ホラー 短編 完結済

狂気の缶詰

作者からの一言コメント

狂っていたのは君か、僕か。

 十年ぶりで、親友が訪ねてきた。  月の明るい晩だった。  彼は僕に缶詰を差し出して言った。 「これを預かってほしい。お前にしか頼めないことだ。よろしく頼む」 「頼むと言われてもなあ。これ、中身は何なんだい?」  参ったなと思いながら、僕は鼻をすすり、缶詰を見下ろした。 「中身は……」  言いかけて、親友はしばし黙り込んだ。  月明かりの中、僕は彼の沈黙に付き合った。 「中身は、俺の狂気だ」  まるで舞台の台詞のようだった。

前へ

次へ

  • 狂気の缶詰
  • 投稿日2019/10/10 13:20 文字数1,982文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 狂気の缶詰
作者名 zero(椎堂かおる)
ジャンル ホラー
タグ 親友 狂気 シリアス 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月10日 13時20分
最終投稿日 2019年10月10日 13時24分
文字数 1,982文字
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 不良少年とどこかおかしいヒロインたちの話

    ♡11,500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・16話・69,366字 紅 真

    2020年11月25日更新

    未来へと踏み出すための、軌跡をなぞる物語……。 日常という光の裏には、必ず非日常という闇がある。 この男、“百目鬼静司(どうめきせいじ)”もまた裏街道を行く、不良少年の一人。 「オイ、今俺が負けるって言ったよな? いい度胸だ。売られた喧嘩は買うのが主義。一人残らず殴り倒してやるつってんだよ!」 誰もがその名を聞けば、震え上がるのは必然であり、触れることは一切のタブー……。 しかし今、それは破られようとしている。 高校の屋上で奇妙な先輩、“水無瀬澪(みなせみお)”と百目鬼静司が出会ったとき、日常は音を立て崩れ、非日常が幕を開けた。 不良少年とどこかズレたヒロインたちの、非日常系ラブコメをお楽しみください……! イラスト:白瀬結衣 様 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • 異世界おねショタはいいぞ。

    ♡27,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・17話・57,711字 あまみや

    2020年11月24日更新

    「悪魔の女科学者、崎谷薫」を捕らえるミッションを遂行していた主人公。ようやくターゲットを前にし銃口を向けたが、後一歩のところで彼女の計画に巻き込まれ、異世界へ転移してしまう。目を覚ました主人公が目にしたのは、少年に戻ってしまった自分の身体と......そんな自分にハァハァしている崎谷薫の姿だった。そしてなんと、彼女は自らをサキュバスだと言う。彼女の研究は全て異世界へ行くためのものであり、自身のルーツを探るために転移したということを知らされた主人公、見知らぬ場所で子どもがひとり生きていけるわけもなく、彼女の旅に付き合うことに。ショタコンサキュバスと少年兵の旅が今、始まる! おねショタ好き必見です! 異世界でのイチャラブものですが、王道をなぞりつつ王道を否定し、そして冒険をしながら世界の謎を解き明かしていく少年漫画のような感覚を意識しています。 「エッセイ集:あまみや日記」でこの物語の執筆小話も書いてます!実はそっちの方が人気だったり...⁉︎

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る