金曜日には血の雨を

作者からの一言コメント

今日って何曜日だっけ。

読了目安時間:21分

総エピソード数:1話

裏社会が星間を支配する未来。要人暗殺によりそれら組織の拡大を防ぐ暗殺者・「ブラッディ・フライディ」の暗躍によって、かろうじて世界の均衡は保たれていた。 しかしある日を境に、ブラッディ・フライディは忽然と姿を消した。 惑星間の大量殺戮を目論む悪人と、コゥとフゥ、孤独な宇宙船内で育まれる友情が折り重なるとき、新たな時代が拓かれていく……。 ロボット工学三原則 (出典:アイザック・アシモフ『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房)

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 金曜日には血の雨を
作者名 ヒダマル
ジャンル SF
タグ ロボット三原則コン シリアス ほのぼの 女主人公 未来 百合 ロボット
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年4月29日 2時06分
最終投稿日 2020年4月29日 2時07分
完結日 2020年4月29日 2時07分
文字数 10,427文字
読了目安時間 21分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 7件
コメント 1件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 8,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リーインカーネーション・クライシス

    「また、俺は繰り返すのか」軍人×王女

    0

    0


    2022年5月29日更新

    遠い未来の話ーー…。 幼い頃、軍人のエヴァンに拾われ育てられた少女・メル。十九歳の誕生日に今まで彼から語られなかった秘密を知ることになる。彼女は国境を越えると命を落とすと言われていた隣の国の王女だった。隣の国との戦争が始まると知ったエヴァンは、友人のホセとメルを隣の国に返し戦争を止めてもらうように三人は国を裏切って旅立つ。 __________________ 【主な登場人物】 エヴァン…メルの親代わり(?)で生真面目。でも家事はできない。 ホセ…エヴァンの友人で仕事仲間。不真面目、女好き(既婚者)。 メル…性格は明るく料理が得意。幼い頃の記憶がない。エヴァンのことが好き。 __________________ お借りしている表紙 【https://fromtheasia.com/illustration/nocopyrightgirl】

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 此の世の終わりで、君と最後の珈琲を

    終末世界でコーヒーを探す少女たちのお話

    8,900

    0


    2022年5月29日更新

    大崩壊と呼ばれる文明の滅亡から、数十年後。生き残った人々は、大企業が残したシステムに依存し、その企業によって生み出されたキカイと呼ばれるロボット群から怯えながら、生き延びていた。かつては千葉と呼ばれた下総の国、サトミと呼ばれるコロニーで、カフェを営む少女、貝渚(カイスカ)ロイネと、彼女の育ての親であるキカイ、貝渚キコは、絶滅したと思しきコーヒーを追い求めて、奇々怪々な危険地帯である下総の国を探索する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    88,300

    1,100


    2022年5月29日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • 脳を食べられる幸せ。

    東大女子×藝大女子 訳アリ、期間限定の恋

    300

    0


    2022年5月29日更新

    才女の二人を繋いだのは、「地獄の季節」だった。 東大と藝大の合同演劇グループ「アンフィニ」で、東大生の三船陽色(ひいろ)と藝大生の中原ゆずきは出会う。 共に文豪達を主人公とした恋愛劇の練習を重ねていくうちに、お互いに興味を持ち、互いに絵と詩を描いている事を聞き急速に距離が縮まっていく。 訳アリの期間限定の恋。 「Acceptance〜本当に好きになりたいと願うなら」に登場した、ゆずきを主軸とした短編になっていますが 作品を読んでいなくても楽しめます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む