狂気の缶詰

読了目安時間:4分

エピソード:1 / 1

前へ

目次

次へ

狂気の缶詰

月夜

 十年ぶりで、親友が訪ねてきた。  月の明るい晩だった。  僕がひとり、月を(さかな)晩酌(ばんしゃく)を楽しんでいると、突如(とつじょ)、けたたましいノックの音がして、行ってみると、親友が立っていた。  お互いに十年分の年をとっているはずだが、向きあってみると、昨日別れたばかりのような気がした。 「実は今日は、お前に頼みごとがあって来た」  親友は、久しぶりだなとも、こんばんはとも言わず、いきなりそう切り出した。  戸口で話すのも奇妙だ。  僕は彼を部屋に招き入れ、晩酌のグラスを、もう一人分追加した。  しかし彼は飲まなかった。僕が注いだ酒が見えもしないかのように、全く手をつける気配もない。  古ぼけたソファに座り、親友の目は爛々(らんらん)と輝いていた。  ちょうど、今夜の月のように。 「頼みごととは、なんだい」  酒を舐めながら、僕は尋ねた。  親友は、肩から提げた古い革のカバンから、ひとつ、缶詰を取り出した。ツナやら(さば)やらが詰めてあるような、小さく平べったい、よくあるような缶詰だ。  ただ、何も書いていない、真っ黒な紙のラベルが巻いてあり、中身が何なのかは、一見しただけではわからなかった。  親友はそれを、僕と彼との間にある、古いガラスのローテーブルにことりと置き、手を引っ込めた。  彼の目は、まるでその缶詰が、今にも爆発するかのように、注意深く見つめている。 「これを預かってほしい。お前にしか頼めないことだ。よろしく頼む」  喉が乾いているふうな、切羽詰まった声で、彼は言った。  カバンをおろす気もないようだった。 「頼むと言われてもなあ。これ、中身は何なんだい?」  参ったなと思いながら、僕は鼻をすすり、缶詰を見下ろした。それを手に取ろうという気持ちは、なかなか起きなかった。 「中身は……」  言いかけて、溜飲(りゅういん)し、親友はしばし黙り込んだ。  月明かりの中、僕は彼の沈黙に付き合った。  薄暗い部屋の中、窓から見える月のほうが、煌々(こうこう)と明るく思えた。  僕の部屋には薄物のカーテンなどという、立派なものはない。月を見るため、窓を開け放つと、部屋の中は丸見えだ。  もしも誰かが覗いてみれば、ふたりの男が、缶詰を間に、じっと黙り込んでいる光景が、少々、滑稽(こっけい)に見えただろう。 「中身は、俺の狂気だ」  突如、意を決したように、親友は言った。  まるで舞台の台詞のようだった。  実際、彼は学生時代、演劇にかぶれていたことがある。  なかなか見栄えのするご面相と、長身のせいで、いつも良い役をもらっていたように思う。時々、彼の出演する舞台を見に行った。  しかし演劇のことは、からきし僕にはわからない。  舞台の上にいるときも、そうでない時も、彼は全然変わらないように見えた。  全く演技していないのか、それとも、常に演技をしている男なのかだ。 「どういう意味だい?」  ふざけているのかと、僕は思って、(いぶか)る口調で尋ねた。 「そのままの意味だ。俺は狂い始めている。このままでは、何もかもがお終いだ。だが、その缶詰の中に、俺の狂気を閉じ込めることに成功した」  矢継ぎ早な早口で、彼は言った。缶詰を見据える目が真剣だった。  僕はぼんやりと(まばた)き、それを聞いた。  缶詰には、それを開封するための、プルリングがついていて、引っ張れば簡単に開きそうに見えた。 「お前が持っていてくれ。俺は恐ろしい。これを預けることができる人間は、お前しかいないんだ」  苦悩の表情で、疲れた肌色の顔をこすり、彼は僕に懇願(こんがん)した。  後にも先にも、この親友が頭を下げて僕にものを頼むのは、この一度きりだった。  返事をする代わりに、僕は鼻をすすった。  少しの間、考えた。それとも、月を見ていただけかもしれない。  やがて僕は酒を飲み、肩をすくめた。 「いいよ」  微笑んで言うと、親友は心底、ほっとしたような顔をした。爛々(らんらん)としていた目の光が、少し和らぎ、肩の力が抜けたようだった。 「ありがとう」  そう言って、彼は立ち上がった。 「もう帰るのか」  十年ぶりなのに。何も話していかないんだな。  重そうなカバンを肩から提げ直し、親友は必死の形相(ぎょうそう)で、さようならとも言わずに、去っていった。  手付かずのグラスと、黒い缶詰が後に残った。  最後の酒を飲み干して、僕は狂気の缶詰を手にとった。  少しの間、それを手のひらで転がしてみる。  軽かった。とても。  どこへ逃げるつもりなんだよ、お前。  少し笑って、僕はプルトップを引いた。  パカン、と軽い音がした。  薄暗い(もや)のような何かが、夜空に飛び去ったような気もしたが、それはきっと錯覚だろう。中には何も入っていない。空っぽだ。  客に出したつもりのグラスから、僕はもう一杯の酒を呑んだ。  カランと氷が鳴った。  あばよ。  僕は声に出して、そう言った。誰もいない、月明かりの射す部屋で。ひとりぼっち。  その翌朝のことだ。新聞に、彼のことが載っていた。  朝一番の列車に飛び込み、細切れになって死んだと。  雨の降っている朝だった。  そういえば、昨夜(ゆうべ)の月には(おぼろ)な、傘がかかっていたなと、僕は思った。 【完】

