完結済 長編 二次創作

色は匂へど散りぬるを

作者からの一言コメント

BL/神と人と実戦刀。異なる魂は交わるか

「病を斬る神刀は、いまこそ病んだ歴史を斬り、正しき道へと導くのだ」 時間遡行軍のもとに呼び寄せられた、神刀「石切丸」の霊。その存在は大太刀に封じられ、刀剣男士たちの集う「本丸」へと送り出された。 身に帯びた使命は「精兵の素体とするため、できるだけ高練度の刀剣男士を捕らえること」 石切丸は、疑われることなく刀剣男士の一員として本丸へ受け入れられる。 だがただ一振、石切丸に妖しい視線を注ぎ、謎めいた言葉と共にまといつく刀剣男士がいた。 ----- 刀剣乱舞二次です。石切丸さんが遡行軍の間者として本丸に来たら……というifの話。 石切丸とにっかり青江のBL(腐向け)ですが、左右は特に指定していません。 設定・舞台の説明はがっつり入れているので、原作をご存知なくてもお読みいただけると思います(最初はキャラ名の把握がちょっと難しいかもしれません)。 【原作ご存知の方向け】 「二二〇六年」は誤記ではなく、作中時間が審神者の就任から一年以上経過しているためこうなっております。  時系列的には、七面&短刀極実装よりも少し前の話です。  審神者は中年男性です。 【セルフレイティング事由】 ・性的表現:主にきわどい会話。行為場面はありません ・暴力・残酷表現:流血を伴うバトルシーン。それほど激しくはないと思います 初出:Pixiv (2018/11/17) 表紙素材: 写真AC https://www.photo-ac.com/profile/2828027 yacco(やっこ)様

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 色は匂へど散りぬるを
原作
作者名 五色ひいらぎ
ジャンル 二次創作
タグ シリアス 男主人公 R15 和風 未来 BL 腐向け
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年6月16日 19時07分
最終投稿日 2020年8月9日 18時05分
文字数 148,282文字
ブックマーク登録 8件
コメント/スタンプ 10件
応援ポイント 3,000pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る