チーム破隕&KOUのリレー小説後半部分になります。 完結部分をKOUが担当しました。 是非最後までご覧下さい。

KOUパート

◇◇◇◇◇ 「おーい大丈夫かー?」 「氷嚢を脇と首に挟んどけば大丈夫だろ、多分」  なんでだろ、頭がフワフワする。耳障りな声が両脇から聞こえてきた。ゆっくりと開いた俺の視界に入ってきたのは知らない天井だった。あれ? なんで横になってるんだろ。 「お! 起きたぞ!」 「んー……なんでここに?」 「お前、砂浜ダッシュ九本目で倒れたやん」 「倒れるならもっと早く倒れろよなー。そうすれば残りのダッシュが免除になったのによ」  あーそうか、暑さにやられて倒れたのか。それにしてもこいつら、動機が不純すぎる。友の窮地を己の休息の為に使うなよ。 「ダッシュ免除になったのは良いけど、代わりに介抱しろって竹田先輩に言われてさ。もうこんな時間だよ」  もう日が暮れてるのか、どれだけ寝てたんだろ。 「でも、もう起きたしいいよな」 「これで夜の作戦に間に合うぜ!」 「んじゃそゆこった。ほい、飲み物ここな。飲みたかったら飲んどいてー」 「……」  僅かに感動した俺の気持ちを返して欲しいもんだ。親友の為に必死に介抱して、心配してくれてると思ったのに結局これだ。そそくさと部屋を去って行ったお前等、ぜってー忘れねーからな。 「あら、もう起きても大丈夫なの?」  入れ替わりで部屋に入って来たのは、白と紺の格子柄、薄い浴衣を身に纏った火照った身体。それに石鹸の香りを仄かに漂わせた竹田先輩だった。俺の目と鼻が幸せを感じた。  やっぱり部長は違うなぁ、なんだかんだ部員の面倒をみてくれる。アイツらとは大違いだよ。 「いきなり倒れたって聞いたから慌ててみんなで運んで来たのよ。んもう、しっかりしてよね! 何かあったら私の責任になるんだからっ!」  あーやっぱみんなそうなんだなー。表はみんな心配してくれる。でも結局は自分の事しか考えてないんだろうな。かく言う俺も大差無いんだろうけど。  仲が良いのも考え物だ、雑に扱われるこっちの身にもなれってんだ。 「とりあえず夕飯までまだ時間があるから、出来上がるまでゆっくりしてなさい」 「すみません……」 「いいのよ」  爽やかな残り香が、短いながらも先輩との時間の余韻に浸らせてくれた。 「おーい、起きてるかー? 飯出来たってよー」  気付けばもう夜だった。横になってたらまた寝てしまった様だ。ガラガラと開かれた引き戸からは香ばしい匂いが俺を元気にさせた。 「現金な奴だぜ。唐揚げの匂いで鼻ピクピクさせてらぁ」 「う、うるさいなあ。寝る事にも体力は使うんだよ」 「分かった分かった、ほら行くぞ。早くしないと竹田先輩がカンカンになるぜ?」  開かれたままの引き戸は、俺を現世へと誘うかの様な明るい空間を切り取っていた。もう少しここに居たかった。一時の俗世から離れ、残り香の余韻……はもう無かった。だけど、再び喧噪の中に身を投じないといけないのか。仕方無い、早く行かないと明日にでもダッシュ追加を言い渡されそうだ。 居なかった……アイツら何処行きやがったんだよ! 一抹の不安を抱きながら旅館の廊下をヒタヒタと歩いていると、砂浜に明るい何かが明滅しているのが見えた。 「あら、結局一緒に準備しなかったのね。ほら行くわよ」 「え? 行くったってどこにですか?」 「んもう! 何言ってるのよ、花火よ、は、な、び!」  どういう事だ。普段から品の無いアイツらが常に考える事なんて三大欲求くらいなものだ。それにアイツらは練習前に下卑た笑みを含ませた夜行性の野獣だったはずだ。それが花火だなんて。  俺は竹田部長に腕を引っ張られ、砂浜へとやって来た。 「おせーよ! ん? 何さ、部長と一緒に来やがって。後で話聞かせろよな」 「そ、そんなんじゃねーよ!」 「いいからいいから! 早くやろうぜ! 次これなー!」  次々に点火されていくショボくれた打ち上げ花火達。リズムも何もあったもんじゃない。風情というモノを知らないんだろうな。俺? 勿論、知らないよ。 「あの二人、今日何かいかがわしい事を考えてたみたいなのよね」  俺は思わず身体が硬直した。いや、俺は関係者じゃないから身体が強張る必要は無いんだけど、どうも周りはそう言っていない。 「でも、君が倒れてから気が変わったみたい。アイツに少しでも元気になってもらって、明日も一緒に頑張らないといけないんです。だから今日はみんなで花火をやらせてくれって、お金はオレ等が持つからってね」 「そう、なんですか」  アイツら、憎い事しやがる。てっきり頭の中はお花畑で乱れてると思ってたよ。 「良い友達、持ったね」 「せんぱーい! 何イチャついてるんすかー! 一緒にやりましょうよー!」 「今行くわー!」  走って行った先輩の長い髪が俺の頬を撫でた。やっぱり良い匂いがした。  まだ始まったばかりの夏、熱くなりそうだ。 「おうおう! 何先輩と話てたんだよー! 折角花火で景気付けてやろうと思ったのに、そんな事せずともって顔してやがる」 「ほんとだな。ま、元気になったんならいいんじゃね? 明日も一緒に練習して倒れてくれよなっ!」  お前等、やっぱ許さんわ。

