現代/青春ドラマ 短編集 完結済

旅に出よう、僕の心を滅ぼして

作者からの一言コメント

決められたルートが嫌なアナタへ

読了目安時間:1時間39分

旅に出よう、僕の心を滅ぼしての表紙

僕は平凡な高校生、決められた時間に起きて決められた制服を着て決められた時間の電車に乗って学校へ向かう。決められた時間割で勉強して決められた時間に学校を出る。「決められた」僕の生活はこの言葉に染まっている。心を滅ぼさない限りね…… 表題作「旅に出よう、僕の心を滅ぼして」を含める煌びやかな春とは一風違った群青色の春、青春を得るために巻き起こる様々なジレンマを描いた短編小説集

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 旅に出よう、僕の心を滅ぼして
作者名 関枚
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 現代日本 日常 思春期 高校生 葛藤 心と身体フェア 男主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月21日 10時00分
最終投稿日 2021年2月15日 21時38分
完結日 2021年7月30日 9時12分
文字数 49,628文字
読了目安時間 1時間39分
ブックマーク登録 19件
コメント 36件
スタンプ 68件
ビビッと 2件
応援ポイント 58,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ユウレイラジオ

    この番組はユウレイがお送りします。

    23,000

    0


    2021年8月1日更新

    女子生徒の顔が浮き出す体育館の壁、死霊が閉じ込められた家庭科室の冷蔵庫、大勢の笑い声が響く無人の屋上プール……その他もろもろ、百個以上。 学校中のいたるところに魑魅魍魎の噂が蔓延する私立 椰子木高校《やしきこうこう》は、近隣住民に「オバケやしき高校」と呼ばれ、恐れられている。 そんな中、「オカルトの99%は現実的に説明できる」と豪語する生徒会長・白蔵 和泉は、母校にはびこる大量の怪談を"解き明かす"ことで無力化しようと考えていた。 時を同じくして、学校一の問題児・隠神 伊予も怪談の調査に乗り出す。 隠神の目的は、椰子木高校にまつわる怪談のひとつ"放送室の幽霊部員"の真実を知ること。そして放送室に潜む"ユウレイ"に会うことだった。 生徒会長と不良生徒。頭脳タイプと体力馬鹿。臆病と無神経。和泉と伊予。 何から何まで真逆の二人が、椰子木高校の怪談群"百鬼椰行《ひゃっきやこう》"に立ち向かうべく手を組む。 ※カクヨムと同時連載の作品になります。

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

  • チープヒッピーズ 第1部 『76th Star』

    閉塞感をぶち破れ! 輝け私!

    900

    0


    2021年7月31日更新

    讃岐西高校3年生三上伸二は、ある日の授業中、教室を出て行った同じクラスの女子生徒中島緑の後を追って、教室を出る。中島緑はいつもやる気のない雰囲気を持った生徒だった。最近自分もすっきりとしないものに心の疼きを覚えていた三上伸二は、中島緑と話すことによって、心の疼きが何か明らかにしようとした。屋上に一人たたずんで歌を歌っていた中島緑を見つけて、緑の抜群の歌唱力に三上伸二は衝撃を受ける。三上伸二は中島緑を輝かせて歌をみんなに聞かせたいという猛烈な衝動を感じる。彼女を輝かせたい。何か大きなことをやりたい。三上伸二はそれが心の疼きだったことを悟る。三上伸二は、中島緑とクラスの生徒を説き伏せ、全校合唱コンクールで、ルール違反とされているバンドをやろうと提案する。しかしその計画は、ルール違反満載で一発で失格になるものだった。それを覚悟でクラス全員が一致団結し『栄光の失格プロジェクト』に挑戦する。

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る