連載中 長編

偽物笑顔の暗殺者 ―嘆きの精霊バンシーに取り憑かれた青年の行く末―

作者からの一言コメント

精霊と暗殺組織の謎に迫る物語です

 暗殺者である青年、蓮。彼には、他人とは大いに異なる特殊な事情がある。それは、嘆きの精霊バンシーに取り憑かれていると言う事だった。  取り憑かれた事により、蓮は特殊な方法で暗殺任務を遂行する。しかしそれは任務の為だけでは無く、自分自身の為でもあった。  蓮は記憶も無く感情の乏しい、天涯孤独な青年だった。  何故、自分には記憶が無いのか。何故、自分は感情に乏しいのか。何故、自分は暗殺者となっているのか……。  それを知る鍵は、取り憑いた嘆きの精霊バンシーの存在にあった。  この物語は、暗殺者の青年、蓮が自分の記憶と感情、そしてバンシーから自分自身を取り戻す物語である。  ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・ 名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 ※※他サイトでの反応も知りたい為、小説家になろう様でも投稿しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報
作品名
偽物笑顔の暗殺者 ―嘆きの精霊バンシーに取り憑かれた青年の行く末―
作者名
猫屋敷たまる
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日
2020年1月13日 16時36分
最終投稿日
2020年4月3日 21時21分
文字数
276,451文字
ブックマーク登録
15件
コメント/スタンプ
116件
応援ポイント
46,400pt
ノベラポイント
1,145pt
応援レビュー
1件
誤字報告
受け付けています