KOUパートはいかがだったでしょうか? これにてお題『夏』チーム破隕&KOUのリレー小説は完結になります。 少しでも楽しんで頂けたら幸いです。 最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡575,200

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,665字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 美桂ちゃんと拓海くんのイチャラブ日常系

    ♡2,600

    〇300

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話・4,895字 松本 せりか

    2021年3月4日更新

    美桂と拓海が出会ったのは、幼稚園の頃。 その頃の幼稚園は、空前の結婚ブームだった。 『僕ねぇ。結婚したら、奥さんと子どもといつまでも仲良く暮らしたいんだ』 同じクラスの相沢拓海くんは、女の子に囲まれながらそんな事を言っていた。 そんな無邪気な拓海くん5歳の発言に、私こと美桂の幼稚園生活は黒歴史に代わった。 その後も、美桂の世話をせっせと焼き続け。 お互いの両親も攻略して、どんどん外堀を埋めていく拓海くん。 一応、抵抗はしたのだけど。 私は仕事が出来なくなるくらいなら、結婚もしないし、ましてや子どもも欲しくない。 子どもが欲しいのなら他の人を選ぶべきだと……。 そう言ったのに、拓海くんはそれでも良いと了承してくれた。 そうして、気が付いたら、結婚生活が始まっていた。 このお話は、とある夫婦のこぼれ話。 恋愛時代や結婚後のお話を一話完結でお届けしています。(R15) 番外編に『午前三時の小さな冒険』 真夜中まで、眠れなかったのは幼い頃には良く見えていた。ある現象を待っていた。 ベッドの上でうずくまっていると、横で寝ていた拓海くんに布団の中に引き込まれ、彼の腕の中で見た夢のお話。 『~記憶の迷宮~』 会社でこけて頭を打ってしまい、記憶を無くしてしまった美桂。 病院からの帰る場所に、実家では無く夫の拓海のそばにいる事を選んでしまった。 僕たちは、夫婦だったんだよ。大丈夫? と言って、戸惑いを見せる拓海はそれでも優しく記憶の無い美桂を支える。 美桂の記憶が戻るまでの、お話。(R15) おまけの『妊娠・子育て編』 妊娠への戸惑いと産後の大変さを夫婦で乗り切ります。 拓海の娘への愛情たっぷりのお話もあります。 ※小説家になろう カクヨム ノベルデイズ にも掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る