ブログ/活動報告 短編集 連載中

15年前の私へ、お絵かき楽しいです

作者からの一言コメント

お絵かきスターターを応援したい

旧タイトル「とても痛い。手が痛い。だが私は描くのだ。」 おもに連載中の小説のらくがきなどです たまにキャラクターの立ち絵も頑張るかも 初心にかえって昔やってたことをもう一度やってみようと思ってます。 とりあえず思ってます。 表紙はその時描いたものの最新のものをつけてます

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 15年前の私へ、お絵かき楽しいです
作者名 さかなの
ジャンル ブログ/活動報告
タグ イラスト 二次創作混ざる 講座 メイキング ファンアート
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月24日 2時55分
最終投稿日 2020年9月19日 21時51分
文字数 29,385文字
ブックマーク登録 16件
コメント/スタンプ 71件
応援ポイント 26,288pt
ノベラポイント 425pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 世界は彼女を選び、彼女は未来を選んだ。

    ♡371,440

    〇15,165

    異世界ファンタジー・連載中・128話・419,330字 青葉かなん

    2020年4月18日更新

    何時の時代も世界は不条理で動いている、そう思ったことは無いだろうか? 戦争孤児として育った少年レイ・フォワード達は、大人の争いにゆっくりと巻き込まれて行く。 異なる価値観、異なる思想、異なる種族。あらゆる思いが交差していくこの世界。 蒸気機関が発達した西大陸、帝国が支配する中央大陸、法術発祥の地東大陸。あらゆる力に惑わされる少年達。 彼等は、世界の歯車に組み込まれながらその世界の仕組みと謎に触れていく事になる。 そんな時代に生きた少年達が居る。 彼らの物語の書き出しはそう――「むかしむかし、ある所に」 お伽噺の様式美から始まる、あの日読んだ物語。 ・ファンタジー×スチームパンク×ジュブナイルでお届けする、少年達の友情と希望の物語。 ◆こんな方にお勧め! ・オリジナル世界観が好きな方 ・成長物語が好きな方 ・じっくり読みたい方 ※当作品には『暴力描写、残酷描写、猟奇的な内容の描写、ゴア表現』があります。観覧の際にはご注意ください。 ※2020/04/18 一話辺りの文字数を減らし分散させました、内容は変わっておりません。

  • そして俺たちは、家族になる。

    ♡30,600

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・44話・192,934字 一式鍵

    2020年9月15日更新

    魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。 腰痛に効く温泉があると聞いて、わざわざこの田舎町にやってきた俺は――まぁ、過去のことはいいか――しがない腰痛のおっさんだ。剣は持ってるが、もうしばらく抜いてもいない。馬にも乗れないんだぜ……。なぜか? 腰痛だからさ。 ところが、だ。その温泉に入る前に、俺は「魔女狩り」に遭遇してしまう。まぁ、俺がよっこいしょっと頑張った結果、なんとかなるんだけど、いやぁ、危ない危ない(腰が) だがしかし、おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に町から逃げ出す羽目に。ちなみにこの女ことタナさんは、「魔女を引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしては、とても同情したいところだ。 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、タナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行くよ!」とか言われてしまって驚愕とした。だって、カルヴィン伯爵領といえば、直近の「魔女狩り」発祥の地だぜ? 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか? 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。暗躍する魔女たち、ちらつく教会の影、悪魔の哄笑。そんな険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。とにかく腰だ。腰が不安だ。 ――剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女(タナさん)の旅路は果たして……。 (※表紙イラストは「るいさん」) // ----version 2.0 ----

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る