ホラー 短編 完結済

狂気の缶詰

作者からの一言コメント

狂っていたのは君か、僕か。

読了目安時間:4分

総エピソード数:1話

狂気の缶詰の表紙

 十年ぶりで、親友が訪ねてきた。  月の明るい晩だった。  彼は僕に缶詰を差し出して言った。 「これを預かってほしい。お前にしか頼めないことだ。よろしく頼む」 「頼むと言われてもなあ。これ、中身は何なんだい?」  参ったなと思いながら、僕は鼻をすすり、缶詰を見下ろした。 「中身は……」  言いかけて、親友はしばし黙り込んだ。  月明かりの中、僕は彼の沈黙に付き合った。 「中身は、俺の狂気だ」  まるで舞台の台詞のようだった。

総エピソード数:1話

  • 狂気の缶詰
  • 投稿日2019/10/10 13:20 文字数1,982文字

作品情報

作品名 狂気の缶詰
作者名 zero(椎堂かおる)
ジャンル ホラー
タグ 親友 狂気 シリアス 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月10日 13時20分
最終投稿日 2019年10月10日 13時24分
完結日 2019年10月10日 13時24分
文字数 1,982文字
読了目安時間 4分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ひねもす亭は本日ものたり

    日常モノ×怪異退治?モノ ※水・日更新

    88,900

    2,500


    2023年2月8日更新

    陽之戸国の都、貴墨に住む三流作家の丞幻(じょうげん)はある夜、祟り神が出るという噂の荒れ寺で男を拾う。 埋められていた土の中からずるずると這い出て、力尽きたように倒れている男を見て、丞幻は思わず呟いていた。 「――あらやだ、ネタだわ」 これは、怪異を見聞きする力を活かして関わった事件を小説にしているものの、いまいち売れない三流作家が愉快な仲間達と共に(次回作のネタの為に)怪異に挑み。 神隠し調査の為に異界に突撃し。 美味しいものに舌鼓を打ち。 賭博ですってんてんになり。 時には盗人捕縛に駆り出され。 はよ次の話を書けと、版元に物理で尻を叩かれる。 そんなお話である。 ※キャラはコミカル、ホラーはまったりな、なんちゃって和風怪異モノです。よろしくお願いします。 ※話の展開上、人の売買や殺人・強盗などの犯罪行為の描写がある場合があります。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※毎週水曜日、日曜日の午前0時前後更新します。 ※複数の小説投稿サイトでも公開しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間11分

    この作品を読む

  • ボクの小説日記外伝 蜂山怪談

    ボクの創作小説怪談

    0

    0


    2023年2月8日更新

    ※設定を変更します。 ボクの小説日記外伝 蜂山怪談 前作読まなくても大丈夫にしてます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 勇者が斃した魔王を復活させた勇者の息子の物語

    勇者の子が魔王の手先になるお話です。

    33,100

    1,274


    2023年2月8日更新

    およそ百年前、女勇者アルウェンと後の伴侶となる少年によりサッキュバスの王クシモは敗れ封印された。 しかしその直前、クシモは『お前達の子が余を復活させる神官となる』という不気味な予言を残す。 そして現在、クシモは既に復活しており魔王としてではなく地母神として崇拝されていた。 復活させたのは予言の通りアルウェンの息子であった。 彼はクシモを信仰する慈母豊穣会を組織し教皇として君臨している。 しかも彼は復活したクシモを征伐しにきた数多の勇者を悉く屠っている強大な守護者でもあった。 これは勇者の息子でありながら神々に『魔人』と呼ばれ畏れられている男と神に未来を托された勇者達との闘争の物語である。 今日もまた一人の勇者が斃され、教皇ミーケの手向けの言葉が紡がれる。 「生まれ生まれ生まれ生まれて生(しょう)の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに冥(くら)し」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間2分

    この作品を読む

  • Giftbiene

    負けたらエラいことなチェスで勝負する話。

    72,900

    1,000


    2023年2月7日更新

    ドイツ、ベルリンはノイケルン区。 ケーニギンクローネ女学院に通うシシー・リーフェンシュタールは、才色兼備な全生徒の模範。 しかし、彼女にはもうひとつの裏の顔がある。 それは違法な「賭けチェス」に興じていること。 そして「リスクを負う」ことに生を感じること。 底の見えない彼女の欲望は、大金のみならず、自らの身体、そして命までも賭けの対象として、生を貪る。 その先に待ち受けるものは、喝采か、破滅か。 堕ちていく、ひとりの少女のカタストロフィ。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む