詩/短歌 短編集 連載中

詩集 好きなんだ

作者からの一言コメント

好きの想いを伝えるのは勇気がいること。

読了目安時間:1分

好きなんだ、この想い届け。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 詩集 好きなんだ
作者名 綾瀬吉四六
ジャンル 詩/短歌
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年3月16日 8時45分
最終投稿日 2021年6月29日 1時49分
完結日 2021年3月16日 8時38分
文字数 419文字
読了目安時間 1分
ブックマーク登録 0件
コメント 1件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 徒然茸

    明る・鬱・切な・恋等何でも有で一日一更新

    47,900

    100


    2021年7月29日更新

    一日一個の詩を書いてみることに挑戦したもの。書きたいように書きなぐっているのでテーマはバラバラです。 三行くらいのとても短いものばかりなので日めくりカレンダーみたいなものだと思ってください。放っておいても勝手に生えてくるイメージで「茸」とつけてます。浮かんだものを書きなぐりながら、自分の技術の向上を目指しています。 検索かけたら他にも同じことしている方がいらっしゃるようなので何番煎じかは分かりませんが。

    読了目安時間:2時間2分

    この作品を読む

  • 夜の歌

    夜、彼らは歌い出す

    4,800

    0


    2021年7月29日更新

    俳句・川柳・詩歌などを収録した小品集です。 一部がアメージング出版さまより書籍化されております。 「カクヨム」「NOVEL DAYS」「アルファポリス」にも投稿しています。

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人と妖の物語―妖魔師―(表紙あり)

    妖魔師誕生の物語/本編の妖魔師もどうぞ!

    3,700

    20


    2021年7月29日更新

    これは【伝説の妖魔師】と呼ばれる、始まりの妖魔師【東城 春玄】とその相棒の妖魔たちが、この世の平和の為に奮闘した、誰も知り得ない物語。 妖魔と人間が争う混沌とした世界。東城春玄は陰陽師として日々、悪霊と呼ばれる妖魔と戦い続けていた。 平和を乱し、暴れる妖魔たち。しかしその中でも平和を、人と共存することを強く望む白狐の幼い妖魔、【白蓮】と出会う。 陰陽師として妖魔は悪……しかしそれに強い違和感を覚えていた春玄は白狐の妖魔白蓮、化猫の妖魔風丸、幻狼の妖魔紫幻とともに、影から平和を導く者【妖魔師】としてこの世の混沌に立ち向かう。 妖魔と人間が為す奇跡。 妖魔師誕生の物語。 ご要望にお答えしまして、設定資料の中で眠っていた始まりの物語を執筆します! AN/杏様に表紙を描いて頂きました。ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 操竜姫戦記~青い瞳の少女と赤い双眸の黒い竜~

    愛ゆえに人は狂気に染まる

    9,900

    50


    2021年7月29日更新

    エルシアン大陸、アルノリア王国。 そこは人類の残された唯一の大地。だが、古の時代より亡者と呼ばれる怪物の侵攻をたびたび受けている。それに対抗する力、竜を操る者たちがいる。 彼らは操竜者と呼ばれ、騎士団を形成し国と人々を守り続けている。 そして、操竜者になるべく一人の少女、ステラが儀式を受ける。 だが、そのれは失敗に終わる。 騎士団長であり父であるレグルスから騎士団長室へと呼ばれる。 そして言い渡されたのは、竜の墓場に行って来いという任務だった。 逆らうこともできず、ステラは竜の墓場へと向かった。 そこで、運命の邂逅を果たす。 そして、物語の歯車は動き出すのだった……。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む