いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました ~等価交換スキルで異世界通貨を日本円へ~

第12話 アイナとシロー

 異世界の朝は早い。  なぜなら、俺が朝の時に市場へ行くと、 「おはようシローお兄ちゃん!」  もうアイナちゃんが待っていたからだ。 「おはようアイナちゃん。もう市場にいるなんて驚いたよ。ひょっとして待たせちゃってた?」 「う、ううん。そんなことないよ。アイナもいまきたばかり」 「……本当は?」 「…………ちょっとだけ待ってた……かな?」  小首を傾げたアイナちゃんは、そう言って「えへへ」と笑う。 「シローお兄ちゃん、それよりね――」  アイナちゃんは視線を俺の露店スペースの前へ向け、続ける。 「もうお客さんまってるよ」  そうなのだ。  開店前からお客が長蛇の列を作っていたのだ。  手に昨日配った整理券を持つ人もいれば、持ってない人もいる。  なんか、町の住人全てが集まってきていると言われても信じちゃいそうな人数だ。   「……こ、こんなにいるの?」 「がんばろうね、シローお兄ちゃん!」  オープン前から呆然とする俺に、ふんすふんすと気合を入れるアイナちゃん。  ゆっくり準備したかったけど、この行列を見てはそうも言ってられない。 「しゃーない。アイナちゃん、店を開く準備をするよ」 「うん!」  リュックのジッパーを開き、レジャーシートを取り出す。  空間収納しててもよかったんだけど、あまりスキルを使うところは見られない方がいいと考えた結果だ。  この世界のスキルの立ち位置とか、ぜんぜん知らないから念には念をってね。  レジャーシートを広げ、リュックからマッチを取り出していく。  マッチを取り出していると、行列を作る人たちから「おお……」とか、「あれが噂の……」みたいな声が漏れ聞こえてきた。 「アイナちゃん、俺が『小』って言ったらこっちの小さいマッチで、『大』って言ったらこっちの大きいマッチね?」 「うん!」 「それで俺が『小何個、大何個』みたいに言うから、そしたらアイナちゃんは俺が言った数をこの紙袋に入れてお客さんに渡してもらえるかな?」  俺はリュックから紙袋を取り出し、アイナちゃんに渡す。  これもホームセンタで買ってきた物だ。 「わかった!」 「よし。わからないことがあったら何でも訊いてね。じゃあお店を開くよ」 「うん!」 「お待たせしました。いまから本日の営業をはじめさせていただきます。じゃー、最初の方どーぞ」  こうして、出店日目がはじまった。 「アイナちゃん、小が個に大が個だ」 「うん…………はい、おませしました!」 「次は小が個に大が個!」 「んっ…………はい!」 「小が個!」 「……はいっ! どーぞ!」  俺が会計で、アイナちゃんが商品の受け渡し担当。  お客の数は昨日よりずいぶんと多い。  だけど、アイナちゃんが手伝ってくれてるおかげで昨日よりずっと楽だった。  そして時間が経つ頃には、マッチは完売するのでした。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