文芸/純文学 短編 完結済

アリストテレスの信者達

作者からの一言コメント

これは私の物語

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 アリストテレスの信者達
作者名 櫻 紙柚
ジャンル 文芸/純文学
タグ 短編 長編 どっちになるだろう
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月14日 2時50分
最終投稿日 2021年1月14日 3時01分
完結日 2021年1月14日 1時56分
文字数 1,577文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼馴染と過ごす、平穏な日々

    ♡11,900

    〇710

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話・12,359字 颯月凛珠。

    2021年1月14日更新

    ※隔日更新 高校生生活最初の夏休みが二日後に迫ったある日。 夏休みの予定を立てるべく、家でゴロゴロとしていた主人公である陽向颯真は、インターホンの鳴る音を聞いて玄関に出た。 「こんばんは、颯」 ドアを開けると、そこに立っていたのは颯真と同じ学校の制服を身にまとい、大荷物と茶封筒を持った一人の少女──綺月美夜だった。 颯真はとりあえず事情は後回しで美夜を家に上げると、彼女は茶封筒を手渡してきて居間へと腰を掛ける。 不思議に思いつつも颯真はその対面に座り、中身を確認すると何通かの手紙が入っていた。 そこに書かれていたのは──── 「綺月夫妻と俺達でシェアハウスすることになったから、颯真と美夜ちゃんはウチのマンションで二人で一緒に暮らしなさい」 「はあぁぁぁ────!?」 ──これは、両親の気まぐれと幸せのために始まった、まるでラブコメみたいな同棲生活のお話である。

  • 半引きこもりの奇妙で恐ろしい体験

    ♡11,500

    〇70

    ホラー・連載中・13話・30,453字 園村マリノ

    2021年1月18日更新

    結婚を考えていた恋人に裏切られたショックと、職場でのパワハラが原因で半引きこもり状態となった、緋山(ひやま)ケイ。 ある日、妹のアイリに連れ出され、閉店セール中のショッピングモールに足を運んだケイは、高校時代の同級生で、在学中に亡くなった木宮光雅(きみやこうが)が壁鏡に映っているのを目撃する。 それ以来、ケイの周辺では奇妙で恐ろしい出来事が相次ぎ、光雅もまた度々鏡の中に姿を現すようになる。 光雅は何かを伝えたいのだろうか。一連の出来事と関係しているのだろうか。それとも……。 ※他投稿サイトでも公開しております。 ※矛盾点や誤字脱字、その他変更すべきだと判断した部分は、予告・報告なく修正する事がございますのでご了承ください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る