元自衛官の皇国陸軍戦記〜転生者が作る歴史と戦争〜

ELS

第4話.山ト定ト

話.山ト定ト 手負いのエゾシカと睨み合う。 奴の創傷はそんなに浅くはない。致命的なダメージを受けてなお、生き延びようとする精神力だけで立っているのであろう。 「ふぅっ、ふぅっ、ふうっ」 心拍数が上がっているのがわかる。槍でとどめを刺そうと、右足に力を込めた。その瞬間エゾシカは頭を下げ、角を構えてこちらに突っ込んできた! 「……っ!」 逃げずに向かって来るとは。槍を保持したまま身を(ひるがえ)し、左側に跳んだ。 大きな角を間一髪で回避して、再び奴の方向に向き直る。穂先は真っ直ぐそちらに向けたままだ。 通り過ぎたエゾシカは、その場でステップを踏むようにこちらに向き直ろうとして……姿勢が崩れた! 失血ゆえか、後ろ脚がかくんと折れる。 「うわああああああっ!!」 好機とばかりに大きく踏み込み、その首の付け根に向かって槍を突き立てた。ずるりと皮を裂き肉に食い込む感触が、長い柄を通して手に伝わる。すぐさま刃を引き抜き、二歩下がった。 「はぁっはぁっ……っ!」 どくっどくっと傷口から鮮血が溢れ出す。三秒遅れてエゾシカは横倒しに倒れた。拍動に合わせて命が失われていく、その眼から光が失われ濁った。 私は槍を構えたまま動けず、呆然(ぼうぜん)とそれを見ていた。自分の呼吸音がやけに大きく聞こえる。もう動かないシカの、その顔から目が離せなくなっていた。 「よぐやった」 「あっ……」 いつのまにか爺様達が隣まで来ている。 彼らは倒れた獲物の姿を見て、私の肩を叩いて一つ二つ言葉をかけてくれた。 口を開こうとしたが、しかしすぐには言葉を返せなかった、おおっぴらに喜ぶのも何か違う気がしたからだ。 幸運にも獲物が捕れたが、すぐに解体には移らない。狩が成功した時には、お祈りの言葉を奏上(そうじょう)する決まりがあるのだそうだ。 吉五郎にならって顔を下げて目を閉じる。 ひとしきり爺様が聞き取れない言葉で祈りを捧げてから、戦利品を解体することになった。 「せばいぐか」 爺様の言葉で目を開ける。 再び目に飛び込んできた雪の白は、まばゆいばかりに光り輝いて見えた。 …… 作業は沢の近くで行う。 脚に縄をかけ、三人で引っ張って降りた。かなり重量がある、これだけでも重労働だ。 水辺に着くやいなや、爺様が慣れた手つきで、胸に小刀(ナイフ)を入れて骨を剥がしていく。力を込めて斬るというよりは、剥がすという表現が適当であるように思う。切り口からは白い蒸気が立ち上がった。 おもむろに切り取った心臓を手渡される。 寸前まで動いていたそれは、溶けた鉄でも触ったかのような熱量を持っていた。鹿は体温が高いとは言うが、それだけではない命の熱さと言うのを感じたのだ。 すぐにそれを沢の水で洗い流しはじめる。 取り出した心臓や肝臓は大量の血を含んでいる。無造作に雪の上に置いてしまうと、体温で溶けた雪に埋まって、血が抜ける前に凍りついてしまう。すると端的に言うと不味くなるのだという。 その間にも、爺様と吉五郎は無言でテキパキと残りの仕事を片付けていく。胸のあとは腹だ、皮と内臓の間に手を入れながらぐぅっと開けていく。手で引き剥がすように手際よく部位に分けてしまった。 一息ついたところで、吉五郎が先ほど処理した心臓を持ってやってきた。それを薄く小刀(ナイフ)でスライスして、私の前に突き出しす。 「け」※1 その一切れを受け取って、眺める。いわゆる心臓(ハツ)の刺身だ。※2少し動揺したものの、今の私は明治の猟師(マタギ)の孫である。 「……ええい」 思い切って、口に入れた。 プリとした食感、想像していたようなクセは無く、淡白な味わいが美味い。 「美味い。 ……でも醤油が欲しいな」 顔を上げてそう言った。 その言葉を聞いた爺様は僅かに目尻を下げて、わさびも合うぞと応えた。その時、私は初めて猟師(マタギ)の一員になれた気がした。 十三歳の春。これが私の初狩猟であった。 …… ※1「け」 =「食べろ」 ※2肉の生食は食中毒のリスクがあります。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 猫

    薔薇美

    〇20pt 2019年9月9日 21時15分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    薔薇美

    2019年9月9日 21時15分

    猫
  • 男戦士

    ELS

    2019年9月9日 22時13分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    圧倒的感謝

    ELS

    2019年9月9日 22時13分

    男戦士
  • かぼのべら

    琉斗・リュート/すじしまどじょう

    ♡100pt 2019年9月3日 13時27分

    とれたての鹿のハツとか、どんな味なんだろう

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

  • 男戦士

    ELS

    2019年9月3日 15時10分

    美味しい、のかな……!? 昨今は衛生観念が厳しくなって、生のお肉に対する締め付けが強いですから、そう食べられるものではないのかも知れません。 食事は文化という側面もありますから、安全性と上手くバランスをとっていきたいですね!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ELS

    2019年9月3日 15時10分

    男戦士

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三国志×文官×異能×女武闘家

    ♡69,700

    〇1,000

    歴史/時代・連載中・200話・575,964字 墨笑

    2020年10月26日更新

    三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください。

  • 現代が舞台ですが、ジャンル迷子です(汗

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・2話・1,221字 芝戎柿若

    2020年10月26日更新

    えーこれから、もし仮想戦記と史実世界がリンクしたらどうなるかと言う思考実験をしたいと思います。 一応、当初は史実題材になりますが、話が進むに従って仮想戦記に世界が影響されて結果的にとんでもない世界にリンクすると思います。 版権問題とかがあるので、仮想戦記の設定は一から自分で組む羽目になりますが、何分分かり易さ重視のため、ギミックガジェットとして扱う仮想戦記はステレオタイプな大東亜勝利ものや信長脱出ものに偏ると思います。 最終的にどうなるかは、作者自身にもわかりません!(おい