ホラー 短編 完結済

狂気の缶詰

作者からの一言コメント

狂っていたのは君か、僕か。

読了目安時間:4分

総エピソード数:1話

狂気の缶詰の表紙

 十年ぶりで、親友が訪ねてきた。  月の明るい晩だった。  彼は僕に缶詰を差し出して言った。 「これを預かってほしい。お前にしか頼めないことだ。よろしく頼む」 「頼むと言われてもなあ。これ、中身は何なんだい?」  参ったなと思いながら、僕は鼻をすすり、缶詰を見下ろした。 「中身は……」  言いかけて、親友はしばし黙り込んだ。  月明かりの中、僕は彼の沈黙に付き合った。 「中身は、俺の狂気だ」  まるで舞台の台詞のようだった。

総エピソード数:1話

  • 狂気の缶詰
  • 投稿日2019/10/10 13:20 文字数1,982文字

作品情報

作品名 狂気の缶詰
作者名 zero(椎堂かおる)
ジャンル ホラー
タグ 親友 狂気 シリアス 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月10日 13時20分
最終投稿日 2019年10月10日 13時24分
完結日 2019年10月10日 13時24分
文字数 1,982文字
読了目安時間 4分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ライブ配信

    これは私が友人から聞いた話。

    1,000

    0


    2022年9月29日更新

    これは私が友人から聞いた話。 そっくりそのまま語るだけ。 ヤマもオチもイミも無い。 それでも良ければ読んでって。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 益母の呪神

    死臭香しい最高気温三十五度、十二歳の夏

    22,300

    0


    2022年9月28日更新

    十年前、一つの村が二人の少年によって破滅した、ある夏のこと。 少年は妹の死体を捨てるため、山奥を彷徨い歩いていた。 暑さと飢餓に脳を焼かれた少年は、見知らぬ屋敷に辿り着く。 窓から見えたのは、脳を撒き散らす女の死体。 その死体を見つめて、アイスクリームを頬張るのは、美しい少女だった。 腐肉で詰まったマンホール、傷口に集る蛆、細断される父の半身―――― ――――全てを捧げた少年は、自分だけの神を得られるか? ■狂信の怪異譚シリーズ ⓪益母の呪神:本作 ↓約8年後 ①冷凍された真夢:https://novelup.plus/story/320121132 ↓2年と数か月後 ②夢蟲の母:https://novelup.plus/story/649994066 ※イラスト:自作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間52分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夜の散歩

    SSこん「嘘」参加作品2

    1,200

    0


    2022年9月28日更新

    午前0時、眠れなくて僕たち散歩に出かけた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 異世界で非殺生主義を貫くのは無理!?

    彼は誰も殺さない。いや、殺せない。

    7,550

    0


    2022年9月28日更新

    楽しくも平凡な人生を歩んでいる高校生の 赤池 真司(あかいけ しんじ)は、普段通りに登校する。今日もまた日常が始まると思った彼だったが、STの時間に割り込んで来た男の一言で教室は一変する。 「お前ら、異世界行ってこい。」 変化する環境、クラスメイト各々が 力 を手にする中で、真司が得たのは 非殺生主義(ノーキルノーアラート)という、縛りにも近いものだった。 敵を倒すどころかその日の食事を手に入れるのにも難儀するこのチカラで彼はどう生き抜くのか、そもそも何が目的で、異世界送りにされてしまったのか。その理由に、たどり着くことはできるのか? つー感じのやつです。大層な事を言っておりますが あんまり期待せず、暇潰しにゆるーり見て下さい。 投稿ペース不定期で、一年ほどサボってましたが、最近復活しましたので是非是非ご覧下さい。 追記!初期に鈴城出てました、死ぬほど申し訳ないが初期鈴城は田中君になりました。二年サボってた弊害だ。すません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む