お読みくださりありがとうございます。 この作品は2012年にブログ上で執筆したもので、複数の投稿サイトさまに投稿しています。 小説家になろう/エブリスタ/アルファポリス/Alight/セルバンテス

狂っていたのは君か、僕か?
  • 0%

  • 100%

  • どっちも

    0%

1票 最終結果

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    9月30日「クロの戦記10」発売!!

    8,286,987

    109,658


    2022年9月30日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2022年09月30日 HJ文庫様より「クロの戦記10 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発 2022年04月30日 HJ文庫様より「クロの戦記9 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2022年02月26日 角川コミックス・エース様よりコミック第3巻発売 2021年12月28日 HJ文庫様より「クロの戦記8 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2021年12月24日 本編完結しました。 2021年09月01日 HJ文庫様より「クロの戦記7 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2021年06月25日 角川コミックス・エース様よりコミック第2巻発売 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年12月04日 角川コミックス・エース様よりコミック第1巻発売 2020年12月01日 HJ文庫様より「クロの戦記5 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:68時間28分

    この作品を読む

  • 【半フルボイス】知識0から創る異世界辞典(ストラペディア) ~チャラ駄神を添えて~

    ボイスドラマを聴くように小説を読もう

    57,000

    2,641


    2022年11月28日更新

    _人人人人人人人人人人人人人人人人_ > 当作品はイヤホン推奨です!! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ =================== 「【なろうぜ系】って分かる?」 「分かりません」 「ラノベ読んだ事無い?」 「ありません」 「ラノベって分かる?」 「ライトノベルの略です」 「漫画は?」 「読みません」 「ゲーム」 「しません」 「テレビ」 「見ません」 「ざけんなおらあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」 サブカル0知識の私が死んだ先で背負わされたのは、 異世界情報を詰め込んだ【異世界辞典】の編纂作業でした。 ======================== 利己的な人間に歪まされた自分の居場所を守る為に、私は私の正しさを貫く事で歪みを利己的な人間ごと排斥しようとした。 結果、利己的な人間により私の人生は幕を下ろした。 …違う。本当に利己的であったのは、紛まぎれも無く、私だ。間違えてしまったのだ。私は。その事実だけは間違えてはならない。 「……私は確かに、正しさという物を間違えました」 「そうだよなァ!? 綺麗事はやめようよ、ねェ! キミは正義の味方でも何でもないでしょォ!?」 我が意を得たり、と言わんばかりに醜くく歪んだ笑顔を見せる創造主。 そんな主に作られた、弄れるかわいそうな命。 違う…、違う!! その命達を憐れむ権利など私には無い! 「───だから?」 「……へっ?」 「だから、それがどうかしたんですか。私は今度こそ私の正しさを貫き通します。あなたが生み出したこの星の命へ、そしてあなたへ」 彼等のその手にそれぞれ強制的に渡されたとある本。それは目の前に浮かぶ地球によく似た星そのものであり、これから歩む人生でもある。二人の未熟なカミサマに与えられた使命、それはその本を完成させる事。 誰の思惑なのか、何故選ばれたのか、それすらも分からず。 一人は自らの正しさを証明する為に。 一人は自らの人生を否定し自由に生きる為に。 ───これは、意図せず『カミサマ』の役目を負わされてしまった不完全な者達が、自ら傷付きながらも気付き立ち上がり、繰り返しては進んでいく天地創造の軌跡である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む