異世界ファンタジー 長編 連載中

そして白く塗られし世界は無色となりて

作者からの一言コメント

灰色は白じゃないから黒なのですよ

その花束は剣のように、在りし全てで染め上げて。 色鮮やかに、あなたに届け。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 そして白く塗られし世界は無色となりて
作者名 久末 一純
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ノベプラオンリー アクション/バトル 最強主人公 女主人公 男主人公 魔王 人外 異能 魔術 百合 あなたの仰る 誰かって誰ですかぁ わたしは たった一人の あなたのめに
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年8月13日 23時59分
最終投稿日 2020年10月28日 23時30分
文字数 76,491文字
ブックマーク登録 110件
コメント 140件
スタンプ 1,146件
ビビッと 11件
応援ポイント 402,318pt
ノベラポイント 2,193pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡71,400

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・55話・283,541字 普門院 ひかる

    2020年10月31日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

  • 広い異世界を少年は冒険生活の旅にでる!

    ♡401,184

    〇55,420

    異世界ファンタジー・連載中・88話・282,155字 ネコカレー

    2020年11月1日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れりと!! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 嘗て誅戮の限りを尽くした者の異世界冒険譚

    ♡5,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・166話・888,043字 鳥びゅーと

    2020年11月1日更新

    『殺戮の執行者』と呼ばれ、ネットやワイドショーを大いに騒がせた、悪人のみを狙って思うがままに殺戮の限りを尽くしていた人物がいた。 誰にも知られることはなかったが、彼は二重人格でそれぞれの得意分野を活かしながら殺人を繰り返していた。 だが、そんな彼はある日、異世界への転生を果たす。それも、それぞれの人格を分離した別々の一つの存在となって。 転生した彼らは近くにあった街に向かうが、そこでひょんなことから街でも有数な人物であるルミナと出会う。 そして、二人はそこから様々な人物と出会い、自分達のことを受け入れてくれた者達と活動を共にしながら、その世界のことを学んでいく。 だが、転生前から用いていた戦闘技能や暗殺技能はあるが、魔力が存在していて魔法がある異世界は、それだけでどうにかなるようなものではなかった。 転生直後は魔法の知識も無いので、異世界で生きて行くには不安な状態だったが、二人は魔法や魔力を用いた戦闘方法について学んで、着実に実力を付けていく。 これは不条理を嫌い、世界さえも嫌っていた二人の異世界冒険譚。 ※一話当たり4000~7000文字ぐらいです(普通にそれを超えることもあります)。 元々は小説家になろうのみで連載していましたが、こちらでも連載することにしました。 それに際して掲載している分の改稿作業を行い、それが済んだ部分から順次掲載していきます。 そのため、改稿作業が最新部分に追い付くまでは更新量は不定になります。 小説家になろう、カクヨムでも連載しています。 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n3566fk/ 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934583938

  • 好きだと言ってもらえる主人公を目指します

    ♡7,310

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話・27,062字 有坂紅

    2020年11月1日更新

    人類の盾、と称される三人の英雄がいた時代。 個人の力を遥かに凌駕して、種族の限界を超越して、単独で魔竜や魔人と戦う彼らを人は崇め敬った。 だが三人のうち一人は、もっと別のもののために戦っていた。 人類のためではなく。己のためでもなく。たった一つの目的のために。 これはそんな【大魔導師】クロウと、その従者キトラの物語である。 ※この作品は小説家になろうでも『大魔導師クロウ~天才魔法使いがクソヤロウ女神をぶん殴るまでの物語~』というタイトルで公開しています。