歴史/時代 長編 完結済

元自衛官の皇国陸軍戦記〜転生者が作る歴史と戦争〜

ELS

作者からの一言コメント

我々の知らない明治時代、戦争を生き残れ!

激動のメイジ時代。 極東の小国は、列強によって滅亡の危機を迎えていた。 北海道の猟師(マタギ)として輪廻転生を果たした元自衛官は、帝国の侵略から日本を守る為に再び銃を持つ。 しかし、前世の記憶を持つ転生者は一人ではなかった。 各国の転生者の目論見によって戦況は、歴史は思わぬ方向へ進んでいく。 鉄と火と、泥と雪。 地獄の塹壕戦をくぐり抜け、未曾有の国難を乗り越え、彼は皇国の危機を救えるのか。 (元幹部自衛官 S氏 執筆協力) ※この物語はフィクションです。登場する人物、団体及び名称などは架空であり実在のものとは関係ありません。 ※極限状態のサバイバル描写があります、残酷な表現に耐性の無い方は閲覧をご遠慮下さい。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 元自衛官の皇国陸軍戦記〜転生者が作る歴史と戦争〜
作者名 ELS
ジャンル 歴史/時代
タグ 第1回ノベプラ大賞 現代日本 男主人公 最強主人公 戦記 if戦記 日露戦争 元自衛官 時代小説 逆行転生 日清戦争 歴史 第1回歴史時代大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月30日 0時00分
最終投稿日 2020年4月21日 16時05分
文字数 265,841文字
ブックマーク登録 33件
コメント 4件
スタンプ 108件
ビビッと 0件
応援ポイント 98,900pt
ノベラポイント 425pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 渋沢栄一も出る幕末の埼玉人の話です

    ♡14,500

    〇0

    歴史/時代・連載中・6話・41,838字 海野 次朗

    2020年11月25日更新

    タイトルは『北武の寅』(ほくぶのとら)と読みます。 幕末の埼玉人にスポットをあてた作品です。主人公は熊谷北郊出身の吉田寅之助という青年です。他に渋沢栄一(尾高兄弟含む)、根岸友山、清水卯三郎、斎藤健次郎などが登場します。さらにベルギー系フランス人のモンブランやフランスお政、五代才助(友厚)、松木弘安(寺島宗則)、伊藤俊輔(博文)なども登場します。 根岸友山が出る関係から新選組や清河八郎の話もあります。また、渋沢栄一やモンブランが出る関係からパリ万博などパリを舞台とした場面が何回かあります。 前作の『伊藤とサトウ』と違って今作は史実重視というよりも、より「小説」に近い形になっているはずです。ただしキャラクターや時代背景はかなり重複しております。『伊藤とサトウ』でやれなかった事件を深掘りしているつもりですので、その点はご了承ください。 (※前回同様、NOVEL DAYSとカクヨムにも同じ内容のものを転載しています) 参考史料は埼玉県関連の史料のみ、ここで明示しておきます。それ以外は基本的に前回の『伊藤とサトウ』とほぼ同じですので、お手数ですがそちらをご参照ください。 『渋沢栄一』(吉川弘文館、土屋喬雄)、『歴史に隠れた大商人 清水卯三郎』(幻冬舎、今井博昭)、『根岸友山・武香の軌跡・幕末維新から明治へ』(さきたま出版会、監修・根岸友憲)、『埼玉の浪士たち「浪士組」始末記』(埼玉新聞社、小高旭之)、『幕末維新埼玉人物列伝』(さきたま出版会、小高旭之)、『埼玉武芸帳・江戸から明治へ』(さきたま出版会、山本邦夫)、『江戸時代 人づくり風土記 11巻 埼玉』(農山漁村文化協会)、『図説 埼玉県の歴史』(河出書房新社)、デジタル版『渋沢栄一伝記資料』(渋沢栄一記念財団)

  • あれのパクリです。

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・10話・11,936字 ローリング蕎麦ット

    2020年11月25日更新

    王都エクスの『白銀の十字架亭』。 そこは屈強な冒険者が集い、数々の冒険に旅立つ酒場だ。 君はそんな『白銀の十字架亭』に集う冒険者たちからの出題に応えられるか!