異世界ファンタジー 長編 連載中

異世界でも目が腐ってるからなんですか?

作者からの一言コメント

目が腐ってる系男子の異世界物語

目付きが悪さからか理不尽な扱いを受けるサラリーマン、八咫 来瀬(やた らいせ)。 ある日1匹の黒猫と出会う。 「仮にラノベみたいな……異世界にでも行けたらとは思うよな」 そう呟いた彼は黒猫からドロップキックをされ、その日を境に平凡だった日常から異世界生活へと変わる。 決して主人公にはなれない男のダークファンタジー!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異世界でも目が腐ってるからなんですか?
作者名 萩場ぬし
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 ファンタジー 魔王 ゾンビ 死なない 異世界 ダークファンタジー チート 不死
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年8月10日 12時33分
最終投稿日 2020年9月11日 20時00分
文字数 413,269文字
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,300pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 青年と少女が出会う時、物語は動き出す

    ♡22,232

    〇60

    異世界ファンタジー・連載中・103話・317,366字 大宮 葉月

    2020年10月31日更新

    連換術、元素を連換玉と呼ばれる宝玉に封じてエーテルを行使することにより元素の力を自在に行使する技術。 エーテルを知覚し元素の力を自在に操る者達は連換術師と呼ばれていた。 精霊教会が崇める聖女が生まれた街マグノリアでは、毎年の恒例行事となっている生誕祭の準備が進められていた。そんなある日のこと。マグノリアに住む、連換術師グラナ・ヴィエンデは何者かに襲撃されているシスターの少女と邂逅する。 その少女は聖女が東方への巡礼より持ち帰ったと伝えられている聖遺物を所持しており、教会の過激派の命を受けた暗部の者から追われていた。 聖女の生誕祭を控えて賑わう街の影に忍び寄る暗雲。伝説が伝説で無くなる時、青年と少女がする決意とは。 ※毎週 水、土、21:45 最新話更新 ※secret episode は本編の補完エピソードです。ストーリー進行と共に順次公開します ※ この物語はフィクションです。登場する人物・団体・宗教・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません

  • わがままドラゴン少女のあくなき旅立ち

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話・16,671字 とゐち/WATANUKI

    2020年10月31日更新

    竜の亜人である少女・タルトは、姉の長女・ロワと喧嘩をし、家出をした。 タルトが逃げ込んだ先は、国とは認められていない『竜の国』、その下町だ。 同じタイミングで、長年、家出をしていた姉であり次女のテュアが、竜の国へ戻ってくる。 次女は再会した妹のタルトを『とある理由』から外の世界へと連れ出そうとするが、ロワによって阻止されてしまう。 当然、喧嘩中であるためロワの説得など聞かないタルトだ。 ロワは説得を諦めて、妹を牢獄へ入れることを決意する。 投獄されたタルトの元に、今度は姉の三女・フルッフが姿を見せた。 「――ロワを倒せばいい」 世界は不思議で満ちている。 死にかけた生命にだけ与えられる異能。 「僕はそれを『エゴイスタ』と呼んでいる――」 牢獄の中で、フルッフの提案に乗ったタルト。 やがて、 姉妹げんかは、世界を巻き込む壮大なものになっていく。