現代/その他ファンタジー 長編 連載中

かいこ姫

作者からの一言コメント

天の虫と書いて蚕ってかっこいいですよね。

前の設定は人物が多すぎるのでやめました。 シンプルに二人の男女の話にします 現代ファンタジーですが重い表現もあるのでよろしくお願いします 作品の設定 『かいこ姫』と呼ばれる女と、小石のように背の低い男の物語。1,2,3章が起で、4章が承、5,6章で転、7,8章くらいで結になる予定です。 最初はファンタジー要素がほとんど散りばめられてる程度です。 登場人物 主人公 丸本 小石 背の低い男 怒りやすい。なぜだか分からないが、雪緒を救わなければならないと思っている。 ヒロイン 桑子 雪緒 かいこ姫 肌と髪が白い 心の中にぽっかりと穴が空いている。強い自殺願望を持つ。 この2人はすべての章で登場します。 スグル 主人公の友達。キン肉マンからあだ名がつけられたが、痩せこけている。傲慢でわがまま。 ヨーダ 主人公の友達。スターウォーズの老人からあだ名がつけられたが、筋肉のかたまり。 優しくて強い心を持っている。 この2人は、本当の強さと弱さ、優しさと傲慢さ、心の豊かさと貧しさを姿に反映した感じです。 貧しい心をもった人は筋肉があろうと中身は痩せこけていて、豊かな心を持った人は痩せこけていようと中身は筋肉モリモリだと思ってます。 彼らは4章から主に登場します。 宮崎 景 ヒロインの友達。ヒロインを小学生の頃から守ってきた自称ナイト。怒ると怖い。 4章から主に登場します。 秦先生 秦 正樹(???)五年前にアメリカからやってきたと言われている英語教師。カタコトの日本語を話す。 私が1番好きなキャラです。 5章から主に登場する予定です。 桑子 康徳 雪緒の父。雪緒を長年苦しめてきた原因。 2章と5章以降の登場の予定です。 丸本 小糸 小石の姉。かなりの暴君だが、根は優しい。 3章と4章がメインの登場です。 桑子 雪子 明治時代に焼身自殺をしたと言われているカイコの呪いの原因。 2章に名前が出てきて、5章以降に深く関わってきます。 ??? 5章以降に出てきます 5章以降の登場です。 オシラばあ バス停に出ると言われている幽霊。昔話をしたあと葉っぱをくれるらしい。 1,5〜8章 ??? 7章くらい?終盤に出てきます

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 かいこ姫
作者名 樹樹
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 男主人公 ダーク 現代ファンタジー 自然 ラブコメ 恋愛 ファンタジー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年6月9日 0時41分
最終投稿日 2020年6月10日 22時49分
文字数 34,918文字
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡217,100

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・82話・392,954字 普門院 ひかる

    2020年11月29日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

  • 聖女と猫に転生してしまった俺との物語。

    ♡9,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・11話・34,425字 太陽

    2020年11月29日更新

    #俺は目付きが鋭く人相が悪い、初対面では大概相手を怖がられてしまう。 だから、この外見は好きになれなかった。 そんな、コンプレックスをかかえながらも、何とか普通の高校生活を送っていた。 ある日、不良に廃墟へと無理矢理連れ込まれた女性を助けようとしたんだけど。 逆に俺が死んでしまった。 『次、もし転生とかするなら、怖がられない感じに慣れたら……』 『わかりました。とびっきりに可愛い感じにしてあげます!』 意識がぼける中で漠然と考えていたことに対して、どこか楽しげな声が返ってきて……。 次に目を開けるとモフモフな白銀の毛に覆われた手が? そして、俺の前に現れたのは聖女様だった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る