コメディ/ギャグ 短編 完結済

社内報で代筆を頼んだ男

作者からの一言コメント

夏祭りというテーマで書きました

読了目安時間:5分

総エピソード数:1話

会社員の鶴見は、自分が書くべき社内報の事を忘れてしまい、締切が明日という状態になってしまった。 書くネタの無い鶴見は、後輩で小説を書いている秦に社内報の代筆を頼むものの……。 夏祭りというテーマで短編を書きました。

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 社内報で代筆を頼んだ男
作者名 Range
ジャンル コメディ/ギャグ
タグ コメディ 男主人公 現代日本 会社
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年8月24日 22時04分
最終投稿日 2022年8月24日 22時08分
完結日 2022年8月24日 22時02分
文字数 2,386文字
読了目安時間 5分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • <神の視点>を持つ王女

    勉強会参加作品。王女が翻弄されます。

    1,100

    0


    2022年12月9日更新

    ノベプラ勉強会(第3回お題:一人称と三人称を混在させるには?)の参加作品です。 サザン王国の第5王女、エクレア。彼女は魔族軍によって幽閉されていた。その部屋に、王国軍の兵士アイシャが新たに幽閉される。エクレアは退屈な部屋の中に話相手を得るものの、スキル<神の視点>に目覚めていた彼女には余計なことまで見えてしまい……というお話です。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • まじぼらっ! ~魔法奉仕同好会騒動記

    ラブコメではなくラブギャグです!

    2,950

    0


    2022年12月9日更新

    芹沢つばめは恋に恋する普通の女子高生。入学初日に出会った不思議な魔法熟… 少女に脅され… 強く勧誘されて「魔法奉仕(マジックボランティア)同好会」に入る事になる。 これはそんな彼女の恋と青春と冒険とサバイバルのタペストリーである。 1話あたり平均2000文字なので、サクサク読めますよ! いわゆるラブコメではなく「ラブ&コメディ」です。いえむしろ「ラブギャグ」です! たまにシリアス展開もあります! 【注意】作中、『部』では無く『同好会』が登場しますが、分かりやすさ重視のために敢えて『部員』『部室』等と表記しています。 不定期更新です(1〜3日おきに更新していきたい)。 カクヨムにて先行連載しております。

    読了目安時間:13時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 心療内科の友美さん ~私、動物専門なんです~

    読んで頂けたら幸いです

    103,900

    776


    2022年9月3日更新

    動物と話が出来るあくまで自称心療内科医(動物専門)でスキル発動の特技を持つ、中学2年生、加納友美さん。 コミュ障気味で面倒くさがり屋だが、断れない友美の前に相談に現れる様々な動物たち。 猫・うさぎ・犬・鳥・爬虫類などなど。 そしてその動物たちに振り回される毎日・・・・・。 ガチのチャリ立ち漕ぎさせられたり・・・ボードゲームやらされたり・・・セクハラされたり・・・いじめられたり・・・説教されたり・・・。 そんな中、恋の悩みや人間からしたらどうでもいい悩みを友美さんが悪戦苦闘もするが、一つ一つ解決していき成長していく日常。 ラブコメもあります。

    読了目安時間:6時間56分

    この作品を読む

  • あじさい色のアミィ~永久に枯れない花束を~

    全てのメイドさん好きの方に捧ぐ

    0

    0


    2022年12月10日更新

    アンドロイドの普及が進み、アンドロイドが『第二の人類』とまで呼ばれる域に至った近未来に、『響 恭平』の元にやって来たメイドアンドロイドの『アミィ』。 アミィは表裏のない素直な性格で、やや気弱で真面目すぎるところはあれど、基本的には主人のために全力をもって仕事に臨む気概を持ったメイドである。 そんなアミィは、恭平の為にメイドとしての仕事をこなそうと奮闘するが、そんな意気込みとは裏腹になぜか失敗の連続で、アミィの中に徐々に自責の念が積もっていく。 恭平はアミィが気楽に仕事に臨めるようにと、アミィを強く咎めることはなかったが、そんな恭平の気遣いは生真面目な性格のアミィには逆効果だった。 そして、自責の念が臨界点まで達したアミィは、ついに恭平に対して思いの丈を爆発させてしまう。そんなアミィを見て、恭平は自分の配慮がいかに軽薄だったのかを痛感する。 だが、それをきっかけとなって、恭平にメイドの主人としての自覚が芽生え、結果としてお互いを再認識することとなり、心機一転、改めて主人とメイドとしての共同生活をスタートさせる。 そんななか、とあるいざこざが引き金となり、アミィの中で、もうひとりのアミィが目を覚ます。 そのアミィは大胆不敵にして徹底したリアリストで、メイドの仕事とは縁遠い卓越した戦闘技術と相手の精神を揺さぶる話術、そして、筋が通らない事柄を見逃せない熱い義侠心を備え持っていた。 時には温厚で控えめ、時には好戦的で現実主義というアンバランスな性格を宿したアミィは、様々な人間やアンドロイドと触れ合いながら様々な出来事を経験し、やがては主人とメイドという枠を越え、恭平と共に道ならぬ険しい恋路を歩んでいく。 そして、その恋路のあらゆる箇所に横たわる二人目のアミィの出生の謎をきっかけに、恭平達は世間を揺るがす大事件へと巻き込まれ、立ち向かい、出会いと別れを繰り返す。 その事件の裏に幾度も登場する二人の男と一人の女。その三人の因縁はあらゆる事象を巻き込みながら交錯し、やがて二人目のアミィの存在そのものへと集約されていく。 この物語は、人工知能が進化を重ねた未来に於いて起こるであろう、人間と人工知能の共存によって生じる正の側面と負の側面を、二人の愛を通じて描いた物語である。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む