元自衛官の皇国陸軍戦記〜転生者が作る歴史と戦争〜

ELS

第20話.入学

20話.入学 寮の裏手で鼓草(たんぽぽ)を摘んでいると、声をかけられた。 「おうい、穂高!聞いたかぁ!?」 「何の事だ」 「実はな……お前何しているんだ」 「鼓草(たんぽぽ)の根を摘んでいるんだが」 「それは見れば分かるが」 「ああ、珈琲(コーヒー)にするんだ。気にするな」 ふぅんと吾妻(あずま)は納得した。吾妻と言うのは、例の丸刈りだ。彼はそれ以上は深く追求しなかった。 鼓草(たんぽぽ)の根は、刻んで感想させてから炒ると珈琲に近い飲み物ができる。いわゆるタンポポコーヒーというものだ。 珈琲が手に入りづらいため、偶にこうやって摘んで代用に飲んでいる。深く炒って濃く入れると香ばしくて美味い。 手を止めて立ち上がる。腰に手を当てながら仰け反ると、固まった身体が不平の声を上げるのが聞こえた。そのままの体勢で問うた。 「で、何があった?」 「ああ、ついに合否発表があるらしい。順番に校舎事務室まで来いと言うことだ」 「やっとか!」 一報を聞いた私は、彼と共に事務室に出向いた。 ずらりと並んだ列は外まで続いていたが、入れ替わりは早く、自分の順番が回ってくるまで、そう時間はかからなかった。 結果から言うと、私は合格であった。 私のみならず、寮に入っている人間は全て合格通知を受け取ったようだ。 そしてその日すぐに、体格検査(たいかくけんさ)が始まった。身体測定と体力検査のようなものだ。 身長体重に視力、歯の確認。医師の問診に始まり、走らされたり、跳ねさせられたりと言った内容である。 褌姿(ふんどしすがた)でずらりと並んだ男達の背中を見て、なんとも言えぬ面白さを感じた。当たり前と言えば当たり前の光景であるし、私自身もその内の一人なのだが。 この感じを共感できるものは居ないだろう、そう思って口には出さなかったが、一人「ふん」と鼻で笑ったのだった。 と、そんな時に関西弁の声が聞こえた。 「穂高(ちび)!身長測定はどうやった?」 振り向くと、こちらも褌一丁の男。 先日猪に咬まれかけて慌てていた吉野(よしの)という痩せ男だ。 「身長が足りなくて入学できません、とはならんかったか?」 「おう、吉野やめとけよ」 間に入ろうとした吾妻を制す。「別に良いよ」と言って測定値の書かれた用紙を見せてやる。 「百四十八センチ!思ったより高かったやん」 「おかげさまで入学は認められたよ」 「お、さよか!よかったやんけ!」 そう言って吉野は、私の肩を叩いて去っていった。この男はこの調子で普通なのだ。 別に、喧嘩を売りたい訳でも無く。本当に無意識に話をしてこうなのだ。そういう集団(コミュニティ)に所属していたのだろう。 穂高(ちび)と呼んでくるのも、ひょっとすると親愛の情からなのかも知れない。私には、わからない事だが。 「口の悪いやつだな」 「まぁ、そんなやつも居るさ」 前世、私の時代の自衛隊という集団は「人種のるつぼ」と言っても良いほど、本当にいろんな人間が居た。そういう経験があるから、一箇所に男共が集められたら変な奴が出てくるというのも予想の範疇だ。 それに身長規定というのも心配していたが、どうやらそこまで厳しくないようで安心した。身長で失格となれば、どうしようも無いからな。 「そういえばタカの背中、すごいな」 「背中?」 「背中の筋肉が凄い形だが」 「そうか、ありがとう」 背中ね。 あんまり気にした事はなかったが、山を降りて以来、運動不足にはなるまいと懸垂をしているのが良かったか。実際戸長役場での仕事は、半ば肉体労働であったから運動不足には無縁だったのだがな。そのおかげか、体力測定では概ね好成績を残す事が出来た。 先ずは第一歩。 そう、ついに学生生活が始まるのだ。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三国志×文官×異能×女武闘家

    ♡70,100

    〇1,000

    歴史/時代・連載中・202話・578,787字 墨笑

    2020年10月28日更新

    三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください。

  • 軍事国家×女軍人×百合。

    ♡30,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・48話・161,444字 橘こっとん

    2020年10月27日更新

    かつて戦争に敗北した軍事国家。そこにはたったひとつの女性小隊がある。 女軍人として白眼視されるヴィルヘルミナと、望まぬ結婚生活に鬱屈する高官夫人シャルロッテ。ふたりはかつて「戦友」として約束を交わし、女性を軽視する祖国でともに戦うことを誓った間柄だった。一通の脅迫状により、彼女たちは約10年ぶりの再会を果たす。 シャルロッテを守りぬくため、ヴィルヘルミナは隊を率いて敵に立ち向かう。ヴィルヘルミナに光を見、シャルロッテは夫の支配に抗い続ける。 しかし軍や国家、テロリストたちの思惑が否応なしに彼女たちを巻きこんでゆく。それはいつしか、国を揺るがす陰謀へと発展してゆき―― これは強くて弱い女たちが、それぞれの信念を貫いてゆく物語。 ちょっぴりミリタリ風の百合です。百合です。 当作品は小説家になろう・カクヨムにも掲載しております。