歴史/時代 長編 連載中

花の色は 移りにけりな ~平安鬼道怪異譚~

作者からの一言コメント

平安時代後期をベースにしたものです

読了目安時間:3時間1分

花の色は 移りにけりな いたずらに そんな嘆きも聞こえたのはいつのことか。 それから時は流れて平安後期。 移り行く花の色に焦れる……こともなく、それぞれに己が道を行く女が二人。 方や歌に書に、男顔負けの代筆を請け負う文筆家。 方や知る人ぞ知る凄腕の陰陽師。 二人の日常は世知辛く、時に甘く。 それぞれの歩みに合わせて刻まれていく。 ただ、その奥底に、確かな絆を持ちながら。 下行く水の湧きかえり とはよく言ったもので。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 花の色は 移りにけりな ~平安鬼道怪異譚~
作者名 鰯づくし
ジャンル 歴史/時代
タグ 百合 女主人公 和風 平安時代風 プロローグ祭 第1回歴史時代大賞 ノベプラオンリー 届け、言葉の力PJ
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年9月8日 17時00分
最終投稿日 2019年11月30日 19時00分
完結日 -
文字数 90,629文字
読了目安時間 3時間1分
ブックマーク登録 13件
コメント 7件
スタンプ 29件
ビビッと 0件
応援ポイント 25,200pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 実は女だと言い出せない

    男装少女の体験する、非日常。

    318,000

    2,695


    2021年6月10日更新

    人でないものが飛び交い彷徨う、そんな森に囲まれた小さな村で暮らしていた少女、シルヴィ。 唯一の身内である祖母の死をきっかけに村から出て仕事を探すが、村の外へ出て来てみれば人に騙され、村にはいなかった黒く気味の悪いものもそこかしこに見える。 男装して転がり込んだ廃屋のような教会で少年として雇われるが、雇った青年も普通じゃなかった。 女だってばれたら解雇かも? いやいや折角手に入れた衣食住、手放すわけにはいきません。 ※ふわっとした世界観で書いていますので、「そこはちょっと」と思われる個所も多々あるかもしれませんが、ご笑覧いただけたらと思います。 週に一、二度位更新できたらいいな、と思っています。 他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間47分

    この作品を読む

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦いが日常に在る異世界日ノ本戦記!

    14,500

    0


    2021年4月26日更新

    「人々の想像で〈人〉が生まれ地獄ができた。貴女はこのままでは終わる救世を拒むの?」 想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間56分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 萌芽計画(仮)

    ある意味初か?ノベプラオンリーではないぞ

    0

    0


    2021年6月13日更新

    拝啓、衛藤猊下、主治医様、父上、母上、親戚のみんな。 小春日和の最中どう過ごしているだろうか。 死んだと思っていたら生きていた、なんてのはもう定番だが、時代が逆行しているのもまあ許容範囲内だが、まあ、その、なんだ、 ……ご先祖が萌えキャラになってるなんてのは前代未聞だと思われる。 しかも自分はその娘役と来たものだ。 どこぞの義子よろしく淫乱になる気は毛頭ないし、チョロインとも思われたくはない。 ただただ、処女を貫徹して華々しく歴史に名を残したい。 ……待てよ、そもそも萌えキャラになってるってことは歴史に名は残っているのか? まあなんにせよ前途は多難であるが、前世の記憶が残っていたことは素直に感謝すべきであろうか。 「保波?」 「あ、はい、なんでございましょう、母上」 「もう、相変わらず固いわねぇ、アンタは」 「そうはおっしゃいますが……」 「第一、その年ならもうちょっと無邪気に遊んでもいいでしょうに……」 「然れども、誇り高き垣屋家の跡継ぎたるものは……」 「……もう、なんでこんな娘に育っちゃったのかしら……」 今のこの名は「垣屋保波光成」。どこの無双か。 それじゃ何か、わけのわからん主人公とやらにくぱぁしなきゃならんと。 ……参ったなあ……。ま、歳が歳だし大丈夫だと願いたいけど。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 鼓腹撃壌

    第二次世界大戦が起きなかった世界

    0

    0


    2021年6月13日更新

    1932年、アメリカ合衆国大統領選挙において共和党は脆くも敗戦した。だが、大統領になった男は……。 「……誰だ?」 「首相……」 「いや、マジで知らん。知らんが、宣戦布告は取りやめるぞ」 「は……ははっ!!」 のちに"垣屋"孝三が語るに曰く、「後に友諠を築く関係者は、あまりにも知らないことだらけだった」の通り、彼はその存在によって日米戦争を遠ざけたことをこの当時は誰も知らなかった……。 その、男の名は。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む