2021年5月14日 13時34分
完結日 2021年5月14日 13時33分
文字数 12,092文字
読了目安時間 24分
ブックマーク登録 1件
コメント 2件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,200pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔法使いの弟子?〜呪われた姫と東西の魔法使い〜

    糸目の少年が異世界で頑張る話です!

    500

    0


    2021年6月23日更新

    高校1年生の花前志朗(はなまえしろう)はある日の夜、大きな荷物を持ち道に迷っている老婆と出会った。 声を掛けた志朗に老婆は「少し手を貸してくれるかい」と言い、言われるままに老婆が差し出す手を取った志朗は次の瞬間、全く見覚えの無い森に1人で立っていたのだった。 更に、2本足で立った猫が志朗に向かって「お待ちしておりました『魔法使いのお弟子様』王様が首を長くしてお待ちです」と言ったのだった。 訳も分からないうちに『魔法使いの弟子』にされてしまった志朗。彼は一体どうなってしまうのか……。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • グランティル大紀行

    現在三章突入  一人の少年の大冒険譚

    451,550

    779


    2021年6月23日更新

    絶海の孤島に存在する凶悪犯を収監した刑務所ジャルダン。 そんな場所になんの落ち度もない少年リアンが送り込まれる。 どうして自分がこんなところに? 途方に暮れるリアンだが、島の親切な人々に助けられ、島から出るまでの間をそこで過ごすことに。 しかし島の刑務所では、静かにある計画が進行していたのだ。 この物語は、リアンという気弱で非力な少年が、いろいろな経験を得て少しずつ成長していく過程を描写した成長物語です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間9分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 負けるとご褒美映像のあるタイプの女勇者に転生してしまったorz

    ㊗️1周年イラスト追加 🔞に異世界転生!?

    470,700

    13,260


    2021年6月20日更新

    プロットあり ‪https://novelup.plus/story/406532720‬ 現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間36分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    41,100

    360


    2021年6月4日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※あくまで、これは恋愛物語です ※画像は自作 あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間5分

    この作品を読む